世界一周で最も美味しかった海外のスイーツ8選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

世界には美味しいスイーツがたくさんあった

so1

見た目が可愛い、美しい、そして味もとても美味しい、そんなスイーツが日本には溢れています。そして、日本には世界中のスイーツのお店が続々とオープンをしています。

日本にはまだまだ知らない絶品スイーツがまだまだたくさんありますが、世界に目を向けたら、美味しいスイーツがとてもたくさんありました。

そんな世界中のスイーツの中から、本当に美味しいと思ったスイーツをご紹介いたします!

1.イギリスのCutter and Squidgeのビスキー

so2

料理がまずい国として有名なイギリスですが、イギリスにはアフタヌーンティーがあるように、紅茶にこだわりを持っている人が多く、紅茶に合うお菓子もたくさんあるのです。

なので、お菓子に関しては、美味しいものがたくさんあるんですよ。その中でも、ビスキーというお菓子がとても絶品でした。

見た目はマカロンを連想させるような丸くてころんとしている可愛らしいお菓子です。あまりの可愛さに、食べている自分も可愛く見られてしまうのではないかと錯覚するほど・・・。

このお菓子は、フワッフワの軽いホイップクリームを2枚のさくさくのクッキーに挟んだお菓子であり、よく知っているクリームサンドクッキーのようにも見えるが、クリームのふわふわ感とクッキーのさくさく感が絶妙でまさに新食感という感じでした。

そして、素材にもこだわりがあるそうで、全て原料はオーガニックだそうです。そりゃ美味しいわけですよね。こちらはイギリスのCutter and Squidgeというお店で購入できます。

2.フランスのラデュレのマカロン

so3

フランスのスイーツと言えば、やはりマカロンではないでしょうか。マカロンは好き嫌いが分かれますが、マカロン好きなら是非、本場フランスのマカロンを味わってもらいたいものです。

特に、マカロンを生み出したフランスのお菓子屋さん「ラデュレ」のマカロンは、マカロンを語る上では是非とも食べて欲しいものです。

ちょっと冷やして、食べるラデュレのマカロンは、クリームがとろけるように口に広がり、とても美味しいですよ。ここのマカロンを食べて、本当のマカロンの味を知ってしまったら、安く売られている冷凍マカロンは食べれないかも・・・。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

3.アメリカのThe Smithのフレンチトースト

so4

最近、アメリカのフレンチトーストは美味しいと有名なようですが、とくにThe Smithというお店のフレンチトーストはかなり美味しいです。

ニューヨークで一番美味しいフレンチトーストだと言われています。

ふわっふわで厚みのあるフレンチトーストにたっぷりのメープルシロップをかけていただきます。ボリュームがかなりあるんですけど、甘いもの好きならペロリと食べてしまうのではないでしょうか。

写真ではかなりわかりにくいところありますが、実物見ると物凄く分厚くてびっくりしますよ。

バナナとかバニラビーンズとかフレンチトーストにも種類がありますし、フレンチトーストだけでなくパンケーキやしっかり食事としていただけるメニューもありますよ。

4.ポルトガルのア・ブラジレイラのパステル・デ・ナタ

so5

ポルトガルのア・ブラジレイラというお店が販売しているパステル・デ・ナタというお菓子が、とても美味しいです。

パステル・デ・ナタとはポルトガル語でエッグタルトのことで、エッグタルトはポルトガルが本場だそうです。ア・ブラジレイラはポルトガルで一番エッグタルトが美味しいお店と言われているだけあって、かなりの有名店です。地元の人にとても愛されていて、いつも人がたくさんいます。

出来立てのエッグタルトは、パイの部分がさっくさくパリパリで、食感がとても楽しいですよ。

クリームの甘さは控えめなので、日本人の口にはかなりマッチすると思います。ちょっと塩気がある部分もGOOD。

因みに、カフェのテーブルにはシナモンパウダーや粉砂糖が置いてあるので、甘さをプラスしたいなら粉砂糖をかけてみてくださいね。あとシナモンが平気な人は、是非シナモンパウダーをかけて食べて欲しいです!味が変わって美味しさがアップして、最後まで飽きずに食べることができますよ。

5.オーストリアのデメルのザッハトルテ

so6

オーストリアのウィーンにあるデメルというお店のザッハトルテは王宮御用達だとか・・・そんなザッハトルテのお味は、濃厚で軽さは感じられませんが、じっくり時間をかけて贅沢に味わえる、そんなスイーツだと思います。

ザッハトルテのチョコレートの部分が甘いのですが、コーヒーと一緒に食べると丁度良く調和されて、とっても美味しいです。

実は日本でも食べられるようなのですが、やはり本場のウィーンで食べていただきたいなぁと思いますね。

6.ハワイのクリーム・ポットのパンケーキ

so77

ハワイのパンケーキは有名で、日本でもいくつかハワイからパンケーキ店が多数進出していますよね。

どのお店のパンケーキも美味しいし、実際にハワイに行ってみるとどのお店のパンケーキを食べようかと迷ってしまいそうですが、そんなときは、ワイキキにあるクリーム・ポットのパンケーキを食べてみてください!

他のパンケーキとは一線を画するとも言われているほどの絶品スイーツです。スフレタイプのパンケーキなので、とにかくふわふわなんです。

しかも量が日本人でもペロリと平らげることのできる程度の量なので、残して勿体無いことになる・・・なんてこともありません。

因みに、このふわふわのパンケーキ、クリームやフルーツをトッピングした可愛いパンケーキでももちろん美味しいのですが、サーモンやエッグベネディクトをトッピングした、食事系パンケーキでもおいしいですよ!

日本人スタッフもいるので、日本語もOKです。そして、お客さんに日本人がとても多いのも印象的でした。

7.フランスのローラン・デュシェーヌのショコラブランのムース

so8

フランスのパリにあるケーキ屋さん「ローラン・デュシェーヌ」のケーキはどれも美味しかったですが、特におすすめなのはショコラブランのムースケーキです。

ショコラブランとはフランス語でホワイトチョコレートのことであり、ツヤツヤで丸い見た目と、上にちょこんと乗ったデコレーションがとっても可愛いです。写真の右端の白くて丸いケーキです。

そして、ホワイトチョコレートの甘いムースの中にはフランボワーズのジュレが入っていて、組み合わせがかなりマッチしているだけでなく、味のバランスも最高なんです。

というか、ローラン・デュシェーヌのケーキは基本的に、日本人好みの甘さなので、日本人のお客さんも多いそうですよ。

ただ、フランスではケーキよりもパンのほうが有名らしいです。パンもケーキも美味しいので、パリに来たら是非行って欲しいお店です。カップに入った可愛いスイーツもあるので是非!

8.フランスのサロン・ド・テ アンジュリーナのモンブラン

so9

サロン・ド・テ アンジュリーナのモンブランはマロンクリームがとにかく濃厚なんです。すごい「栗!」って感じです。かなりボリューミーで濃厚なので、1人では食べきれない人もいるかもしれません。

でも、ルーブル美術館からも近いので、観光がてら寄れる感じであり、ピーク時を避けていけば多少並ぶかもしれませんがあっさり入れるようです。

日本にも出店しているほど人気で、モンブラン好きなら絶対に食べたほうが良いとおすすめできるほど美味しいのですが、1つ6ユーロ、日本円にして800円以上するのでモンブランにしてはお高めです。

しかし、それくらい価値あるモンブラン何だなぁと思います。

まとめとして

こうしてみると、フランス(ヨーロッパ)のスイーツは本当に美味しいものが多いんだなあと思いました。

もちろん、ここで紹介した以外にも美味しいスイーツは世界中に溢れています。アジアにだってアフリカにだって美味しいスイーツは必ずあります!

まだ知らないスイーツを食べに、旅に出るのも楽しいですし、旅のついでにスイーツを楽しむのも良いでしょう。

もちろん、食べ過ぎると旅を続けられないほど血糖値が上がっちゃいますから、週に1回食べる程度とか制限はしておいたほうがいいですよ!

とりあえず、気になるスイーツを発見したら、聞いたことないスイーツでも一度味わってみることがおすすめです。新しい発見をするのもきっと楽しいと思いますよ。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 2025km、61日間の思い出写真…
  2. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  3. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  4. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  5. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  6. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  7. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  8. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  9. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…

pickup 情報

  1. はじめに地球にぽっかりと口をあけた洞窟は、世界各地に驚くほどの数と規模で横たわっています。普…
  2. はじめに「旅」は誰もがその規模や考え方は違っても体験しますが、「バックパッカー」、「世界一周…
  3. はじめにヒッピーという言葉は、どこかで耳や目にはしていても、またなんとなくイメージすることは…
PAGE TOP