伊都乃国 白糸オートキャンプ場にキャンピングカー泊したよ!この場所での遊び方や周辺の見所

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

魏志倭人伝に登場するいにしえの国伊都国があったといわれる糸島市付近を見下ろす山の中腹に作られたプライベート経営のオートキャンプ場です。

必要な設備はきっちりと揃っているけれど、余分を省いたシンプルなサイトは、林の中に配置されていて、それぞれが独立したプライバシー重視スタイルです。

自然の中で無理も無駄もないシンプルキャンプを楽しみ、弥生時代という遠い過去から連なる歴史を訪ね、美味しい海の幸山の幸に舌鼓を打つ。そんな過ごし方ができる「伊都乃国 白糸オートキャンプ場」をご紹介します。

伊都乃国 白糸オートキャンプ場での飲食

伊都乃国 白糸オートキャンプ場内にレストランや食事処はありません。軽食を提供する喫茶コーナーがあるものの、こちらは土日祝日のみの営業で、お腹に溜まるものを食べる感覚よりは、飲み物やアイスクリームなどのスイーツをつまむ感じ。売店はありますが、食材の販売もありません。

キャンプ場内でのバーベキューには持ち込み食材が必要です。バーベキュー場もありません。器材のみレンタルがあります。周辺にスーパーやコンビニなどの食材購入可能な店もないので、山に入る前に街でしっかりと買い忘れのないようにしておきましょう。港で海産をたっぷり仕入れておきたいですね。また、周囲に徒歩などで食べにいく店もほとんどありません。ただ、車を使えば糸島市内にレストランはあります。

・白糸の滝ふれあいの里

白糸の滝近くにあるヤマメ料理が食べられるお食事処です。ヤマメの看板が目印。夏場にはすぐそこでヤマメ釣りができ、そうめん流しも楽しめます。冬は冬で、店内に巻きストーブが焚かれて山小屋風。雰囲気のある店です。

・ドライブイン鳥 前原店

鶏飯や鶏スープで有名な店。気軽に安く美味しく食べられるドライブインスタイルで人気があります。特にランチ時は混雑しています。炭火で焼く鶏焼き肉も柔らかくて絶品。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

・糸島手造りハム

糸島で育てられた糸島豚を使った無添加のハムやソーセージを購入したり食べたりできる店です。併設バーベキューハウスでビールとともに炭火焼きでがっつりと味わえます。週末にはソーセージ作りの体験もできます。

・いち一

地元では知らぬ人のいない有名食堂です。唐揚げ、天ぷらなどの揚げ物、だし巻き厚焼き卵など、家庭料理を安くお腹いっぱい食べられます。昼も夜もいつも人でいっぱいですが、回転も速いのでそれほど待つことはありません。

・かきのますだ

糸島港まで下りれば、地元産のかきをたらふく食べられる牡蠣小屋があります。かきのますだでは、かきやサザエなどの貝類に好みの干物をつけた浜焼きバーベキューセットなどが提供され、ご飯や飲み物は持ち込みも可。予約していきましょう。

・伸栄丸 佐々木

カキ中心の牡蠣小屋ですが、ほかの季節の魚介類や肉、野菜などもあります。もちろん、持ち込みもOK。炭も鉄板も調味料も、そしてカキも用意されているので、あとは自分の食べたいものを追加で注文するか持ち込みます。漁師さん直営らしくかなり価格が安くなっています。カキをがっつり食べたい人向けです。カキごはんも美味しいです。

・長浜ラーメン力

エリア内にたくさんのラーメン屋はありますが、とんこつラーメンならこの店が一番人気でしょう。健康のためには残したほうがいいと思いつつ、スープを飲み切ってしまう旨さです。ランチ時はかなり混むので、ずらして2時以降にいくのがおすすめ。その時間帯は料金割引メニューもあります。

・牧のうどん 周船店

うどん専門店で、種類が多くて迷ってしまう店です。全体的にはあっさり味で、ワカメうどんやかけうどんが人気ですが、ちょっとこってり系の肉うどんもおすすめ。たっぷりのネギを混ぜ込んでいただきます。

