世界一周で発見!料理がまずいと評判の国で見つけたおいしい料理

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

mo4

料理がまずい国って結構ありますよね。素材そのものがあまり良くなかったり、味付けが適当だったりという理由もありますが、日本人の口に合わず、日本人にとってはまずく感じるということもあります。

しかし、そんな料理がまずいと言われている国でも、おいしい料理は存在します。もちろん、作り手(シェフ)によって同じ料理でも味は左右されるかもしれません。しかし、少しでもおいしい料理が食べたいのは確かなことです。

では、世界一周で発見した、料理がまずいと評判の国のおいしい料理についてご紹介していきます。

料理がまずい国で最も声の挙がる「イギリス」

「料理がまずい国ってどこだと思う?」って聞かれたら、真っ先に「イギリス」って答える人が多いのではないでしょうか?確かに、イギリスは味気ない料理が多かったり、イギリス人自体があまり食にこだわりをもっていない人が多いようなのです。スパゲッティを茹でて塩をかけただけのものが普通に食べられていたり、味が薄いことを前提に、飲食店のテーブルにはたくさんの調味料が並べられていたりします。

しかし、そんなイギリスにもおいしい料理はたくさんあります。むしろ、料理がまずいと言われている国の中でも、おいしい料理が多い方です。ではイギリスのおいしい料理をご紹介いたします。

mo1

まずは「ローストビーフ」です。ローストビーフはイギリスの代表料理と言われているほどで、味は確かなものです。味気ない料理の多いイギリスですが、ソースはきちんと味が付いていてお肉とも相性抜群です。

付け合せはヨークシャプディングというパンのようなシュークリームの皮のようなものと、野菜が付いてきます。ただし、お店にもよりますが、野菜は茹でただけのものの場合もあるので、付け合せには味を付ける必要があります。

しかし、ローストビーフのおいしさは確かなものなので、イギリスに行ったら是非食べて欲しい料理です。

mo2

そして、イギリスといえば「紅茶」も有名ですよね。紅茶と一緒にスイーツやサンドイッチなどをいただく「アフタヌーンティー」もとってもおいしいですよ!

特に3段重ねのお皿には憧れる人も多いと思います。三段重ねのお皿でないお店もありますが、こんな豪華なアフタヌーンティーが、気軽に楽しめるお店もたくさんあります。格式高いお店ではやはり値が張りますが、庶民的なお店なら3段重ねの豪華なアフタヌーンティーがリーズナブルな値段で楽しめます。ちょっとした贅沢をしたい時などにおすすめです。

そこまで食事マナーに気をつける必要はありませんが、食べる順番としてはサンドイッチ→スコーン→ケーキというのが一般的です。

紅茶文化のイギリスですから、紅茶に合うように作られたお菓子の味は本当に美味しいです。スコーンに付けるジャムやクリームも濃厚で美味しくて、イギリスに来たら是非1度は食べてみてほしいものです。

現地の人もおいしくないと言ってしまう「ロシア」

日本にきたロシア人曰く、本場のロシアは野菜が硬いままだったり、お肉に脂が乗っていなくて、ロシアの料理はおいしくないそうです。確かに、料理に使う素材は、日本のものが圧倒的に良いですし、ハーブや香辛料をタップリ使っているので、苦手な人も多いかもしれません。そういうのが平気な人は、ロシア料理は特に問題は無いと思います。

しかし、根野菜なのに、筋が残っていて噛み切れないくらい硬いのは、ハーブや香辛料が大丈夫な人でも、さすがにいただけないです。また、野菜の臭みもちょっと気になりますし、中途半端な煮込み時間で硬くなってしまったお肉もおいしくないです。

お肉も野菜も柔らかくておいしいボルシチなどは、日本人の口に合わせてアレンジされているものです。なので、日本で食べるロシア料理はおいしいですが、現地で食べるロシア料理は、とてもおいしいとは言いがたいものが多いです。そんなロシアで見つけたおいしい料理をご紹介いたします。

mo3

意外と本場は料理がまずいと言われているロシアで美味しかったのは「ビーフストロガノフ」です。

バターとサワークリームがたっぷりなので、恐らくカロリーや脂肪分などは日本のビーフストロガノフよりも高いと思われますが、きちんと煮こまれていて、濃厚で美味しいですよ。そこまでクセもないから、日本人でも食べやすい料理です。

しかし、本場のロシア料理も、値が張りますが高級店でならおいしい料理が食べられます。やはり高級店では、使われている素材が違いますし、しっかり煮こまれていたり、繊細な味付けがされていたり、日本人でもおいしいと言えるような料理が多いです、

