南紀串本リゾート大島にキャンピングカー泊したよ!この場所での遊び方や周辺の見所

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ワイルドなキャンプを楽しむ人もいれば、設備がばっちり整ったキャンプを好む人もいます。景観や周辺観光が第一目的の人もいるでしょう。また、キャンプに向かう仲間次第、その時の気分次第で、キャンプ場に求めるものが変わることもありますね。

今回ご紹介する南紀串本リゾート大島は、本州最南端の海辺という環境抜群の立地をいかし、安心充実設備、さらに親切なスタッフというおすすめポイントが多く、人気もリピート率も高いキャンプ場です。

https://resortohshima.com/

南紀串本リゾート大島での飲食

南紀串本リゾート大島では、調理コーナーを使ったり、持ち込み器具を使ってのあらゆる持ち込みによる飲食に加えて、現地でのレンタルや購入なども可能。

「手ぶらキャンプ」というパッケージがあり、テントや寝袋、ランタンなどの居住関連グッズに加えて、夕飯用のBBQコンロと食材、そして朝食用のホットサンド手作りセットまでがセットになっているプランもあります。まだ道具は揃えていないけど、キャンプを体験してみたい人や、急に思い立って準備を整えている暇がない時などには重宝する上、失敗のないありがたいプランです。

また、敷地内にレストランがあり、軽食や喫茶レベルにはなりますが、食事が可能。朝のモーニングプレートは予約制ですが、人気を集めています。

・釣公園レストラン

リゾートと同じ島内となると、食事処は限られてきます。「釣公園レストラン」は、もっとも近い位置にある定食屋さん。地元の魚介を使った天丼や天ぷら定食が人気です。季節によっては伊勢海老なども賞味できます。食材は新鮮かつ豪華ですが、お値段はお手頃。キャンプ中のカジュアルな格好で気楽に入店してもちろんお味は絶品といいことづくめです。

・びっくり・伊勢海老

少し距離は離れますが、こちらも島内。なんといっても 新鮮な伊勢海老を堪能できるのがこの店の売り。伊勢海老漁師がその自宅で営業している漁師料理の店で、伊勢海老丸ごと一尾使った酒蒸しが人気です。価格は時価でグラム単位。都会の料亭ではお目にかかれないほど立派な伊勢海老をびっくりするほど安く食べられます

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

・香蔵 てんません 料理茶屋志迦哥シカゴ

魚介を中心とした地元の食材はもちろん、一般的なメニューを押さえてくれる安心居酒屋。どれも島の外、串本駅方面ですが、車ならすぐの距離。そして、早じまいの店が多い中、居酒屋だけあって遅い時間まで営業していてくれる点もありがたいですね。地元の人に「安く食べて飲める場所は?」と尋ねるとすすめてくれるのがこの3店です。

南紀串本リゾート大島での遊び

南紀串本リゾート大島の良いところは、リゾートと名をうっているだけあり、リゾート内でしっかりと遊べるところ。

・カヤックやSUP、ダイビングといったマリンスポーツ体験

カヤックは冬を除いたスリーシーズン対応。20分ほどのレクシャーを終えれば、海へと漕ぎ出すことができます。ツアーは、90分程度の橋杭岩までのものと、1日がかりの無人島まで漕いでいきそこで洞窟探検までするというものがあり、どちらも子どもも犬も参加が可能です。まるで異国の南の島へ来たような珍しい景色を堪能し、貴重な体験ができます。

・無人島1日クルーズ

二人乗りとはいえ、カヤックで大海原はちょっと怖い…という人には、ガイド付きの船で行く無人島クルーズがおすすめ。この無人島は海賊伝説が残り、いわくありげな洞窟がアクセントになっています。洞窟内は這うようにして侵入する部分もあり冒険心をくすぐられます。カヤックツアーと上陸地点や観光スポットが同じなので、移動手段は別でも現地集合が可能なのも家族連れなどには嬉しいところです。

