一人旅の練習でまずは台湾に行ってみた!:移動編

t-top
人があたたかい、物価が安い、料理が美味しい、そして近い!など、一度行くとまた行きたい!とよく言われる台湾。
そんな台湾に始めての一人旅をして思った事や感じた事、便利だったことをまとめました!

最初の印象

t-jyuutai

まず、最初の印象、とにかくバイクが多い!!
空港から台北市内に着くと、普通の信号待ちがまるで渋滞のよう。この写真はまだ少ないほうかもしれません。。笑 そして交通量に比例して走行音が大きくまるで街全体のエネルギーのような感じ。
それと、基本信号が青になるとたとえ歩行者が横断中だろうが「俺の道はまっすぐだ!」というような勢いで突っ込んでくるので横断歩道はとにかく早めに渡るのが一番です。。笑

移動手段が多くそして安い

t-taitetsu

台湾の観光であがる主な都市といえば台北、台中、高雄がよくあがると思いますがバスや鉄道などで簡単に行き来することができます。そしてなんといっても値段が安い!台北市内での移動などは1日乗車券や悠遊カードと呼ばれるものを使うとさらにお得になるので便利です。ちなみに新幹線はやはり結構高く、駅によっては鉄道の駅などと離れている場合があるので注意が必要です。ですがその分早い!

PR広告

※投稿記事とは無関係です。

台北市内の移動はレンタル自転車が便利!

t-jitennsya

地下鉄、新幹線、バス、タクシー、は普通に便利ですが、ここでオススメしたいのが台北市内のいたるところに設置してある黄色のUbike(ユーバイク)という公衆のレンタル自転車!
クレジットカードでも借りることができて値段も安く、そしていたるところに返却場所があるので台北市内の観光に使うと便利です!!私的には一番嬉しかった。。(上の写真は高雄の新左営駅のそばで借りた自転車。こちらもクレジットカードでの支払いが可能)

駅から観光地が比較的近い

t-101

比較的駅から観光地までの距離がそこまで遠くないので歩いていくことができる場所が多い気がしました。私は町並みや雰囲気を感じたかったので極力タクシーなどは使わず歩いて行動。(4日間の平均歩数がだいたい1万8000歩前後くらいでした)

漢字圏だから理解しやすい

t-tainan

今回初の一人旅をしてまず思ったことは、台湾が漢字圏なので理解しやすい!ということ、普段から生活の中で漢字を見たり使ったりしているので見ただけでだいたいの意味が変換の必要なくスッっと違和感なく頭に入ってきました。これが一番旅をしやすかったポイントです。

まとめ

とにかく旅がしやすく予算も低価格で抑えることができ、尚且つ近い場所なのでもし一人旅をしてみたいけど不安という方はまずは「感覚」をつかむという目的でも台湾に行ってみる価値があると思います。きっと予想を超える価値にめぐり合えるはずです。
交通の便などは日本とあまり変わらない気がしましたが、ただ言葉はやはり通じないので片言の英語なり筆談なりで乗り切ったり、身振り手振りで伝えたりという体験もできたので本当にいい体験になりました。
人と料理とエネルギーと、活気溢れる魅力的な街々です!

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  3. ※文章&動画制作:シゲくん「じゃぁ、どうする?」このクリエイティブな合言葉はいつでも…
  4. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  5. 写真:papa電車を乗り継ぎバラナシに到着した。コルカタから15日間かかった。…
  6. 鹿児島では「愛」と「神話」について学び、熊襲の血を引く鹿児島人の優しさ、温かさに流され、旅をしてきま…
  7. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  8. このコンテンツは、2010年2月に名古屋国際センターで開催された講演内容を編集した文書です。コロナが…
  9. 僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだくれて、牛とダンスした日。…

pickup 情報

  1. 「和を以って貴しとなす」を根底テーマに、「be 美(美しくあること)」を活動指針とするNPO法人「美…
  2. はじめにタイの正月「ソンクラーン」は水でお祝いします。ソンクラーンは、大量の水をこれ…
  3. はじめに地球にぽっかりと口をあけた洞窟は、世界各地に驚くほどの数と規模で横たわっています。普…
PAGE TOP