国産キャンピングカーと輸入車を乗り比べてみました。メリット&デメリット

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

輸入車をマイカーの選択肢とすることに、「特別」とか「お金持ち」という色眼鏡が存在した時代は終わりました。国産に負けないくらいお手頃価格で手に入れやすく、メンテナンスもしやすく、日本仕様に乗りやすくアレンジされた輸入車が街には大量にあふれています。

ここで注目すべきは、車の中でも特殊車両の仲間であるキャンピングカー。その本場は外国であり、圧倒的なアドバンテージがあります。でも、日本車の信用度や安心の性能、そして痒いところに手が届く感がプラスされつつある国産キャンピングカーにも捨てがたいものがあります。

さて、キャンピングカーをいざ買うとなったら、国産車を選ぶべきか、はたまた輸入車を選ぶべきか。それぞれの特徴やメリット・デメリットをみていきましょう。

昨今の日本のキャンピングカー市場

キャンプ人口が増え、キャンピングカーの需要もまた増えてきていることから、自動車メーカー、自動車加工メーカーによるキャンピングカー開発に力が入っています。

日本人のこと、日本の道のこと、日本のキャンプ事情なら、日本のメーカーのほうが分かっている! という自負と、生真面目な研究成果がつぎ込まれたラインナップには、なかなか魅力的なものがあるのは確かです。

我々の好みをよく知っているメーカーたちが工夫を凝らしたキャンピングカーだけあって、使い勝手がよく、新車購入の市場では、国産キャンピングカーが外国勢を押さえているといわれています。特に、セカンドカーとして最近人気の軽キャンパーやコンパクトキャンピングカーは日本独自のスタイルといっていいものです。

キャンピングカーを扱う日本の関連メーカーたちは、輸入キャンピングカーとは販売層・購入層が異なる部分が大きいと考えていて、輸入キャンピングカーを自分たちの市場を脅かす圧倒的な敵とまでは認識していないように感じられます。ある意味、住み分け状態が現状でしょう。

日本における過去の輸入キャンピングカー

日本にキャンピングカー文化がほとんど存在しなかったほんの数十年前まで、キャンピングカーといえば、専門知識と技術のある人による自作車か、輸入車と相場が決まっていました。

今ではほとんど見かけませんが、当時の輸入キャンピングカーは、左ハンドルであることがもっとも特徴的であり、スピードメーターがマイル表示、燃料が軽油とLPガスといった、慣れるまでは少し大変だったり面倒だったりすることや、補給に苦労することといった問題があり、非常に便利とはいいがたい乗り物でした。

そして、輸入車そのものが少ないということは、輸入車を扱うメーカーもその修理ができる工場も、日本国内には極端に少なかったという現実がありました。

小さな部品が壊れただけでも、国内では正規の交換備品はもちろん、代替部品も見つからず、輸入元の在外メーカーから取り寄せることになって、大金がかかるし時間もかかるという例が少なくなかったのです。

当然中古車市場に出回る台数が少なく、状態の良し悪しにかかわらず高価でした。新車や状態の良いものが欲しいと思えば、輸入するしかありません。日本に常設ルートのない製品の輸入。想像するだけでも、面倒であり時間がかかり、当然お金がかかることが分かると思います。

このように、キャンピングカーは輸入車が多く、おまけに手に入れにくいものであったのです。キャンピングカー文化がなかなか浸透することなく、花開くのに時間がかかったのにも納得ですね。

日本における過去の国産キャンピングカー

前項でチラっとでた自作のキャンピングカーですが、当時、タウンエースやハイエースなど、またはマイクロバスなどを使った改造が一部で行われましたが、車内に快適な環境を作り出せるだけの技術を持つ人は多くありませんでした。そして、キャンピングカーのための家具や電化製品、予備電源なども市場にほとんど出回っていませんでした。

実際の自作車内は、寝床として木枠を入れて板を乗せてマットレスを敷き、くつろぎ空間のソファは後部座席をそのまま転用し、折り畳みのテーブルを持ち込みます。キッチンには、カセットコンロ、水回りにはポリタンクの水とバケツやタライ。冷暖房は高嶺の花。必要最小限は抑えているかもしれませんが、優雅でもなければ使い勝手も良くありませんね。