無人島クルーズは、現地でのランチ(BBQも可)、スノーケルセット、洞窟探検グッズなどが含まれています。

・ホエールウォッチング

こちらも冬を除いたスリーシーズン対応のツアーです。ライフジャケットはもちろん、トイレ付の船で沖へ出て、シャチを含めたクジラやイルカたちに出会えます。特に大型のクジラたちとの遭遇率が高く、沖縄や小笠原諸島を除き、本州としてはホエールウォッチング聖地といわれるほど。それもそのはず、このエリアは本州最南端に位置し、黒潮がすぐそこを流れているのです。

・手作りトルコランプ

リゾート大島の管理棟などにたくさん置かれているランプ。どれも手作りのトルコランプです。原則予約制ですが、空きがあれば事前申し込みなしで体験でき、午後1時半開始が最終となります。

シンプルなキャンドルホルダーもあれば、本格的なトルコランプ(大きさいろいろ)もあり、好きなものを購入し、そこにトルコタイルやガラス、ビーズを貼り付けていきます。

隙間なく貼り付けていきますが、オリジナルでもいいし展示品の中から気に入ったものを選んでコピーしてもいいでしょう。小さなものは1時間程度で、大きなランプになると5時間ほどかかります。悪天候時にじっくりと取り組むのによさそうです。

・天然プラネタリウム

リゾート大島の夜は早く、21時には減灯をすすめられ、22時には完全消灯です。夜は楽しく賑やかに! というタイプには向きませんが、夜だからこその楽しみを味わいたい人には絶好の場所となります。それが星。

海風にすべての汚れを取り払われてしまうのか、晴れた日の夜空の澄みは半端なく、肉眼でも大量の星を観察できます。テントから出て地面に敷いたシートにクッション一つ置いて寝転がれば、まさに天然のプラネタリウムです。

社会を捨て、手作りの「車のお家」で無期限の旅へ ~ 家族3人+犬2匹の物語

ハイエースキャンピングカー写真1

「廃材」を使った手作りの「車のお家」で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、スタートし、家族3人+犬二匹で「学び」の旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

南紀串本リゾート大島に泊まる

広々としたサイトでのオートキャンプが可能で、混んでいる時はサイト指定がありますが、空いている時はフリーサイトになります。もちろん、キャンピングカーもキャンピングトレーラーもOK。混雑時には予約時に入りやすいサイトの確認をお勧めしますが、かなり広々としているので、心配はないでしょう。

サイト区画は展望・炊事場・電源などのあるなしでも分けられていて、若干費用が変わってきます。人数に合わせてミニサイズやWサイズの区画を使うことも可能。料金設定が基本的に一人あたりで設定されているところが親切ですね。

テントキャンプ以外に、ログハウス泊、コテージ泊、バンガロー泊、ハンモックキャビン泊、トレーラーハウス泊、そしてグランピングまであり、これでもかと揃った選択肢がたまりません。ペット可物件だけでなく、大型犬多頭飼いに嬉しいドッグラン付きの施設もあります。

テントキャンプスタイル、グロッケやグランピングでは、手ぶらでOKのすべてコミコミパッケージもあり、初心者ファミリーも安心です。

南紀串本リゾート大島の安全性

防犯的な危険性はなく、貴重品管理さえしていれば問題ありません。夜は22時完全消灯でかなり暗く静かになります。安全のためというより、周囲の迷惑防止のためにも、それまでに用事は終わらせ、夜はゆっくりと寝て、朝を有効に使いましょう。

ただ、海がすぐそこで遮るものがない島という環境から、悪天候時にはその種の安全性が危ぶまれ、キャンプサイトが閉鎖されることもあります。バンガローなどの宿泊施設が空いていれば、そちらへと変更ができますが、それができない場合には島外のホテルなどへと移動することになります。

また、ただの雨降りであっても風の影響を受けやすい場所なので、テントやタープなどの設置が難しく、また芝サイトのぬかるみなど、快適キャンプは難しくなります。

南紀串本リゾート大島の立地とアクセス

太平洋に突き出た島であり、そのおかげで海はキレイ、もちろん景観も抜群。橋でのアクセスではありますが、駅からレンタカーなどでのアクセスも可能なので、立地・アクセスともに悪くありません。

ただし、前章にあるように、悪天候時は悪い方向の影響が大きくなるのが立地的な問題点。天気予報や現地情報には十分に注意を払いましょう。

西からも東からも高速を使ってくれば、最寄りインターチェンジから1時間以内。電車だとJR紀勢本線串本駅で下車し、車で15分。バス便もありますが、本数が少ないので要注意。30分の乗車プラス徒歩15分となります。