伊都乃国 白糸オートキャンプ場での遊び

キャンプ場オーナーが、「家族みんなが楽しめる場所にしたい」とオープンしたキャンプ場です。最近の新しいキャンプ場は子どもたちが遊ぶための遊具などに力をいれている傾向が強いのですが、ここでは果樹園を整備することで、見て摘んで食べて楽しめるようになっています。

ブルーベリー、プルーン、くるみなど、ワイルド系の果樹果実がたわわに実る季節はキャンプの楽しみ倍増です。

また徒歩5分の白糸の滝エリアではヤマメ釣りや流しそうめんなども楽しめます。

社会を捨て、手作りの「車のお家」で無期限の旅へ ~ 家族3人+犬2匹の物語

ハイエースキャンピングカー写真1

「廃材」を使った手作りの「車のお家」で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、スタートし、家族3人+犬二匹で「学び」の旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

伊都乃国 白糸オートキャンプ場に泊まる

伊都乃国 白糸オートキャンプ場での宿泊は、オートキャンプか常設キャンプハウス泊となります。キャンプハウス区画2カ所を含めて合計14サイトしかない小さなキャンプ場で、林の中に各サイトを配置しているため、プライバシーはかなり守られます。

大型車も駐車可能な大型サイズサイトと標準サイトがあります。どのサイトにも水道と流し台と煮炊き場が標準装備され、1000円追加になりますが、電源設備もあります。

サイトの地面はほぼ土ところどころ芝生といった感じ。雨の影響を受けるとかなりぬかるみます。また、1サイトあたりの駐車車両は原則1台。それ以外の車は別料金になり、団体客が入っている時などは、通路を含めたあちこちに駐車する車が増えて、便利な駐車スペース確保に苦労しそうです。

伊都乃国 白糸オートキャンプ場の安全性

周囲には店がありません。必要なものは不足のないように予め準備しておきましょう。24時間入退場の制限はありませんが夜間の車での移動などは音の問題もあり自粛が求められます。夜の山道もあまり走りやすいとはいえません。また、かなり離れた場所まで行かないと夜間に買い物ができる場所もありません。

サイトの周囲は木に囲まれているため、冬を除き虫たちの数がかなり多いので、網戸、蚊帳、防虫剤などはしっかりと準備しておきましょう。

管理人が住み込み常駐しているので安心感があります。

伊都乃国 白糸オートキャンプ場の立地とアクセス

山の中腹の林の中に作られたサイトです。たどり着くまでは坂道ですが、サイト内は平坦な土と芝生のサイトです。

西九州自動車道の前原インターチェンジから車で30分。白糸の滝を目指して走ると、キャンプ場案内の看板があります。

伊都乃国 白糸オートキャンプ場の周辺観光

伊都乃国とは、魏志倭人伝に登場する倭国の中の伊都国のこと。魏志倭人伝に記載されている通りに地図をたどると現在の糸島市あたりにあったのではないかといわれています。弥生時代中期に発展した国で、卑弥呼とも関係が深かったのではないかと考えられているそう。伊都乃国 白糸オートキャンプ場は、その伊都国を見下ろす立地。残念ながら、邪馬台国同様に伊都国もその存在や場所が確定していないので、関連遺跡などもありませんが、見下ろす街に大陸からの使者を迎えるような古い国があったと思うとロマンを感じます。

・白糸の滝

楽さ24m、幅12mの滝。岩肌を跳ねたり滑ったりするように流れてくる様子は繊細ですが、水音が周囲に響く音は迫力もあります。滝近くでは春のあじさい、夏のヤマメ釣りやそうめん流しなどの楽しみ、ハネ木搾りで有名な白糸酒造で買い物もできます。

・白糸酒造

1855年から続く酒造工場で、残念ながら普段は見学ができません。ただ、全国的にも珍しいハネ木搾りという手法はホームページで紹介されているので興味のある方はチェックしてみてください。なかなか素敵なページになっています。また、春の蔵開きの時期に訪れることができると、酒蔵見学や限定酒のふるまいなどに参加できます。貴重な機会なので、是非足を運びたいですね。

