世界一周でもっとも食事がまずかった国10選 

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Countrymealwentwrong

世界一周でもっとも食事がまずかった国10選

多くの日本人にとって、「食」は生きていく上で必要なだけでなく、楽しむものでもあります。

旅の目的の一つに「現地で美味しいものを食べたい」という項目をあげている旅人も多いことでしょう。

でも、実際に「世界一周」の旅に出て感じるのは、日本人ほど食へのこだわりを持つ国民はいないということかもしれません。

「世界一周」中に出会うであろう、食事のまずい国をご紹介します。

イギリス

Britishfishandchips

イギリスの代表料理として知られているのが「フィッシュアンドチップス」。白身魚のフライとポテトフライのことです。

揚げ物のセットは少し胃に重たそうではあっても、居酒屋メニュー的に聞こえて美味しそうな気もします。

ただし、この揚げ物が曲者なのです。イギリスでは基本的に下味をつけません。そう、塩コショウも全くしない魚に衣をつけて揚げただけなのです。

味気ないだけでなく、魚の種類によってはクセのあるニオイが残っていてとても食べられないこともあります。また、味付けはレモンとケチャップかタルタルソース。

これなら美味しそうかというとまた微妙。日本のケチャップやタルタルソースの味を期待するとガッカリさせられます。魚のフライの大きくサックリと揚がった姿が美味しそうなだけに、ガッカリ度が高く、世界から不味い料理、不味い国として太鼓判を押されてしまっています。

ドイツ

Germanbeerandsausageandpotato

ビールもソーセージもポテトも美味しいけれど、ワンパターンでは美味しさも長持ちしません。

ドイツ人は料理もしますし、外食産業も発達しています。ただし、食材は限られたものであり、出来上がる料理も当然似たようなものが多くなります。

最初のうちは美味しいと食べられるドイツ料理も滞在が長くなれば飽きてしまいます。

また、ビールとポテトの組み合わせはカロリーが高く、そんなに食べていないつもりでもお腹が膨れて苦しみ、体重もあっという間に増加してしまいます。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

モンゴル

Mongolianlambdish

羊が主食かというくらい、あらゆる料理に羊肉が使われます。このニオイが強烈です。

オーストラリアやニュージーランド、そして日本でも羊は食べますが、ニオイがきつくなる前の子羊やエサである草に工夫をすることでニオイの少ない羊肉が流通しています。

でもモンゴルの羊肉はまさに草のニオイ。独特のニオイは日本人の多くが苦手とするものです。

アメリカ

Americahamburgerandpotato

もちろん美味しいものもたくさんあります。ただ、安く手軽に食べられるものとなると、ファストフードの代表ハンバーガー尽くしになってしまいがちです。

ハンバーガーに、店によって多少のバリエーションがあったとしても、日本人が毎日食べて幸せを感じられるかというと疑問です。

レストランでの食事はボリュームがありますが、大雑把な料理が多くて味にキレがなく、店員に怪訝な顔をされつつ、塩とコショウを頼んで自分で味付けしなおす必要があることも多いでしょう。

また、なんにでもケチャップをかけて食べる習慣、薄いアメリカンコーヒーと煮詰まったコーヒーと不自然に甘い代替糖など、長く旅をしているとうんざりしてしまうことも多いのです。

ロシア

BorschttoeatinRussia

ボルシチ・ピロシキなど、美味しいものが多いイメージですが、あの美味しさは日本で作られた日本風のロシア料理だからです。

現地ロシアで食べるボルシチは、残念ながら味気ない煮物とシチューの中間といった感じ。ピロシキもカスカスして大味なので、食べきるのが大変なことがあります。

ロシア人は料理にあまり興味を持たないのか、センスがあまりないのか、家庭で料理を作る機会が多いわりに、全ての料理が地味に味がありません。素材の味を生かしていると言えないこともないのですが、日本で食べられる美味しいロシア料理の味を知っていると、現地のロシア料理は飲みこむのがつらいことも多いでしょう。

ノルウェー

Norwegianmeal

ノルウェーだけでなく、デンマークやスウェーデンなどの北欧の国々は、高率な税金の影響で物価が異常なほど高いため、外食産業があまり発達していません。

レストランはあっても、メニューは少なく「食」そのものに対する情熱は総じて低いように感じられます。

「世界一周」中の旅人にとって、北欧でのレストラン食は憧れはしてもなかなか手も足も出ない存在です。自炊するのでなければ、街のサンドイッチなどで済ますことが多いのですが、大味というか味がない状態。

