世界一周航空券のメリット&デメリット。賢く世界一周するために

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Round-the-world airplane

世界一周航空券(RTW)とは?

安く世界一周をしようとすると、まず候補となるのが世界一周航空券でしょう。

世界一周航空券は、地球を一周して出発地まで戻ってくる航空券のセットのことです。英語では「Round-the-world ticket」と呼ばれ、「RTW」という通称でも呼ばれています。
もともとはワンワールドやスカイチームといった航空連合が販売をはじめたものでしたが、現在は個別の航空会社同士が提携することによって売られている世界一周航空券もあります。

世界一周航空券は、お手軽かつ安価に航空券を手配できるということで、長旅に不慣れな人には非常に適しています。
できるだけ安い予算で世界一周をしようと考える場合には、まず第一に検討すべき手段だといえるでしょう。

世界一周航空券の特徴、ポイント

発行元が違っていても、世界一周航空券のおおまかな特徴は共通しています。

【世界一周の定義】

世界一周航空券における「世界一周」とは、太平洋と大西洋をそれぞれわたったうえで出発地まで戻ることです。原則的に一方向に進むものであり、逆方向の大陸に戻ることはほとんどできません。
たとえば、「日本→アジア→ヨーロッパ→アメリカ→日本」というルートは可能ですが、「日本→アジア→ヨーロッパ→アジア→アメリカ→日本」というルートは認められません。

類似のものに準世界一周航空券と呼ばれるものもあり、これらは特定の大陸周辺のみを一周するものとなっています。目的地によってはこちらを利用し、ほかの部分を自分で手配するという手段も有効でしょう。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

【常にセットで利用しなければならない】

世界一周航空券は複数枚のチケットがまとまったセットです。これは束のまま持ち運び、常にセットとして利用することになります。切り離しは無効ですし、途中の区間を勝手に取り除くこともできません。

急遽ルートを変更したくなった場合には、あらためてルート変更手続きをしなければなりません。その際には発券手数料もとられることになります。

【有効期限がある】

ほとんどの世界一周航空券には有効期限があります。主要な航空連合が発行するものであれば、基本的には1年間となっています。
航空会社発行の券の場合はもう少し厳しい期限が設定されていることも多いでしょう。

【最低旅行日数もある】

世界一周航空券ならではの特徴としては、最低旅行日数が定められているものも多いという点です。細かい条件は発行元によって異なっていますが、出発からおよそ10日前後が最低条件となっている場合が多いようです。
割安で旅行ができる券ですので、世界一周目的以外で利用することがあまり歓迎されていないというわけですね。

しかしもちろん、各種条件をきっちりと満たすのであれば、商用旅行だって可能ですし、わずか数か国しか経由しない旅行にでも利用が可能です。賢く使いたいものですね。

【滞在都市数の制限に注意】

期間内であればいくらでも旅をつづけられる、というわけでもありません。
最低滞在回数や最高滞在回数が定められていることも多く、緻密なプランニングが重要となります。
さらには、特定の大陸内ごとのフライト回数が限定されていることもありますし、マイル制の世界一周航空券であれば総マイル数にも気を配らなければなりません。

意外とルールが細かいので、細部まで熟読したうえでルートを考える必要があります。

【世界一周航空券のクラス】

航空連合の発行する世界一周航空券については、各クラスごとの設定があります。ビジネスクラスやファーストクラスの利用ではかなりお得となるうでしょう。
ただし、航空会社が単独で発行するものについては、利用できるクラスが限定されていることも多々あります。

【主要な世界一周航空券は料金が一定】

気になるのはやはり料金でしょう。嬉しいことに、主要な航空連合が発行する世界一周航空券では、時期によって価格が変動するということはありません。長期休暇でも同一料金です。
途中で料金が改定されることもありますが、すでに出発したあとであればそれが適用されることはありません。

ただし、途中でルート変更をした場合には、その時点で値上がりしていると不足分を請求されることになります。

世界一周航空券を利用するメリット

Cheap airplane

【ルートが決めやすい】

世界一周航空券を利用する場合は、購入した段階でおおよそのルートが自然ときまります。反対に、行きたい場所からルートを絞ることもしやすいです。
世界一周の旅における最初の難関はプランニングなのですが、選択肢がある程度絞られてから細かなプランを練ることになるので、だいぶルート決めが楽になります。制限のなかで頭をめぐらせるというのもまた楽しいものです。

また、場合によってはかなり細かく経路が限定されている券もありますので、そうした場合はほとんどおまかせという状態になります。

【価格が安い】

少しでも費用を安く抑えようという人にとっては、こちらが最大のメリットとなるでしょう。繁忙期でも一定の料金で旅に出ることができるというのは非常に心強いです。

【荷物が煩雑にならない】

長期にわたる旅ですから、ときには荷物がごちゃごちゃとしてしまって、必要なものがすぐに出せないという状況もあるかもしれません。
そこへいくと、世界一周航空券はチケットが1セットとなっているため、持ち物によけいな書類が増えて混乱することがなくなります。

世界一周航空券を利用するデメリット

World airplane

【プランの自由度が薄れる】

利用する世界一周航空券によっては、滞在都市や利用経路が限定されていることもあります。
また、比較的自由なタイプのものでも、やはりゼロから自分できめた旅行プランには自由度で劣ります。該当する航空会社の便が就航していない国には当然行けないからです。

プランニングは旅の醍醐味のひとつでもありますので、ここを重視している人からすると物足りなさもあるかもしれません。

また、事前にすべての航空券を買ってあるため、フレキシブルに予定を変更するということがしづらいです。ルートを変更したい場合にはあらためて手続きをしなければ、世界一周航空券を引きつづき使うことはできなくなります。

【運用ルールが細かい】

世界一周航空券は、各会社ごとに細かい運用ルールが定められています。最高滞在都市数がきめられているだけならまだしも、最低の滞在都市数もきめられていることが多いですから、さほど興味がない土地にもおりなければならないというケースも出てくるでしょう。

また、「滞在」と「経由」の定義にも注意が必要です。本人は滞在したつもりでも、次に出発するまでが24時間以内であれば経由と見なされてしまい、最低滞在回数に足りなくなるという場合も考えられます。

思わぬ落とし穴にはまる可能性もありますので、実はルートによっては、かえってプラン決めがむずかしくなることもあるわけです。

【場合によってはあまり割安でないことも】

近年は格安航空機も多く出現しているため、エコノミークラスの世界一周航空券であれば、さほど割安とはならないこともありますので注意が必要です。

【紛失時のリスク】

チケットが1セットとなっていますから、万一紛失してしまうと被害は甚大です。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…
  2. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  3. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    パパ式自作キャンピングカー旅人仕様。製作期間3ヵ月、廃材などを使い制作費約20万円♪新車内…
  4. 鹿児島では「愛」と「神話」について学び、熊襲の血を引く鹿児島人の優しさ、温かさに流され、旅をしてきま…
  5. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  6. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  7. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…
  8. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  9. 「ン”モ"ォオォォー」その声は茂みの向こうからやって来た…。みなさんはじめまして!Shi…
  10. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…

pickup 情報

  1. 余裕いっぱいの予算と時間があれば、「世界一周」も、行き当たりばったり、地球上をあっちへ行った…
  2. 興奮度120%! ダンスミュージックの世界へようこそ「トゥモローランド」(Tomorrow La…
  3. 南米には今人気急上昇中のウユニ塩湖や日本人の一番行きたい世界遺産のマチュピチュといった超人気…
PAGE TOP