「村人ブログ」共同生活だからこそ必要な当事者意識

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

僕の考えるビジネスの成功とは、自立(自らお金を生み出す)がイコールです。

誰かがやってくれるだろう、誰かか教えてくれるだろう、なんていう甘ちゃんな精神の持ち主は自立不可能!

誰かの指示を待っているような人も、まず無理!仕事は自分で生み出す、考える、楽しくする。(これ当たり前)

農園の仕事にも言えること、タカ君、いいとこに気づいているね~♪

タカ君が毎日積極的に動いていることはちゃんと知っているよ。

BY村長

どうも、タカです。
4月に入ってから10日間ほど晴れの日が続いたのですが、その天気も一転、ここ数日は雨や曇りの日が続く石垣島。
先月に海開きをしたとはいえ、天気がよくない日の朝晩はまだ少し肌寒さを感じます。

さて、今日のタイトルもかなりお堅いですね(笑)
どうも僕は、こういったマジメ系の内容のほうが好みのようです(笑)
でも、ブートキャンプ受講生として、ここで生活するうえで今日の内容は大切なことだと思うんですよ。

いまさら言うまでもありませんが、この農園では受講生数名が共同生活をしています。
テントが別々になってるとはいえ、キッチンやトイレなどはみんなで利用します。
ここで大事なのが、タイトルで書いた「当事者意識」。

どういうことかというと。
たとえば、キッチンのテントの骨組みが強風で折れてしまったとしましょう。
とりあえず雨は防げるので、そのまま放置しても、すぐに何か不都合があるという感じではなさそう。

でも、このとき、折れた様子を発見したにも関わらず、「誰かやってくれるだろう」とほっといちゃダメなんです。
なぜなら、「誰かがやってくれるだろう」なんて、みんな同じこと思ってますからね(笑)
結局誰も着手せず、テントの骨組みは折れたままほっとかれるのがオチです。
そうしてさらに状況が悪化し、「なんで誰もやらないんだ」と各々が心のなかでストレスを抱える悪循環。

大切なのは、「自分から」動くことなんです。
自分が本当に第一発見者なのかどうかなんて、この際どうでもいいんです。
骨組みが折れている様子を見た → (面倒だけど)直したほうがいいと思った → 自分で直す
という単純なこと。

ポイントは、この「面倒だけど」という言葉。
そう。誰だって、そんなことやるのは面倒なんですよ。
別に自分個人のテントなわけじゃないし、直そうとすればその分時間がとられるし。
お金がもらえるわけでもないし、誰かに感謝されるわけでもない。

でも、誰かがやらなくちゃいけない。だったら自分がやる。
自分のことだけでなく、全体のことを考えるひとりひとりの当事者意識が、より快適な共同生活を実現します。

「見て見ぬふりをせず、自ら主体的に働きかける」
共同生活を通して、こんな考え方(姿勢)が、少しずつではありますが、身についてきたように感じます。


最後に。この写真は、ここ数日の雨ですっかり大きく成長したバナナの苗です。
こいつも、日々の水やりをするなかで、「土よせしてあげたほうがいいかな」と気づいたら、人に頼るんじゃなくて自分から動くことが大事ってことですね。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  2. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  3. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  4. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  5. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  6. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  7. こんにちわリョウです(^^♪先日タイで誕生日を迎えました!なんとWeb講師からShigeと男2人…
  8. こんにちわリョウです(^^)前回の記事でお伝えした通り今回はヤンゴンのディスコ、EMPERORで…
  9. 写真はハートで撮るんだ! カメラでもなく、腕でもなく、被写体でもなく、一番に必要なのはハート。…

最近の人気記事

  1. はじめに「旅」は誰もがその規模や考え方は違っても体験しますが、「バックパッカー」、「世界一周…
  2. 木梨憲武。そのフルネームよりも「とんねるずのノリさん」として知られた時代が今はまだ記憶に鮮烈かもしれ…
  3. 南米には今人気急上昇中のウユニ塩湖や日本人の一番行きたい世界遺産のマチュピチュといった超人気…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP