世界一周の方法 – 世界一周を実現するためには

世界一周を実現するためには

世界一周

世界一周――なんとロマンに満ちあふれた言葉なのでしょうか。

ポルトガルの探検家フェルディナンド・マゼランの一行が人類初の世界一周を達成したのは、1522年のことでした。
あれから500年が経とうという現在、世界一周の旅へのハードルは格段に下がりました。安くお手軽にいける世界一周ツアーなども人気で、このロマンの旅は庶民に手が届かないというものではなくなりました。

美しくも尊い地球に生まれたからには、やはり世界の隅々まで見てまわりたいと思うのが人間というものですよね。幼いころには世界一周旅行を夢見たことのある人も多いことでしょう。

しかしながら、実際にその夢を現実のものとすることができる人は、残念ながらあまりいません。あなたの周囲にもほとんど見当たらないのではないでしょうか。

やはり、夢のまえに立ちふさがるのは現実です。
現実的に考えたとき、今の日本で生活をしていて世界一周の旅に出ることは、たしかに困難でしょう。時間、お金、体力、英語力……世界一周を断念する理由はたくさんあります。計画を立てようにも、実現不可能だと最初からあきらめてしまっている人も多いかもしれません。

世界一周に最も必要なものは強い意志

しかし、と思うのです。

夢を叶えるために困難が待ち受けているのは、あたりまえのことだとは思いませんか?
さまざまな障壁を乗り越えて実現させるからこそ、夢はより尊いものとなるのです。すぐに叶う夢なんて夢ではないのです。

まずは、「現実的な考え」から脱却しましょう。
世界一周旅行は、日常生活から遠く離れて、「もうひとつの日常」を経験しにいく旅です。そもそも現実から離れようとしているわけですから、「現実的な考え」に従って行動をしていたのでは、なにも実現するはずがありません。

世界一周を実現するための第一の条件は、なんとしても世界一周をしてみたいと強く思うことです。そして、強い願望があればこそ、多くの現実的な障壁を取り払うことができるようになるはずです。

プランニングも世界一周の醍醐味

「世界一周」と一口にいっても、その内容はまちまちです。
なにせ地球は広大です。どういったルートを通るのか、どういった交通手段を利用するのか、選択肢は無限にあります。

ですから、世界一周のスタートは、プランを立てることです。プランニングも旅の醍醐味のひとつですから、じっくりと時間をかけましょう。

まずは行きたい場所をリストアップしてみましょう。
かつてはガイドブックをいくつも手にしながら細かく調べていかなければいけませんでしたが、現在はインターネットがあります。少しでも興味のある場所を見つけたらどんどん羅列していきましょう。

ある程度数が出そろったら、今度はそのなかでも優先度の高い場所を何点か絞り、そこを中心にルートを練っていくことになります。
効率よくまわるのか、遠まわりをしてもゆっくりといくのか、安宿に泊まるのか、食事だけにはこだわるのか、などなど。自分が世界一周になにを求めているのかをじっくりと考えるとよいでしょう。

しかし、世界一周ともなると選択肢がありすぎて、なかなか自分だけではルートを決められないという人もいるかもしれません。
そういった場合には、世界一周を実際におこなった人の体験記などを呼んで、そのルートを下敷きにしながらアレンジしていくのもよいでしょう。また、有料でルートを考えてくれるコンサルタントもいます。

ほかにはもちろん、旅行会社の組んでいる世界一周ツアーに参加するという方法もあります。
何種類かのプランから好きなものを選ぶというタイプのツアーであれば、プランニングの楽しみを味わいつつ気軽にルートが決められますから、時間の余裕があまりない人であればこちらもよいでしょう。
いずれにせよ、後悔することのないプランを考えたいものですね。

悩んでいる人も、実際の行程を考えていけば、きっと出発に心が傾くはずです。

あきらめる理由を消していこう

それでもまだ、世界一周の旅に出るかどうか悩む人も多いことでしょう。ですが、それは本当に夢を断念するほどの理由でしょうか?

あきらめるための理由を探すのは、もうやめにしませんか?

【お金がない】

現在ではだいぶ安い費用でいけるようになったとはいえ、それでもふつうの旅行とくらべれば多くのお金を必要とするのが世界一周です。
気軽な気持ちでは行くことはできないでしょう。

しかし、世界一周によって得た経験は、必ずや費やした金額以上の価値をあなたに与えてくれるはずです。
お金では買えないものを得ようというときにお金の心配をするのはナンセンスだと思いませんか?

しっかりと計画を立てて貯金をすれば、世界一周のための費用は庶民でも充分に手が届く程度の金額です。

費用についてよりくわしくは、『世界一周>世界一周の費用』のページもあわせてご参照ください。

【時間がない】

「時は金なり」という言葉があります。
英語では「Time is money」、ドイツ語では「Zeit ist Geld」、フランス語では「le temps, c’est de l’argent」、中国語では「一寸光陰一寸金」、ロシア語では「времяーденьги」と全世界に同じ意味の言葉があることからも、この考えかたが人類共通うのものであることが窺えるでしょう。

世界中をまわるからには当然、ある程度まとまった時間が必要です。
とはいえ、現代人は忙しく、なかなか長期の自由時間を得ることはむずかしいものです。

世界一周に行くためには、仕事を辞めなければいけないかもしれません。会社員であれば、なかなかその決断はしづらいでしょう。まして、ある程度ベテランになってくると、なおさらです。一度辞めてしまったら、世界一周から帰ってきたあとの生活の心配もあるでしょう。

しかし、よく考えてみてください。長期間の旅には体力が必要です。年老いてからではむずかしいのです。
また、行きたいと思っていたスポットがいつまでもそこにあるという保証だってありません。地震、火事、紛争。いろいろな事情で名所が壊されたり、立ち入り禁止になったりすることもあります。

そう、「行きたい」と思ったときに行かなければ、二度とチャンスはなくなるのかもしれないのです。
「時は金なり」。この言葉の意味をしっかりと噛みしめましょう。

【英語が話せない】

世界一周をするからには、語学が堪能でなければならないのではないかと考える人もいるでしょう。
たしかに、話せないよりは話せるに越したことはありません。ですが、現地の人だって英語がわかる人ばかりではないのです。結局は言葉以外でのコミュニケーションが重要となってきますから、必要以上の心配はいりません。

また、短期集中的に英語を学んでから世界一周のたびに出る人も現在は増えています。やろうという意気込みさえあれば、英語力は言い訳にはなりません。

英語の必要性についてくわしくは、『世界一周>世界一周の英語力』のページをあわせてご参照ください。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  2. 写真:papa電車を乗り継ぎバラナシに到着した。コルカタから15日間かかった。…
  3. もうこの地球上で進みたい「道」が無いと思っていたら、宇宙と繋がったよ。ヨットという選択肢がま…
  4. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…
  5. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  6. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  7. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…
  8. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  9. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…

pickup 情報

  1. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  2. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
  3. はじめにありきたりな旅はもう十分! という贅沢な悩みを解消してくれそうなホテルを世界各地から…
PAGE TOP