・糸島宇美八幡宮

藤の花で有名なお宮さんです。宇美町の応神天皇誕生地である宇美八幡宮とは別物。糸島の宇美八幡宮は仲哀天皇仮埋葬地であり、古くて横長い社殿と境内にある樹齢千年を超えるイチイガシの木など、地味ですが歴史を感じさせる雰囲気です。

・夷巍寺仁王門

訪れる人の少ない、ポツンと一つだけ残った遺物です。一貴山地区にあった聖武天皇勅願による伝説の「夷巍寺(いきじ)」の跡地だと考えられています。寺とその構成建造物のほとんどが南北朝時代に焼失してしまったものの、この仁王門だけが遺っています。門内にいる目力が半端ない仁王さまは高さ3mの赤い木像です。仁王さんの画像はイメージです。

・雷山千如寺大悲王院

白椿の巨木から掘り出されたという4.6mの十一面千手千眼観世音菩薩像を祀っています。実際に千本の手があり、それぞれの手の平に目が描かれているとか。周囲は200もの僧坊ができるほど一時は信仰地となっていましたが、廃仏毀釈のため、ここが唯一の僧坊となりました。身代わりのお守りが非常に後利益があると有名で、おまもり目的で訪れる人が多いそうです。紅葉の季節には樹齢400年の大楓が見ものです。

・鎮懐石八幡宮

九州最古の山上憶良の万葉歌碑がある神社です。神社名の由来は、神功皇后による新羅征伐出兵の際、出産時期を迎える皇后がその時期を遅らせるようにとおまもりにしていた2つの石を、凱旋時にここに奉納したそうです。

・桜井神社・桜井大神宮

6世紀の横穴式円墳「岩戸宮」が祀られた神社。静かな落ち着いた雰囲気の神社ですが、最近は人気グループ嵐ファンのパワースポットとなっているようで、若い人たちの姿もよく見かけるようになりました。ここでは、桜井神社と桜井大神宮の2種類の御朱印をいただくことができます。年に一度の岩戸開きでは、神事の祝詞の後に奥殿の扉が開けられ、玉串を捧げに内部まで入ることができます。神窟ともいわれる岩にはたくさんの水滴が浮かんでいて、その水滴に無病息災のご利益があるそうです。神事は早朝4時前から行われます。

・芥屋の大門

美しい六角柱状石が連なる海に面した大きな洞窟で、遊歩道から、または遊覧船で海から見に行きます。高さが64m、奥行きは100m近くあり、鉛のような色の六角柱がぎっしりと詰まった天井や壁は大迫力です。

・桜井二見ヶ浦

海の中の夫婦岩と白い鳥居が目印。夕陽が沈む頃に訪れると、非常に美しくも神聖な光景を目にすることができます。ドライブやデートスポットとして有名だからか、周囲にはカフェやレストランが多く、早めに行って窓際の席を取るとゆっくりお茶しながら景色を眺められます。

・姉子の浜鳴き砂

キュイキュイと足の裏で砂が鳴く、あの鳴き砂の浜です。非常にキレイな砂浜に思わず素足になって歩きたくなります。白い砂浜は日中は日の光でキラキラと光り、夕陽の時間にはまだらの波紋を見せて幻想的です。

・姫島

小さな島ですが、渡船で渡ると、そこで暮らす猫たちと美味しく新鮮な海鮮が待っています。日帰り利用の場合は、民宿にランチの予約をしておくといいでしょう。

観光施設などはありませんが、素朴な島を猫たちと一緒にブラブラと散策すると癒されます。

・フォレストアドベンチャー・糸島

素朴な自然や寺社遺跡巡りだけじゃ遊び足りないという人には、本格的なアウトドアフィールドアドベンチャーを体験できるフォレストアドベンチャーへ行ってみましょう。専用のハーネスをしっかりと装着して森の中を上へ下へと空中移動する感覚は、普通のフィールドアスレチックでは体験できません。料金は少々高めですが、保険料が含まれているので納得です。