あの頃は、今ならフルフラットタイプのシートを選べば、一般車を使って、ホームセンターやネットで簡単に揃えられるようなレベルのなんちゃってキャンピングカーを作るのが精いっぱいだったのです。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

現在の輸入キャンピングカー事情

ヨーロッパでは、国境を跨いで広大な範囲をキャンピングカーで移動する旅や、近場であっても我が家の一室をそのまま乗り物にしてお出かけしていく感覚がとても身近にあります。アメリカにも、旅のスタイルというよりは、生活の場としてのキャンピングカー文化があります。

そんな温床で育ったキャンピングカーが、徐々に膨らみはじめた日本の市場に狙いを向けて売り込みをかけてきています。

快適だけど大型、充実設備だけどメンテが大変、馬力はあるけど燃費が悪いといった、メリットとデメリットの抱き合わせが、輸入車の特徴でもありましたが、それが今はずいぶんと改善されています。そう、デメリットが抑えられてメリットが目を引くようになっているのです。

各メーカーとも、超小型タイプこそないものの、現地で実績と定評のある中型から大型タイプのキャンピングカーを、さらに日本と日本人仕様にいじっての投入です。

一般輸入車全体の価格が下がり、国産車との差が縮まっている事実は、キャンピングカーの価格にも影響しています。新車で買えば家より高いといわれた欧米製の高性能キャンピングカーが、日本の最新キャンピングカーに少しプラスした程度の価格で手に入るようになっているのです。

輸入車を扱う業者が増えていることも追い風となり、キャンピングカー市場における輸入車の割合はかなり大きくなってきています。

現在の国産キャンピングカー事情

迎え撃つ国産キャンピングカーも負けてはいません。どちらかというと大型で優雅な内装設備をウリとする輸入キャンピングカーに対し、国産キャンピングカーは、小型や中型サイズを中心に、その設備も「必要性」で絞り込み、さらに小型化や折り畳み、ポップアップなどの工夫によって、狭いながらも心地よい空間を作ることに成功しています。

根強くある「国産」に対する安全性神話や信頼、代理店ではなく正規メーカーによるメンテナンスなどのアフターサービス、消耗品の交換費用や修理費用の安さといったメリットは、輸入車に対抗する強力な武器となっています。

日本の暑くて寒くて湿っぽいという気候にも合わせた作り、道幅が狭く駐車スペースも狭く、アップダウンが激しいという道路状況を走りやすい性能など、買い手と乗り手の心をくすぐるポイントをきっちりと押さえてくるのも国産車です。

輸入キャンピングカーのメリット・デメリット

メリット

・とにかくフル装備

日本と違って欧米の田舎にはコンビニも道の駅も何にもありません。そのため、キャンピングカー内に生活のために必要な最低限度のインフラが揃っていないと困ってしまうのです。日本なら、銭湯や温泉に行けばいいとシャワーを削れても、欧米では必須アイテムです。冷蔵庫付きのキッチンとトイレも欠かせないのです。「原則としてフル装備」が当たり前なので、装備について迷う余地はありません。

・居住空間の快適さ

食事のできる場所があればいい、寝られればいいという感覚ではありません。自宅よりは狭いけれど、十分に寛げてゆったりと過ごせるだけのスペースと設備が標準装備されています。外国車の場合、ほとんどのキャンピングカーが運転席から居室エリアまでフルフラット。ふかふかソファに広々ベッドが必ずあり、それとは別にダイニングキッチンエリアがある場合も少なくありません。

・断熱防音しつつ明るい車内

日本よりも寒冷なエリアに対応できるよう、断熱対策はきっちりと施されています。主に暖房効率を上げるためですが、日本においてはそれが冷房効率を上げる役割も果たしてくれます。壁や窓ガラスが厚いため防音もばっちり。内外の音をしっかりとシャットアウトし快適に過ごせます。また、日本の感覚だと、断熱や防音効果を上げると窓が小さくなって暗い密室化しそうですが、欧米仕様はとにかく明るいのが特徴。ダブルサッシなどがはめられていて、天窓もあり、自然採光も十分です。

