古代遺跡、ラテンアート、タコスを食べ尽くすメキシコシティの旅

中米最大級の都市、メキシコシティ。

カリブ海側のビーチリゾート地カンクンなども、ハネムーンの旅行先として人気の地であり、メキシコシティはその拠点都市となる。

日本人にとってメキシコは、「テキーラ」「サボテン」「西部劇」「タコス」、そんなイメージが多いが、多種多様の民族が入り混じったこの国には計り知れない魅力がたくさん詰まっている。

北アメリカと南アメリカ、そしてカリブ海のあたたかい文化が融合したメキシコシティの魅力を紹介したい。

31033_377044802410722_997689088_n

メキシコシティへの行き方

日本からメキシコシティへの直行便(約11時間)はアエロメヒコという航空会社。

アメリカ各都市や南米の主要都市からもアエロメヒコの直行便がある。

時間に余裕のある人、交通費を節約したい人は、アメリカ経由便が各航空会社から出ているし、北米・南米からであれば、長距離バスで陸路入国することも可能。

922895_377043952410807_1244207074_n

世界遺産テオティワカン

メキシコシティ最大の見どころは、世界遺産「テオティワカン」。

太陽、月の2つのピラミッドと“死者の大通り”と呼ばれる道を中心とした巨大遺跡で、まさに古代宗教都市がここにあったことを実感させられる設計になっている。

強烈な日差しの中、歩き回るには体力と水分補給が必要だが、ピラミッドの頂上から見る眺めは最高で、時間を忘れて古代都市にタイムスリップしたような気分になる。

行き方:

テルミナル・セントロ・デル・ノルテ(Terminal centro del Norte)駅前の北バスターミナルからテオティワカン行きのバスに乗り、1時間ほど。

バスターミナルも綺麗で、非常に分かりやすい。

61901_377043489077520_567972798_n

メキシコで本場のタコスを食べる!!

メキシコと言えば「タコス」。

街のいたるところにタコス屋台があり、味も形も店によって全然違う。

人気のお店にはいつもお客がついている。

本場のタコスはトウモロコシで作った薄い生地に、お好みの野菜やサルサソースをつけて自分好みの味にして食べる。

豊富な種類のチレや、トマト、グリーントマト、香草、タマネギ、レモン、アボカド、ナッツなどを組み合わせてサルサソースが作られるが、メキシコ料理はサルサで味が決まると言っても過言ではないようだ。

ぜひ、お気に入りのお店を見つけたい。

934944_377043529077516_1150547397_n

このサイトを運営している家族

貯金30万円、財産すべてをザックに詰め込み、7歳と9歳の娘たちを連れて地球放浪の旅に出たのが10年前。今になっても着地できず、旅は年々刺激と学びが増すばかり。

私たちの「超刺激的な旅ブログ」を読む👇
https://yuuma7.com/blog/

大麻など覚醒植物の研究と意識世界の旅

覚醒経験(かくせい)は人生に大きな学びを与えてくれるでしょう。「意識世界の旅」に出かけてみませんか?

草・意識世界の研究・ブレンドハーブ通販はコチラ👇
https://yuuma7.com/kusa/

歴史・アート・「メキシコのベネチア」を楽しむ

世界文化遺産に登録される歴史的中心地区セントロ・イストリコの中央には、ソカロと呼ばれる、世界最大の広場がある。

この広場を中心に、北側には大聖堂カテドラル、アステカ古代神殿のテンプルマヨール、東側には大統領府の国立宮殿(Palacio Nacional)があり、メキシコの政治・経済・芸術・文化の心臓部となっている。

 

街の至る所に、ラテンアメリカの文化が垣間見られるアートや雑貨が見られ、歩いていると五感が刺激される。

163932_377044012410801_937486788_n

また、メキシコシティの南端にあるソチミルコ(Xochimilco)地区は、かつてメキシコシティが水上都市だったころの名残で、世界文化遺産に登録されている。
トラヒネラという遊覧船に乗って、食事やマリアッチなど伝統音楽を楽しむことができる。

行き方:

地下鉄終点のソチミルコ(Xochimilco)駅下車徒歩10分ほどで、船着き場が見える。

550340_377044085744127_418031734_n

メキシコ人の識字率問題

メキシコの地下鉄はスペイン語が読めなくても非常に分かりやすい。

というのも、各駅にシンボルマークがついていて、駅名を忘れても〇〇のマークで降りると覚えておけば間違いないからだ。

なんのためにこのマークがあるのか不思議に思い、調べてみると、メキシコの識字率が低いことが理由とわかった。

若者の識字率は100%に近付いているようだが、出稼ぎのために田舎からシティへ出てきた人などは、学校へ通えないまま大人になり、字が読めない人、年をとってから学校へ通いはじめる人も多いそう。

差別や貧困、まだまだ社会的な問題を抱えてはいるが、教育は未来を変える。

だから、80歳から字の勉強をし始めても、決して遅いということはない。

社会と国民が協力しあって、少しずつ明るい未来を築いていける国となることを願う。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  2. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…
  3. 北上チームの僕らは、バガンを夜行列車で目指すも、3時間乗らずにうっかり途中下車。真っ暗闇のホ…
  4. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…
  5. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  6. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  7. 僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだくれて、牛とダンスした日。…
  8. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  9. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…

pickup 情報

  1. はじめに地球にぽっかりと口をあけた洞窟は、世界各地に驚くほどの数と規模で横たわっています。普…
  2. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…
  3. アフリカ大陸と言っても、モロッコやチュニジア、エジプトといった地中海に面したアラブ世界の北ア…
PAGE TOP