低予算でもできる移住と田舎暮らしのすすめ~お金が無くても大丈夫

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

田舎暮らしを始めるのに必要なのは、勇気? きっかけ? それともお金?

3つのうち、気持ちの持ちようや努力だけではすぐに準備できないのがお金です。でも、お金って絶対に必要なものなのでしょうか?

貯金がなくても、収入もそれほどなくても、田舎暮らしは始められます。低予算でもできる田舎暮らしのコツをご紹介しましょう。

賃貸で低予算スタート

お財布に目先の負担をかけないという考えであれば、購入よりも賃貸のほうが初期費用を抑えられます。ほとんどの田舎は都会に比べて不動産賃貸の価格が低いからです。

ただし、設備の整ったマンションがいい、一人だから1Kアパートがいいとか、逆に新築一軒家がいいなど、自分の好みの条件で探すのは難しいでしょう。現実としては、賃貸用の物件そのものの数が少ないことから、人が住まなくなった古い中古住宅を格安で借りるパターンが増えます。

ただ、一部地域では、賃貸物件そのものがほとんどない場合、離島などで特別に賃貸料金設定が高い場合もあるので、「田舎=安い」という思い込みは禁物。下調べは必須です。

住宅購入で低予算スタート

長い目で見た予算繰りを考えれば、住居を購入したほうが安上がりな場合も多くあります。なんといっても、田舎は土地価格が安いからです。

近年は多くの田舎で過疎化が進み、空き家の売家も少なからずあります。中古物件であれば、ほとんど建物には財産的価値価格がつきません。土地代のみの購入価格なので、少し不便な場所だったり、土地が狭かったりすると、物件価格は非常に低く設定されていて、さらには支払い方法などによって交渉の余地もあります。

ちょっとした貯金があるなら、購入することで、その後の定期的な家賃支払いを避けることができ、低予算の田舎暮らしを続けやすくすることもできますね。

ただここにも例外はあります。古民家などと呼ばれる古い中古物件は、古くても趣ある造りだったり、外装内装に手直しがされていると、価格は急に上がります。

田舎にある安い物件は、長く人が住んでいなかったものも多いため、まず手入れが必要になり、その手間や費用がかかってしまうこともあることを考慮する必要があります。

手作りの動く家にテントを積んで~「学び」の旅、始めました♪

家族+犬二匹でモンゴルを目指し旅をしています。

「廃材」を使った手作りの車で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、モンゴルを目指し旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

賃貸か購入か

田舎暮らしのお試し感覚であれば、賃貸でしょう。購入してしまった後で、田舎暮らしの過酷さに心が折れてしまった場合、田舎の中古住宅を売り払うのは簡単ではありません。賃貸に仮住まいしながら、田舎暮らしが自分に合うのか、移住先がその土地でいいのかなどを、暮らしを通じて実感していくほうが確実であり無難です。

ただ、それなりの予算がある人、田舎暮らしとその移住先に固く深い思い入れがある人、運よく条件の合う売り物件に出会えた人は、購入もまた一つの手。

田舎暮らしをする自分自身と、生活環境である物件、この二つにおける不安条件をどこまでクリアできるかが、賃貸にするか購入にするかの決めてとなりそうです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

田畑を借りて食費を節約

食費に関しては、都会と同様の手軽さを求める食材買い出しやお惣菜の購入、買い食、外食などを断つことで、かなり節約することができます。

もともと、田舎では都会のような食費の使い方ができません。スーパーやレストランは遠く、品数や店舗数には限りがあり、値段設定も一部地元の生鮮食品を除けば決して安くはありません。自然と、ある程度の自給自炊が必要になっていきます。そうなると、予算を押さえるのは上手なやりくりや工夫次第です。

ここで、家庭菜園を営むことがほぼ必須になってきます。収穫できる季節によって変化はあっても、家庭菜園からの収穫があることで食費がかなり節約できます。裏庭程度の規模の家庭菜園であれば、素人でもある程度営むことが可能でしょう。また、苗や種を買い込んで、いろいろな野菜を少量ずつ作ることで、食生活のマンネリを防ぎつつ彩りを加えることもできます。

ただ、コストからいうと、安い農地を借りてそれなりの規模で畑作りをした方が効率が上がります。トマトの苗を1本育てるのと10本育てるのはそれほど手間が変わりませんが、収穫量には各段の差がでます。菜もの類や根菜なども同じです。また、家庭菜園であれば苗の購入からスタートするものも、農地であれば種からスタートすることによって、コストをさらに抑えられます。

田舎の農地は購入しても借りても安く、教師となってくれる人も大勢います。もちろん、家庭菜園に比べれば、手間も時間もかかりますが、収穫量は大幅にアップ。ただ、同じようなものがたくさん収穫できてしまうものの、素人作品で売り上げられるほどではないので、ご近所とうまく交換しあうなり、料理の腕で食べる時のアレンジ幅を広げるなりの工夫は必要かもしれません。

外飲みから家飲みへ

遊興費も大きく予算削減できる項目です。飲み文化そのものは都会から田舎へと場所を変えても健在です。ただ、店の数は減り、外飲みよりも家飲みの機会が増えていくのは自然な成り行きといえます。また、この家飲み、かならずしも 自宅で晩酌の意味だけなく、ご近所付き合いの一環、隣組の集会といった、誰かの家での飲みも含みます。

