一人旅の練習でまずは台湾に行ってみた!:移動編

t-top
人があたたかい、物価が安い、料理が美味しい、そして近い!など、一度行くとまた行きたい!とよく言われる台湾。
そんな台湾に始めての一人旅をして思った事や感じた事、便利だったことをまとめました!

最初の印象

t-jyuutai

まず、最初の印象、とにかくバイクが多い!!
空港から台北市内に着くと、普通の信号待ちがまるで渋滞のよう。この写真はまだ少ないほうかもしれません。。笑 そして交通量に比例して走行音が大きくまるで街全体のエネルギーのような感じ。
それと、基本信号が青になるとたとえ歩行者が横断中だろうが「俺の道はまっすぐだ!」というような勢いで突っ込んでくるので横断歩道はとにかく早めに渡るのが一番です。。笑

移動手段が多くそして安い

t-taitetsu

台湾の観光であがる主な都市といえば台北、台中、高雄がよくあがると思いますがバスや鉄道などで簡単に行き来することができます。そしてなんといっても値段が安い!台北市内での移動などは1日乗車券や悠遊カードと呼ばれるものを使うとさらにお得になるので便利です。ちなみに新幹線はやはり結構高く、駅によっては鉄道の駅などと離れている場合があるので注意が必要です。ですがその分早い!

ここは「ノマド」の サイト

「ノマド」= 場所と時間を選ばず「旅」を、生業とし生きる人たち。

東日本大震災(2011年3月)の経験によって、私たち家族4人は日本の家を引き払い、ノマドライフをスタートさせました。

「子連れで世界一周」達成後も旅を終えず、今現在も海外や日本を無帰宅で旅し続けています。

何処の空の下で、何を学び、何を感じ、写してきたのか。私たちが辿ってきた道のりは、

当サイトの「子連れバックパッカー世界一周」「子連れ自転車日本縦断」「手作りキャンピングカー学びの旅(日本)」「ノマド 7人 で旅へ(海外)」「世界の人々の写真」「石垣島での旅人村づくり」「手作り木造ヨット世界一周」

など、1400記事以上にわたって描かれていますので、少しでも目を通して頂ければと思います。

私たちの旅の様子はコチラ👉https://yuuma7.com/

台北市内の移動はレンタル自転車が便利!

t-jitennsya

地下鉄、新幹線、バス、タクシー、は普通に便利ですが、ここでオススメしたいのが台北市内のいたるところに設置してある黄色のUbike(ユーバイク)という公衆のレンタル自転車!
クレジットカードでも借りることができて値段も安く、そしていたるところに返却場所があるので台北市内の観光に使うと便利です!!私的には一番嬉しかった。。(上の写真は高雄の新左営駅のそばで借りた自転車。こちらもクレジットカードでの支払いが可能)

駅から観光地が比較的近い

t-101

比較的駅から観光地までの距離がそこまで遠くないので歩いていくことができる場所が多い気がしました。私は町並みや雰囲気を感じたかったので極力タクシーなどは使わず歩いて行動。(4日間の平均歩数がだいたい1万8000歩前後くらいでした)

漢字圏だから理解しやすい

t-tainan

今回初の一人旅をしてまず思ったことは、台湾が漢字圏なので理解しやすい!ということ、普段から生活の中で漢字を見たり使ったりしているので見ただけでだいたいの意味が変換の必要なくスッっと違和感なく頭に入ってきました。これが一番旅をしやすかったポイントです。

まとめ

とにかく旅がしやすく予算も低価格で抑えることができ、尚且つ近い場所なのでもし一人旅をしてみたいけど不安という方はまずは「感覚」をつかむという目的でも台湾に行ってみる価値があると思います。きっと予想を超える価値にめぐり合えるはずです。
交通の便などは日本とあまり変わらない気がしましたが、ただ言葉はやはり通じないので片言の英語なり筆談なりで乗り切ったり、身振り手振りで伝えたりという体験もできたので本当にいい体験になりました。
人と料理とエネルギーと、活気溢れる魅力的な街々です!

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  2. ※マメ知識:カワカミノタケル=ヤマトタケルノミコト(日本武尊)に名を献上した熊襲族の大将さて、僕…
  3. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  4. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  5. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  6. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  7. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  8. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  9. キャンドルアーティスト ゴンちゃん!星とキャンドルが調和しました! …
  10. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…

pickup 情報

  1. はじめに世界中の、目を見張り心に焼きつく景色。写真に残していつまでも色あせない思い出にしたい…
  2. クジラの死骸から発見された、40kg相当のプラスチックゴミ。これが何を意味するか、誰の目にも明らかで…
  3. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…
PAGE TOP