南紀串本リゾート大島の周辺観光

・串本と外国のつながりを知るミュージアム

串本といえばトルコ。なぜトルコか? 明治に起きたトルコ軍艦遭難事件で、地元住民たちが座礁した船の遭難者たちに温かく対応したことがきっかけで、日本とトルコの間に友好関係が成立しました。それを記念し、「トルコ記念館」が開設されました。遭難した船の模型、当時の遭難者と地元との触れ合いなどのほか、トルコから贈られた感謝の印などなどが展示されています。

実はそれよりもさらに前の江戸時代。アメリカからの船も串本に寄港していました。教科書にも載っていませんが、ペリーの来航よりも早く、日米修好のきっかけは串本にあったのです。これを記念して建てられた「日米修好記念館」は、江戸時代の港や街の様子をうかがえるジオラマなど、突然訪れたアメリカ船とそれを迎えた地元住民たちのやりとりが詳しく説明されています。

どちらも、意外にも串本が国際的だったことを教えてくれる貴重な資料がたっぷりで、歴史好きにはたまらない場所でしょう。

・九龍島

香港ではありません。大島沖にある無人島でジオパークサイトの一部になっています。海賊による宝物伝説、熊野水軍の根城として、また洞窟探検基地としてなど、小さな島ですが探検気分で楽しめます。島内だけでなく、周囲も奇岩や奇景が多く、シュノーケルやシーカヤックなどで出かけると、現実離れした不思議な時間を過ごせます。

洞窟探検は地元ガイドと一緒に向かったほうがいいでしょう。広く開放的なものよりも、狭くて暗い洞窟のほうが探検気分を味わえますが、単独では危険もあります。

・橋杭岩

同じくジオパークサイトの一部であり、串本を代表する観光スポット。海中ににょきにょきと列に並んだ岩柱、その並び加減が、橋の杭に似ていることからこの名前がついたそうです。確かに、海にかけられていた古い橋のなれの果て…といった雰囲気もありますが、青い海の上なので、古代遺跡か何かのモニュメントのようにも見えます。800m以上連なって並ぶ岩は、弘法大師と天邪鬼の伝説もある国の天然記念物。11月にはライトアップイベントもあり、普段から変わった景観ですが、さらに幻想的な雰囲気の中の奇岩鑑賞を楽しめます。

・樫野崎灯台

灯台は一部の熱狂的ファンにとっては聖地。それ以外の観光客にとっても、海と白い灯台のコントラストはやはり旅の風物詩として欠かせないアイテムです。明治に建てられた古い灯台で、内部は非公開。灯台外装部にある螺旋階段を上ることはでき、そこから青い海原を見下ろすことができます。また、敷地内の旧官舎は外装内部ともに補修されて、内部見学もできます。初春に訪れると周囲に咲く水仙の香りと海の潮の香りをダブルで体感できます。

https://resortohshima.com/

基本情報としての施設設備

①営業期間と時間と料金

通年営業ですが、天候によってはクローズもあります。サイトへのチェックインは14:00~17:00。チェックアウトはキャンプサイトが12:00、それ以外は10:00までとなっています。キャンプサイトは予約が埋まっていない場合、17:00まで1000円で延長が可能。

サイト使用料は、区画サイトが1人1800円から。シーズンによって価格がかわるほか、サイトあたりの定員が設定されて一律価格となる時期もあります。

電源・展望・炊事場付きなど条件によってプラス300円~/1人、小学生は割引があり1000円/1人、幼児は定員外扱いで無料です。車両は1サイト1台込み、Wサイズサイトでは2台込みとなります。

バンガローは(5名定員)1泊9000円~、コテージ(4~8名定員)は12000円~、ログハウス(12名定員)は24000円~となっています。トレーラーハウス(4名定員)は9000円~、人気のグランピング(4名定員)は2食付きで1泊26000円~となっています。

