僕の賢くダブリンでロングステイ、長期滞在する方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

dublin0

▼ダブリンに1ヶ月滞在予算の目安

ダブリンはヨーロッパ内でも物価が高いことで知られています。感覚としては、東京や大阪といった日本の大都市と同程度と考えていいでしょう。ただ、日本では100円ショップなどもあり、ある程度の品質を保ちつつ廉価なものから高価なものまで選択の幅がありますが、ダブリンでは総じて高めの価格がつけられ、時にはその価格に品質が見合っていないと感じることもあるかもしれません。

また、急激な経済成長とその後のバブル崩壊の影響から、住宅賃貸価格が高く、ヨーロッパからの観光客の影響でホテルやゲストハウスの料金も高く、数も足りていない部分があります。

個人賃貸のワンルームで生活するなら家賃に8万円、そのほかの生活費に4万円くらい。ホームステイや学生寮なら2食付きで6万円くらいからにお小遣いをプラスした程度となっています。

▼ダブリンの物価(食料品の値段で比較)

dublin1

主食はパンとジャガイモと魚。食生活はシンプルで、ホームステイや寮生活の場合には、ジャガイモ続きでうんざりしてしまう可能性もありそうです。

スーパーやマーケットで売られている生鮮食料がびっくりするほど高いわけではないので、ダブリンでの一般的な食事スタイルにならえば、それほど高額な食費がかかるわけありません。ただし、よく食べ使われる食材以外は全体的に若干割高に感じられるでしょう。

▼ダブリンの治安と安全対策

dublin2

治安がいい都市として知られてきましたが、近年のバブル経済崩壊や移民の流出入の影響から、少し不安な部分も生まれてきています。

ダブリン中心部の日中であれば、特別な警戒は必要ありませんが、夜になると、大量の酔っ払いが現れます。ケンカに巻き込まれるなどのトラブルも多く発生します。パブクロールに出かける時も、通りかかっただけの場合にもそれなりの注意を払いましょう。

また、一人暮らし場合には当然セキュリティ面には気を遣う必要があるでしょう。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

▼ダブリンのビザの取得方法

90日以内の滞在や短期間の留学であれば特別なビザは必要ありません。また、長期の場合でも、ヨーロッパでも有数の語学留学先として人気となっているダブリンなので、受け入れ校が決まっていれば学生ビザは比較的取りやすいでしょう。

就労ビザは、移民の増加と失業率高騰の影響もあり、年々取得が難しくなっています。年齢制限などがありますが、ワーキングホリデービザを利用すれば、限定条件下での労働や学習が可能です。

▼ダブリンの近くの病院、医療事情(なるべく日本語が通じる)

dublin3

アイルランドでは、診療を受けるにあたってまずホームドクターの予約をとり、ホームドクターの診察と判断、患者の意思にそって専門医を紹介するという形をとります。

そのため、いきなり総合病院へ飛び込むことは、救急以外ではできません。

また、医療水準に問題はありませんが、日本語対応ができる病院もありません。英語での対応に不安がある場合には、個人で通訳を手配する必要があります。

▼ダブリンの交通事情、電車、バスなどのローカル移動手段

dublin4

市内の主要な観光地やスポットは徒歩でも移動が可能です。自転車を利用する姿も良く見られます。

市民の足としては、バスや路面電車が便利でしょう。バスのチケットは距離ごとに料金が加算される仕組みになっていますが、行先に応じた料金をドライバーに支払うため、慣れないと戸惑う部分もあります。

ダブリン近郊と市内中心部間の移動には、電車や長距離バスが便利です。

▼ダブリンの主な見どころや観光スポット

dublin5

街歩きを楽しむ観光客が多いのには理由があり、ダブリン出身の有名人たちの銅像を巡ったり、「ユリシーズ」に登場するダブリンのある一日を追ったりして過ごすのを楽しみに訪れているのです。多くの文学者を生み出したダブリンならではの過ごし方でしょう。