基本情報としての施設設備

①営業期間と時間と料金

年末年始(12/25~1/8)を除く通年営業ですが、完全予約制となっています。宿泊受付は16:00~、チェックアウトは翌14:00まで、日帰り利用の場合は11:00~15:00までです。特に門があって閉まってしまうようなことはありませんが、夜22:00~から7:00までは活動自粛です。静かにサイト内で過ごすようにしましょう。

サイトは14区画あり、標準サイズが8m×10m、大型サイズが10m×10m、2カ所にキャンプハウスと呼ばれるプレハブの常設宿泊施設があります。どのサイトもそれぞれの境界を林で区切っているので、プライバシーはばっちり。広さも普通の家族単位であれば十分です。

キャンピングトレーラーなどの大型車が利用する大型サイトは1泊9000円、標準サイトは6000円。1区画当たりに1台分の駐車が含まれていて、2台目以降は1台1000円別料金がかかります。また、キャンプハウスは10000円と13000円。

②駐車スペース

オートキャンプサイトなので、各サイトに1台分が含まれています。かなり大型まで停められる大型車用スペースも3区画あります。また、全体で30台分程度の駐車スペースしかないため、団体の日帰り客などがいると、通路を含めたあちこちに駐車車両が停まるようになります。なお、日帰りでも駐車車両は2台目以降600円かかります、

③トイレ

水洗トイレがあります。

④炊事

各サイトに水道と簡易炊事場があってとても便利です。

⑤シャワー・風呂

コイン式のシャワーがあり1回300円。

車で20分ほどの場所に「二丈温泉 きららの湯」があり、10:00~21:30までの受付22:00営業終了となっています。ラドン温泉で、ポカポカしっとり。食事とのセットもあり、地元の食材をいかした料理を食べられます。

もう一件が「神水まむし温泉」。名前はオドロドロしいけれど、弘法大師が蝮の毒にきくお湯に変じさせてくれたことからきているそうです。皮膚のトラブルによくきくとのことで、持ち帰りをする人も。設備の整った日帰り温泉施設で、いろいろな種類のお風呂があり広々としています。10:00~22:00営業。

⑥電源

すべてのサイトに電源があります。キャンプハウス利用の場合は電源利用料金込みですが、ほかのサイトは1日1000円かかります。

⑦ゴミの扱い

ゴミ捨ては禁止。生ごみも炭かすもすべて持ち帰りです。

⑧売店など

売店では簡単な軽飲食物の販売と、レンタルグッズの扱いがあります。

⑨Wi-Fi

ありません。

⑩そのほか

打ち上げ花火や音の出る花火の使用は不可。直火利用は許可されている場所でのみ可。また、夜間は発電機を含めて騒音となりうるものの使用が禁止されています。ペット同伴はリード使用のもとで可。

まとめ

小さな個人経営のオートキャンプ場なので、少し利用料金設定は高めですが、親切な対応と過不足のない施設、そして便利な立地もあって、なかなか人気の高いキャンプ場となっています。ただ、日帰りのデイキャンプバーベキュー利用者が多いため、週末の宿泊希望時は入退場時の入れ替わりでごたつくことも。余裕のある早めチェックインを希望する場合は、デイキャンプ分も予約して確保しておくといいでしょう。

また、周囲は歴史的な遺物や遺跡の宝庫ですが、あまりに古すぎて詳細が不明だったり、見た目には地味すぎてあまり知られていなかったり。歴史好きなら、訪れる前にしっかりと予習をしておくことをおすすめします。ぶらりと訪れるよりも何倍も充実した時間を過ごせるはずです。

また、周辺の観光施設は季節や特定日限定のイベントも多いので、予定を組む時は念入りにチェックをしておきましょう。

「伊都乃国 白糸オートキャンプ場」
福岡県糸島市白糸257番地113
092-324-5948

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…
  2. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  3. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  4. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  5. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  6. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  7. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    パパ式自作キャンピングカー旅人仕様。製作期間3ヵ月、廃材などを使い制作費約20万円♪新車内…
  8. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  9. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…

pickup 情報

  1. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  2. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…
  3. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
PAGE TOP