日本のマヨネーズを持参したくなります。

中国

DelicacyofChinesecuisine

中華料理は世界一といわれることもありますが、実は揺れ幅の大きな料理でもあります。とびきり美味しいものもあれば、飲みこむどころか口に運ぶこともできないものもあるのです。

中国は巨大な国であり、地方ごとに食材も調理法も味も異なります。いわゆるゲテモノを食す習慣も各地で残っているほか、独特のニオイを持つ調味料も多く使用します。

これは、中国の一部となった香港にもいえます。食文化が発達しているといわれる香港ですが、飲茶の味のバリエーションは意外とワンパターン。たまに食べれば美味しくても、毎日の食事には嬉しいものではありません。

本場中国の料理は、イメージされるほど日本人の口に合うものばかりではなく、日本で食べられる中華料理とは全く違うといっても過言ではないのです。

チェコ

Czechmeal

ビールが安くて美味しい国として知られるチェコでも、食文化はあまり発達していません。

郷土料理とされる肉の煮込みシチューは、味が濃くビールをがぶ飲みしてしまいそうです。また、豚の足の丸揚げも有名ですが、ただでさえ脂ののりきった豚の足をこんがりと揚げたその料理は、美味しく食べられるのも最初の数口まで。あとは油にやられてしまい、結局ビールで流して食べることになりかねません。

外食ではメニューに幅がなく、似た味の似た料理が多く飽きてしまいます。

オーストラリア

Australiansteak

とにかく大雑把。食事といっても、シリアルやチョコバーも含みます。大きく切られたステーキも食べますが、まさに肉キレを焼いただけ。付け合せには山盛りのポテトフライ。

食べることに執着がないわけではなく、美味しいものを食べることに執着がないように見受けられます。

ただ、オーストラリア料理というものは存在していないので、オーストラリアで食べられるものと考え、和食や中華も考慮すれば、移民が多い国だけに美味しいものも食べられます。

インド

Indianmeal1

美味しいけれど、日本人の口や胃に合わない場合が多いインド料理。

強烈な香辛料や大量の油を使ったカレーは、インドで食べられる美味しいものであると同時に、インド人以外の人間にとっては過酷な料理でもあります。

かなりの壮健な胃腸の持ち主であっても、3日過ごせば必ず体調を崩すといわれる強烈さ。

不味いわけではありませんが、衛生面でも問題があり、食べたい、食べるべきだと言いきれない料理を持つ国です。

まとめとして

食べられればいい、お腹が膨れればいい、必要な栄養が取れていればいいという考えであれば、「世界一周」の間の食を求める苦労は減りますが、同時に楽しみもかなり減ってしまうでしょう。

知らない土地で知らない食事を試すことは、旅の醍醐味の一つです。必ずしも美味しいものばかりでなく、まずいものにも、お腹を壊すものにも出会うでしょう。

でも、それでさえも、過ぎてみれば旅の思い出となります。

ここでは食事がまずい国やまずい料理を紹介しましたが、だからといってその国でその料理を味わうチャンスは逃さず、まずさをしっかりと味わって思い出にしてきましょう。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

神崎竜馬

live free art (芸術)

旅が仕事YUUMA

世界の人々の写真

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

村人ブログ

求人

ここ最近の旅とか遊び

  1. 鹿児島では「愛」と「神話」について学び、熊襲の血を引く鹿児島人の優しさ、温かさに流され、旅をしてきま…
  2. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  3. 子供を連れて旅をしていると、よく聞かれるんです。学校はどうすんの?って。必要無いと思…
  4. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  5. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  6. あなたも旅をしている気分になれる国境越え動画♪pipi島 → 船でクラビー → トラ…
  7. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  8. 写真:papaインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎインド旅の最終目的地…
  9. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  10. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…

最近の人気記事

  1. はじめに世界中の、目を見張り心に焼きつく景色。写真に残していつまでも色あせない思い出にしたい…
  2. 日本を代表するアートの一つとして、誰もがそのうち行ってみたい、見てみたい、体験したいとそれとなく、い…
  3. はじめにありきたりな旅はもう十分! という贅沢な悩みを解消してくれそうなホテルを世界各地から…
PAGE TOP