このどちらにも言えるのが、原価とまでは言わないまでも、低予算で飲めるところでしょう。おつまみだって、持ち寄りでタダ同然の格安予算です。

外食して飲んでいれば、安い店を選んだとしても数千円はあっというまに飛んでいきますが、数千円分を家飲みできるのは、なかなかのウワバミだけ。

場所こそ店ではなく誰かの自宅ですが、同じようにお酒を飲めて手作りのツマミがあり、仲間もいて盛り上がれるなら、こんな安上がりで楽しい時間はそうそうないと思えるのも、田舎暮らしを楽しむコツではないでしょうか。

移住サポートを受ける

移住者を積極的に受け入れようと町や村ぐるみで、移住者のサポート政策を掲げている地域があります。

説明会・見学会・短期間の体験移住といった移住前のサポートから、引っ越し先の斡旋・仕事の斡旋・田舎暮らし専属サポート・農業支援員の存在など引っ越し後のサポートまで、受け入れる側の本気が見えるさまざまなサポートを各地が取り入れています。

特に、若い世代の夫婦や子連れでの移住に対しては、まとまった額の補助金がでるなど、かなり経済的に優遇されたシステムをウリにしているところもあり、予算的には非常に低くおさえた田舎暮らしをスタートさせることができます。

これらのシステムを利用するには、受け入れる側と移住希望者の間のマッチングが重要な鍵になります。個人での移住と違い、田舎暮らしが合わなかったり、提示された条件を満たすことができなかったりしても、すぐに「や~めた」と立ち去ることが難しくなるという足かせができます。それなりの縛り期間や補助費用の償還期間が設けられている場合も多いからです。

このように、低予算での移住を大きくサポートしてくれるシステムがあることは確かで、ありがたいものの、だからといってお手軽に飛び込んでいいものでもありません。受け入れ側が一定の期待をかけているからこそのサポートです。サポートを受ける側にもある程度の覚悟が必要とされるのです。

教育費

子どもを連れての田舎暮らしの場合、教育についても考慮する必要があります。ただ、田舎には都会のように多くの選択肢がありません。基本は公立の小学校から公立の高校まで通います。塾通いもそれほど多くありません。そのため、教育費は私立学校へ通う可能性や塾通いが当たり前の都会に比べれば、抑えることができます。

ただこれは善悪背中合わせ。教育費を安く抑えられる一方で、より良い教育レベルを求めたくても、叶わない状況ともいえるからです。

低予算で暮らすにはコツがある

ここまでで述べたように、田舎暮らしを低予算にする確かに方法はあります。ただ、「田舎暮らし=低予算」とは必ずしも言い切れません。暮らし方によっては都会生活よりも予算が上がってしまう可能性もあるのです。

どこで暮らすとしても予算をおさえるにはそれなりのコツをつかむ必要があります。田舎暮らしも同じ。

まず、「低予算で暮らせる場所に移住すること」¥。安い物件があり、農作業がしやすく、光熱費があまりかからない場所を移住先としての候補にすれば、自然と予算は下がります。

次に「低予算で暮らすための時間と手間を惜しまないこと」。田舎暮らしは不便です。不便だからこそ予算をおさえられるのです。コンビニで簡単に買える食品も、何カ月もかけて自分で育てることで、単価を下げることができます。すぐ近くでも車を使っていた生活を改めて、せっせと徒歩や自転車で行動します。

「田舎暮らしそのものを楽しむこと」。先にあげた家飲みへのスイッチや、近所付き合いを有効活用することで、娯楽費・遊興費を最低限におさえつつ、暮らしの質は上げることができます。

「移住サポートを受けるならわがままは控えること」。田舎暮らしすることが最重要目標なら、自分好みの田舎暮らしにはこだわりすぎず、より自治体などのサポートが手厚い場所を選んで、そこに合わせた田舎暮らしからスタートするのも、一つの手でしょう。その場合、あなたがその自治体が求める移住者を体現する必要があるため、自分が求める田舎暮らしをそのまま実現できるとは限りません。夢と現実の折り合いをつける必要がありますが、それも長期的な視野を持てば、ある程度すり合わせることも可能なのではないでしょうか。

まとめとして

このように、低予算でも田舎暮らしはスタートできますし、続けていくこともできます。楽しく充実した田舎暮らしを実現し、満喫することももちろん可能です。

ただ、当たり前のことですが予算が少なければそれだけ好き勝手ができる自由度は減ります。

もしも、田舎暮らしを自分の思うままに暮らすことして捉えているなら、それを叶えるためにはそれなりの予算が必要になるかもしれません。でも、田舎で暮らすことこそが一番の目標であり、そのためなら、あれこれ我慢するのも平気だし、我慢すること自体を楽しむ気持ちがあるなら、予算を削って持ち出しの費用は最小で、憧れの田舎暮らしのスタートを切ることもできるでしょう。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

神崎竜馬

live free art (芸術)

旅が仕事YUUMA

世界の人々の写真

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

村人ブログ

求人

ここ最近の旅とか遊び

  1. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  2. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  3. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  4. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  5. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  6. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  7. みなさん…こんにちは…。Shigeで…す。今回僕たちは、本日限定で開催されるロック・…
  8. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  9. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  10. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…

最近の人気記事

  1. この記事は平成の自由人、旅人として国内トップの所得を稼ぐ悪ガキが書いています笑悪ガキの更なる…
  2. 片岡鶴太郎という名前を、お笑い俳優として認識するか、俳優としてか、はたまた画家か。片岡鶴太郎…
  3. 全身で楽しんで美肌になれる泥祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」(Boryeong Mud …
PAGE TOP