千と千尋の神隠しの世界、九份を訪れて~九份の歩き方

IMG_2772

台北の中心から少し離れますが、一度は訪れてみたいノスタルジックな町、九份を訪れました。
映画「千と千尋の神隠し」の世界観が広がり、赤い提灯に彩られたどこか懐かしい町並みです。

 

九份とは?

九份の名前の由来:
その昔、九份には9世帯しか住んでおらず、道が通っていなかったため、生活物資は全て水路を使って運ばれていました。いつも“9世帯分”の物資を調達していたことに由来するそうです。

1890年に金脈が掘り当てられ、“アジアの金の都”と呼ばれるほど金を求めて人口が急増しました。やがてゴールドラッシュ熱が冷めると、街は廃れていきます。再び九份が注目を浴びたのは、ここを舞台とした映画「悲情都市」がベネチア国際映画祭でグランプリを受賞したからです。また、日本映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった場所でもあり、現在は人気観光スポットとして日本をはじめ多くの観光客が訪れます。

 

九份への行き方

九份への行き方は大きく分けて2つあります。
①電車+バス/タクシー 台北駅→瑞芳駅(1時間弱)、バス/タクシー(約20分)
②バス MRT忠孝復興駅近くのバス停から直通バス(約1時間半)

乗り換えなしで行ける直通バスが便利なので、バスで行きます。
IMG_2691
基隆客運バス・1062系統に乗車します。バスは10〜20分間隔で運行。行き先「台北-九份-金瓜石」を確認しましょう。運賃は95元、悠遊カードを利用すれば、90元に割引になります。

車内の様子です。
IMG_2694

帰りのバスは皆が一斉に帰るため、激混みで乗車が困難だとネット情報あったので、時間を気にせずゆっくり観光できるように一泊することにしました。乗車していれば九份老街まで直で行きますが、筆者は途中の瑞芳駅で下車し、今夜の滞在先の方がピックアップしてくれるのを待ちました。
IMG_2696

 

九份到着

暗くなる前の九份の様子。
IMG_2720
IMG_2718

 

PR広告

※投稿記事とは無関係です。

千と千尋の神隠しの世界観

ガイドブック等で見かける建物はこちら、阿妹茶酒館です。IMG_2772

阿妹茶酒館は、階段の道、豎崎路の真ん中あたりにあります。人、人、人で大混雑しているのが写真でも分かります。階段が続くので写真撮影に夢中にならず、足元にも注意を払って下さいね。
IMG_2728

こちらは基山街にあるお店の様子です。赤提灯がノスタルジックな雰囲気です。
IMG_2738

 

食べ歩き

せっかくなので食べ歩いてみましょう。
強烈な匂いを放つことで有名な台湾名物臭豆腐、こちらは揚げタイプです。食べる前に揚げることで悪臭が除かれそうです。甘酸っぱいキャベツの酢漬けと一緒に食べるのが一般的。35元。
IMG_2736

エリンギの唐揚げです。50元。
IMG_2717

アイスクリームにピーナッツ粉まぶして包んだクレープです。パクチーを乗せるかどうかも聞かれるので、苦手な方はNOと申告してください。40元。ちなみに筆者お勧めの一品です。
IMG_2716

 

九份観光の注意

とにかく混雑しています。日本の花火大会状態に人がいるので、歩くだけで行列になっていたりします。
あまりトイレがないので、着いたら入口付近にある公衆トイレを利用しましょう。
赤提灯の幻想的なイメージが先行していて、夜が賑わう印象を持っている方が多いと思いますが(筆者もそう思っていました)、九份の夜は意外と早いです。19時頃から閉店しはじめ、20時には殆どのお店がシャッターを閉めていました。そのため、九份を満喫するには夕方には到着していた方がよいと思います。

 

まとめ

台北から1時間半、バスにさえ乗っていれば辿りつけるので、是非足を延ばして九份のもつノスタルジックな雰囲気を感じてみてはいかがでしょう。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  2. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  3. 私たちは、家族3人+犬二匹でバンライフをしています。日本で家は持たず、旅をしながらこの「車のおうち」…
  4. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  5. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  6. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  7. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  8. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  9. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…

pickup 情報

  1. このコンテンツは、2010年2月に名古屋国際センターで開催された講演内容を編集した文書です。コロナが…
  2. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…
  3. はじめにタイの正月「ソンクラーン」は水でお祝いします。ソンクラーンは、大量の水をこれ…
PAGE TOP