とにかく羊肉をたくさん使う「モンゴル」

モンゴルの料理はとにかく羊の肉をたくさん使います。日本でも羊の肉は食べられていますが、日本の場合は飼育方法などにこだわり、極力臭みを残さないように作られたお肉なのです。しかし、モンゴルでは、そのような工夫もされていないため、肉料理なのに草みたいなにおいがします。

このにおいが多くの日本人を困らせてきた原因です。におい=味という部分も少ながらずありますので、この独特のにおいが料理をまずくしてしまっている大きな原因の1つです。

mo5

そんな羊肉のにおいが強烈なモンゴルで見つけたおいしい料理が「ボーズ」というモンゴル風の餃子です、これを揚げたのを「ホーショル」と言います。

味は作る人にもよるのですが、噛み付くとじゅわっと肉汁が溢れ出てくるような、そんなジューシーな餃子です。餃子って日本にも馴染みのある食べ物ですし、日本人はジューシーな料理が好きですよね。

モンゴル料理には他にもお肉を炒めた料理など色々もありますが、やはりどの料理もイマイチ評判は良くないので、モンゴル料理ならこのモンゴル風の餃子をおすすめします!

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

覚醒・意識世界の旅

精製されていない、覚醒植物の世界へご案内いたします。意識トリップで新しい発見・学びを得よう!

大麻・マリファナ販売

独特の見た目とにおいがきつい「フィリピン」

フィリピンは料理がまずいと言われているようですが、個人的な意見としてはそこまでまずいという印象はありません。ただ、見た目がグロテスクなものがあったり、においがきつかったり、味付けも「ちょっとこれは無理!」って感じるものが多いのも確かでした。特に、日本では味わえないような味付けの料理も多いので、そのような料理がまずいと感じてしまうのかもしれません。

また、香辛料やにんにくなど、刺激になるようなものをたっぷり使っているので、何日もガッツリフィリピン料理を食べるとなると、日本人は胃もたれや消化不良になって食欲が減退しますので、注意も必要です。そんなフィリピンで見つけたおいしい料理をご紹介いたします。

mo6

まずは「アドボ」と呼ばれる煮込み料理です。スペアリブや手羽元、手羽先などを煮込むのが一般的なようです。実は、このアドボという料理、醤油がベースとなっていて、お酢でお肉がこってり柔らかく、味付けも濃い目でご飯が進む美味しい料理です。フィリピン料理の中でも、一番日本人の口に合う料理だと思います。

人によって味付けは多少違うのですが、日本人に馴染みのある材料が使われているので、ハズレはほとんどありません。日本でもどんどん普及して欲しい料理の1つです。

mo7

そして、「シシグ」という料理も美味しいです。細かく刻まれた肉や野菜が熱々の鉄板に乗っかって出てきて、見た目からして食欲をそそります。味付けは醤油系で、そのまま食べても美味しいのですが、卵を乗せて絡めても美味しいです。レモンやマヨネーズををかける人もいます。一度だけでなく、二度三度美味しいB級グルメです。

フィリピン通の日本人の間ではお馴染みの料理で、シシグの虜になってしまう人も多いそうですよ!また、某テレビ番組で、世界の美味しいB級グルメとして紹介されてから、さらに人気が上昇したそうです。ぜひ、フィリピンへ行くときは、シシグを食べてみてくださいね。

まとめ

料理がまずいと言われている国はたくさんあります。レパートリーが全然なくて、毎日同じ料理ばかり食べている国もあります。しかし、どんなに料理がまずいと言われている国でも、必ずおいしいと思える料理はあるはずです。

まずいと感じる料理ばかりを食べるのは辛いですが、こういったおいしい料理に出会えた時の喜びと感動はなんとも言えません。

おいしい料理を食べるのも旅の醍醐味です。おいしい料理を食べて、旅を心の底から楽しんでみてくださいね。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

大麻・マリファナ販売

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  2. ※マメ知識:カワカミノタケル=ヤマトタケルノミコト(日本武尊)に名を献上した熊襲族の大将さて、僕…
  3. 写真:papa電車を乗り継ぎバラナシに到着した。コルカタから15日間かかった。…
  4. 令和時代、関東以南九州以北版私たちが今までにキャンプ滞在した場所は下のマップに記されています…
  5. 楽しかった~♪…
  6. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  7. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  8. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  9. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  10. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…

pickup 情報

  1. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
  2. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  3. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
PAGE TOP