名前は知っているけどよく分らない、ブルネイってどんな国??

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ブルネイという国をご存知ですか?
名前は聞いたことがあるけど、何処にあるんだっけ?
お金持ちの国って言われているけど、何があるかいまいち分からない。今回はそんな未知の国、ブルネイの魅力を紹介します。
IMG_2443

まずは、基本情報から

ブルネイの正式名称はブルネイ・ダルサラーム国(Brunei Darussalam)。
ボルネオ島の一部で、周りをマレーシアに囲まれた小さな国です。面積は5,765km2、三重県と同じくらいです。ちなみに、ボルネオ島はブルネイ、マレーシア、インドネシアの3ヶ国で構成されています。

首都:バンダル・スリ・ブガワン(Bandar Seri Begawan)
人口:40.6万人(2013年)
言語:公用語はマレー語、英語はある程度通じる、一部中国語も使われている
日本との時差 -1時間
通貨:ブルネイドル、セント(B$)(B¢)ブルネイドルとシンガポールドルは等価と定められており、国内ではシンガポールドルも使える(コインは不可)
ビザ:14日以内の観光は不要
※イスラム教が国教のためお酒が一切売っていない。非イスラム教徒の旅行者は、1人につき酒類2本(2リットル)まで、および350mlのビール12缶まで持ち込みが可能。ただし税関に申告が必要。

日本からのアクセス

日本からブルネイへの直行便はなく、香港、シンガポール、バンコク、マニラ等を経由して行くことになります。ロイヤルブルネイ航空が運航しています。著者のオススメはマニラ経由。マニラからはロイヤルブルネイの他、セブパシフィック航空の直行便が出ています。東京からマニラまでが4.5時間~5時間、マニラからブルネイが2時間10分程です。

 

続いて、観光情報

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

①オマール・アリ・サイフディン・モスク、通称オールドモスク

P1060107
ブルネイといえばモスクを思い浮かべる方も多いのではガイドブックの表紙に登場するブルネイを象徴するモスクです。
大理石はイタリア、カーペットはアラビアやベルギー、英国製のステンドグラスなど世界中から最高級品を集め建てられました。ラグーンには16世紀の王室の御座船を模した石船が浮かんでいます。夜はライトアップされ、昼間とはまた違った印象を受けます。
年。

②ジャミヤシル・ハニサル・ボルキア・モスク、通称ニューモスク

現国王の即位25周年に合わせて造られました。敷地はかなり広く、5000人収容の礼拝堂があります。完成は1994年。
モスクに入る時は肌の露出に注意しましょう。オールドモスク、ニューモスクともに入口で黒のガウンを無料で借りられました。

③イスタナ・ヌルル・イマン(王宮)

IMG_2472
普段は中には入れませんが、年に1度、断食明けのお祭りハリラヤの2日目から3日間だけ一般開放されます。

④ロイヤル・レガリア博物館

IMG_2467
王家ゆかりの財宝を保存展示する博物館。王冠や刀、調度品、国王の即位パレードに使われた車など様々な品が展示されています。ブルネイ独立までの歴史も学べます。入場は無料。

⑤カンポン・アイール(水上集落)

P1060080
ブルネイの観光情報を調べるまでは、水上集落の存在を知らなかったのですが、ここを訪れなければブルネイは語れません。人口はおよそ30000人で、商店、学校、警察署、消防署、モスク、ガソリンスタンドなど何でもあります。集落内は木製の橋で繋がっており、近所への移動は徒歩。なお、集落へのアクセスはボートタクシーになります。

P1060090

水上集落を巡るツアーに参加をしました。(川沿いに停泊しているボートタクシーに交渉して集落内を走ってもらうこともできます。)ボートタクシーは猛スピードを出します。波で体がジャンプしたりするので、最初は少し怖いかもしれませんが、遊園地のアトラクション気分で段々やみつきになります。

最後に、

お金持ちの国ブルネイのイメージを裏切らない煌びやかなモスク、その一方での庶民生活の場である水上集落の生活感溢れる佇まい、ブルネイは2つの異なった魅力をもつ国です。東洋のベニスとも呼ばれる水上集落を抜けて川を下ると、手つかずの熱帯雨林が目の前に広がり、エコツーリズムを堪能することもできます。ブルネイのもつ2つの魅力を是非実際に訪れて体験してみてはいかがでしょう。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…
  2. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  3. 楽しかった~♪…
  4. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  5. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  6. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  7. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  8. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  9. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…

pickup 情報

  1. ヒッピーにとってのヒッピートレイルヒッピーたちは、「LOVE&PEACE」や精神的自…
  2. バックパッカーの旅は必ずしも1人でしなくてはいけないという決まりはないので、夫婦やカップルで…
  3. はじめに地球にぽっかりと口をあけた洞窟は、世界各地に驚くほどの数と規模で横たわっています。普…
PAGE TOP