また、聖書の装飾写本として世界的に有名な「ケルズの書」が保管展示されていることで知られる「トリニティカレッジ」は、ダブリンでもっとも有名な観光スポットです。

敷地の周囲を囲むように建物が立ち並んでいるため、外から見ると味気ないようですが、中に入ると緑が多く、鐘楼や歴史ある建造物も見ることができます。時間の余裕があれば、カレッジの学生によるトリニティガイドツアーに参加すると楽しいでしょう。

壮麗な「クライストチャーチ大聖堂」や「聖パトリック大聖堂」も一見価値があります。

昼間は文豪たちゆかりのカフェを巡り、夜にはパブクロールを楽しむこともお忘れなく。

▼ダブリンの周辺にある美味しいレストランや食生活

dublin6

海の幸に恵まれていることもあり、ダブリンで軽い外食というと「フィッシュアンドチップス」が主流です。ファストフード的チェーン店も多い中、「キングフィッシャーレストラン」は、地元住民たちがおいしいと口を揃える専門店。大きな白身魚のフライにフレンチポテトとサラダというシンプルさですが、定番のタラを使ったものが12ユーロほど。

同じく郷土料理として「アイリッシュシチュー」が知られています。ラム肉とジャガイモを煮込んだ味は、好き嫌いが分かれそうです。また、学生たちのお腹を満たすサンドイッチなどの安くボリュームあるテイクアウトショップなら、食費を抑えることができます。

パブで飲むビールは1パイントが4ユーロ程度なので、時にはナイトライフを楽しめる程度の食費の余裕を持ちたいですね。

▼ダブリンの住まい(アパートメント、ゲストハウス等)

dublin7

留学生の受け入れに慣れている面があり、ホームステイ先は意外と多く簡単に見つかります。多くは2食込、光熱費も込なので、滞在費をかなり浮かすことができます。

アパートメントもハウスも物件数はありますが、高額なので一人暮らしの場合にはシェアしている例が非常に多くなります。シェアメイトを募集するサイトやタウン雑誌の広告、貼り紙などで情報を集めることができますが、必ず同居者との面接と住居の見学は行ってから決めたほうがいいでしょう。

ゲストハウスなどの安宿とよばれる宿泊施設もありますが、その料金は決して安いとはいえません。家探しをする間の短期間であればいいでしょうが、長期間の滞在には向いていないでしょう。

▼ダブリンのインターネット、ネットカフェ事情

dublin8

一般家庭でのホームステイであれば、インターネット回線はあると考えていいでしょう。留学の場合は学校の図書館や寮でも使用できます。

街でも、一部のカフェやレストランでフリーWi-Fiが増えています。さらに、「ダブりンフリーWi-Fi」というホットスポットが無料で提供され始めているため、今後はより便利になってくるでしょう。

▼ダブリンの年間天気、気候

dublin9

緯度が高いため、夏は涼しく過ごせます。その分冬の寒さが厳しいかというと、海流の影響から氷点下に下がる日はそれほどなく、凍えるような心配はないでしょう。

ただ、1日の天気が安定しない傾向にあり、カッパがわりになるジャケットや折り畳み傘を持ち歩く日が多くなります。

▼ダブリンの長期滞在まとめ

比較的安く、そして安全な環境で、正しい英語を学べる都市として人気のダブリン。若い日本人の滞在者も増えつつありますが、クラスメートはヨーロッパや南米、そして中国などからの留学生が多く、日本語離れしやすいのが特徴です。

90日以内のビザなし観光滞在であっても、短期間の語学コースがいろいろとあるので参加してから、学生ビザを取ってビジネスコースなどへと進み、就職先をゲットできれば就労ビザも夢ではありません。

ただし、物価が高めなので、予算のやりくりで疲弊してしまう可能性があります。最初はある程度の金銭面の余裕を持って訪れることが、ダブリンロングステイを楽しく有意義に過ごすコツでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  2. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

村人ブログ

旅が仕事YUUMA

PAGE TOP