回復の実感がないスペイン経済と若者の将来

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

010

情熱の国?スペイン

日本人にも人気の旅行先であるスペイン。特にスペインサッカーはもっとも人気のあるスポーツで、C.ロナウド率いるレアル・マドリードやメッシ、ネイマール、スアレスが所属するバルセロナを思い浮かべる人が多いと思います。
ほかにも有名な建築家アントニ・ガウディの建造物である世界遺産、サグラダ・ファミリアや闘牛など華やかなイメージのあるスペイン。
スペイン人の性格の特徴は、何といっても陽気で明るく非常にのんびりしています。
みんないつも楽観的かつオープンでどんな場面でも陽気にすごしています。
これはまさにスペイン人の性格を象徴するものですが、どんなささいな日常であっても暗くならず、明るく振る舞おうとします。
しかし、近年では経済状況が悪く若者の失業率が50%以上と問題になっています。
 009

混迷するスペイン経済

2015年のスペインのGDP(国内総生産)は1兆1997億ドルであり、世界第14位です。韓国やオーストラリアなどと同じか、やや下回る程度の経済規模であり、EU加盟国では5位です。

ヨーロッパ諸国の中でもスペインの経済状況は不安定だと言われています。スペイン人の労働時間はEU内で第1位である一方、月収の手取り額調査によると、約50%のスペイン人の給与が1,000ユーロ(約11万円)にも満たないと非常に厳しい現実になっていて、経済が労働者に還元されない状態になっています。

倒産が相次ぎ生き残った企業も大規模な解雇を実施しました。失業者となった国民は、債権回収として銀行から家屋を没収されて家すら失い、街中に職も家も無いホームレスが溢れ返る状態となりました。
現在、若年失業率は50%を超えており、先進国全体の平均の3倍以上に上っています。
スペイン国民の97%が経済状況はまだ「悪い」とみていることが明らかになりました。

 

2014年、ベーシックインカム(最低限所得保障)を政治主張に掲げる政治団体ポデモスが結党され、国民党に次ぐ2番目の党員数を集めるなど急速に支持を拡大し対策を行っています。

007

注目の政党・ポデモス

ポデモスは2014年1月にできたばかりの新しい政党で、同年5月の欧州議会選挙でスペイン第4の政党に、支持率は一時与党を抜いてトップに立ち、昨年末の総選挙では定数350議席のうち69議席を獲得し、第3党にまでなっている注目の政党です。
スペイン語で「我々にはできる」という意味で、政策決定の段階から市民に参加してもらう従来の政治手法とは異なる形を実現しようとしています。
ポデモスの党首パブロ・イグレシアス氏は、まずはマニフェストに一般市民からの意見を取り入れることで期待を集め、また国民が汚職に大きな関心があることから、長髪、白いシャツにジーパンというスタイルで古い政治家とは違った爽やかな印象をつくってい注目を集めています。
「ポデモスは若者に人気」と言われるわりには、実は集会に集まっているのは労働者風の中高年が多いが多いのです。会場整理にあたっているボランティアは若者ばかりですが、支持する年齢層は幅広いのです。
現政権に最も不満を抱えている若者、低賃金層からの支持を集めるため、ポデモスは政治資金をクラウドファンディングで集め、誰もが参加できる集会を開き、そこで出た意見をマニフェストに反映させています。他の政党とは違い、市民との距離を近くに感じることができるのがポデモスの強みと言えます。

008
15-M(キンセ・デ・エメ)

2011年10月15日、世界82カ国1000もの都市で「世界を変えよう」という大衆運動が行われましたが、この「街頭占拠」運動の出発点は同年5月15日のスペインの首都マドリードのプエルタ・デル・ソル広場でした。

統一地方選挙の1週間前、5月15日、こんな情けない政治家しか生み出さない選挙制度に対して「拒否!」を叫び、マドリード中央にある市のシンボル、プエルタ・デル・ソル広場にあらゆる年代の人々数千人が集まって広場を占拠しました。

マドリードばかりではありません。

この危機に直面する人々の間で飛び交うツイッターやフェイスブックなどの手段で連絡を取り合い、バルセロナ、バレンシア、セビーリャなどの大都市で、続々と人々が集まり始めたのです。

もう誰にもそれを止めることはできませんでした。

プエルタ・デル・ソル広場での反乱は、銀行の店内で突然フラメンコを踊りだす男女数十名の不思議な集団が現れました。

「バンケーロ、バンケーロ、バンケーロ! お前は財布を握る。俺にはカネが無い。…」
バンケーロ(銀行員)を揶揄する軽快な歌にあわせ、数分間、銀行を占拠しました。

マドリードから始まったIndignados(怒れる者たち)のデモ活動はどんどん広がり、やがて海を越えてニューヨークでもOccupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ)運動が生まれたというわけなのです。

 008

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

まとめとして

今後、スペインだけでなく、ヨーロッパ全体で失業率が高くなると予測されています。

その解決策は、職業訓練システムの改善や企業が積極的に若者を支援し能力を身につけさせることではないでしょうか。

他国の政策を真似をするだけでは上手くいきませんが、自国のルールや伝統を守っていても何の解決にもなりません。

それぞれが自国に合ったシステムを作りあげていき、将来を担う若者たちを育てていくことが経済回復に繋がるのではないでしょうか。

そうしなければ、スペインもギリシャのように経済破綻の危機を迎えることになるかもしれません。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  2. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…
  4. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  5. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  6. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  7. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  8. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  9. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  10. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

pickup 情報

  1. 北アメリカ大陸は大雑把に分けて4つに分かれます。カナダ、アメリカ、メキシコ、カリブ海諸国です…
  2. はじめに世界中の、目を見張り心に焼きつく景色。写真に残していつまでも色あせない思い出にしたい…
  3. 世界中のバックパッカーが集まるインド世界中からバックパッカーが集まる国といえばインドです。イ…
PAGE TOP