手ぶらプランは、日帰りだと3500円~/1人、グロッケ(6名定員)やテント(4名定員)泊は食事付きで33900円~。連泊割引があります。

ペット連れが可能なサイトや宿泊施設もありますが、ペット料金のほかペット定員もあります。

②駐車スペース

オートキャンプサイトは原則1サイト1台。Wサイトは2台となります。コテージなどは2、3台程度まで駐車スペースがありますが、それ以上は別料金対応で、受付棟近くの駐車場に停めることになります。

③トイレ

宿泊棟は問題なく、各戸に水洗トイレがあります。キャンプサイト用としては、敷地内に3カ所設置があり、炊事場とセットになっています。サイトによっては少し距離があるので、子連れなどの場合は、サイト予約時に相談しましょう。

④炊事

炊事棟が複数あり、お湯がでます。冬場にはありがたいサービスです。また、炊事場付きのサイトもあるので、がっつり料理をしたいという人には嬉しいですね。

サイトは芝であり、直火はもちろん禁止。脚付きのセットでの煮炊きを。また屋根付きのBBQ施設があり、レンタルグッズや販売食材なども十分にあるので、手ぶらが可能です。

https://resortohshima.com/

⑤シャワー・風呂

自慢の展望露天風呂があります。海を見下ろせるので、昼間の明るい時間に入るのがおすすめ。夜は真っ暗で海方面には何も見えなくなってしまいます。

鍵を借りて入るとオートロックになるシステムで、1回40分500円設定です。また、当日の8時から現地で、電話では10時から時間の予約も可能です。ただし、空いている日だけのサービスとなります。また、朝風呂予約を入れられる場合もあるので、サイト予約時に問い合わせてみましょう。基本は男女別ですが、予約貸し切り時には家族での使用も可能です。また、宿泊客以外も使用できます。

このほか、無料シャワールームもコイン式ランドリースペースもあります。コイン式ドライヤーの設置もあり。

宿泊施設でお風呂がついているのはログハウスだけ。それ以外はシャワーか露天風呂使用となります。

⑥電源

電源付きのサイトがあります。必要なら予約しましょう。また、携帯の充電スタンドが設置されているので、いざという時には安心です。

⑦ゴミの扱い

ゴミは、指定のゴミ袋を使用して分別し、敷地内のゴミステーションに捨てられます。

⑧売店など

朝食を含めた軽食を食べられる食堂があるほか、食材やキャンプ必要グッズの購入、レンタルができる売店があります。

食材の買い出しは車で15分程度のところにあるスーパーマーケットでできます。

⑨Wi-Fi

ありません。

⑩そのほか

コテージなど宿泊施設には原則として皿や食器などの備品はありません。持ち込むようにしましょう。

オートキャンプエリアは全面ペット可。ただし、1サイト3頭まで。宿泊棟はペット可とされているところのみ可です。放し飼いはドッグラン以外では不可。

花火は手持ちのみ21時までOK。音楽は原則禁止です。

まとめ

サイト運営者が自ら「天気」「昼間の露天風呂」、この2点が揃わないと満足感が下がるという趣旨の発言をしているキャンプ場です。すなわち、南紀串本リゾート大島の売りは天気が良い時の楽しさであり、昼間の露天風呂は逃してはいけないサービスということ。

また、大型キャンプ場で設備や管理が行き届いているだけあり、ルールもきっちりしています。消灯時間や音管理などを守れる人にとっては快適空間ですが、弾けて楽しみたいタイプにはおすすめできません。一方で、健康的に自然を楽しみ、早寝早起きが苦でないキャンパーにとっては天国! といっていいサイトです。

「南紀串本リゾート大島」
https://resortohshima.com/
和歌山県東牟婁郡串本町樫野1035‐6
0735-65-0840

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  2. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  3. パパのお気に入りの一枚♪「動物の開放」の絵本を書いています。その一枚。…
  4. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  5. 都会の人たちはやっぱり急いでる。だから、早々にヤンゴンを離れ、北上した。今まで7人で動いてい…
  6. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…
  7. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  8. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  9. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  10. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…

pickup 情報

  1. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  2. トマトに始まりトマトに終わる「トマティーナ」(La Tomatina)/スペイン・バレンシア…
  3. 海外では日々、色々なところでお祭りが開催されています。世界的にも有名なお祭りから、マイナーだ…
PAGE TOP