・デザイン性が高い

質実剛健ではなく、スタイリッシュな雰囲気を醸し出すキャンピングカー。それが欧米仕様です。車のデザイナーではなく、修理工場のおじさんでもなく、インテリアデザイナーによるデザインが採用されるなど、特に女性たちに喜ばれるような、オシャレで使いやすいデザインのキャンピングカーがたくさん生まれています。

・実は低燃費で丈夫で安全

クリーンディーゼルを使用している車両が多く、燃費はかなり低く抑えられます。もちろん、走って移動する車両としての性能にも問題ありません。特にヨーロッパ仕様のキャンピングカーの安全性については、ドイツ車の頑丈さを思い出せば納得なはず。かなりのスピードで長距離を走る前提で作られている車です。

デメリット

・大型がほとんどで、日本にフィットしない

快適居住空間を作り出すためには、それだけの車長が必要になります。そう、とにかく大きく長いのです。どうしても、車の扱いが難しくなり、駐車場問題も発生します。日本の事情にフィットしないことも多いのです。

・費用が高くなる

輸入車の価格が下がってきているとはいえ、同レベルの国産車と比較するとお高いのは仕方のないこと。購入する時点でまず高価であり、さらには、ちょっとした修理や消耗品交換なども、ストックが薄く値段も高め、取り扱える店も人も少ないため、とにかく費用は余分にかかってしまいます。

・運転できない?

とにかく大型すぎることから、運転技術的な問題が発生します。さらには、普通免許では運転できないサイズの可能性も。購入前にはその辺りのチェックが欠かせません。

国産キャンピングカーのメリット・デメリット

メリット

・お手頃サイズ

日本人が扱い、日本を走るにあたって、ちょうどいいお手頃なサイズ展開が特徴です。欧米人からするとおもちゃに見えるという軽自動車サイズもあれば、それなりにゆったりと過ごせるバンコンやキャブコンもあります。どれも、平地の駐車場や一般道路に合わせたサイズなので、取り扱いに不安がありません。

・工夫がいっぱいのレイアウト

狭いながらも賢い我が車といった感じに仕上がっているのが、国産のキャンピングカーたち。外からみると小ぶりなボディですが、内側にはベッド・ソファ・キッチン・トイレシャワーまでもが組み込まれています。折りたたんだり、上に飛び出したり重ねたりと、日本らしい工夫を凝らしたレイアウトが素晴らしい。ただこれ、欧米人からみるとびっくりの忍者屋敷レベルだそうです。

・オプションの幅が広い

欧米ではフル装備がほとんどなので、オプションとなると、それぞれの装備のランクを上げたり下げたりが中心になります。日本の場合は、シャワーはいらない。トイレもいらない。その代わり音響をしっかりつけてほしいといった、切り貼りが可能なのです。これは、各オーナーの使い勝手を考えるとありがたいメリットですね。

・サービス体制が万全

何しろ、国産。メーカーもビルダーもディーラーも、すべて国内にサービス体制をしっかりと整えています。ベースカーも国産なので、部品を手に入れるのに苦労することもなければ、修理工場に断られることもありません。たとえ、旅先でトラブルにあっても対応が可能。これは安心です。

・費用を抑えられる

車体が小さければ、そして装備や設備を厳選することで、余分な費用を削ることが可能になります。また、国産車がベースであるため、内装を中心にDIY的にオーナーが自力でいじれる部分もあり、器用な人や多少の技術のある人なら、その分の費用も抑えられます。

デメリット

・デザイン性

欧米仕様に負けてしまいます。どうしても、コンパクトに収めることに力が入り、ラグジュアリーなデザインは入り込む隙がありません。

・乗り心地と走行性能

欧米仕様のキャンピングカーは、専用の車両をベースにしています。ロングボディで長時間走ることを念頭にいれた車づくりが最初からされているのです。対して国産のキャンピングカーはベースにはすでにある一般車両を転用します。そこに居住空間を乗せたり嵌めたりしているわけです。どうしても、揺れや振動などからくる乗り心地の悪さが生まれてしまいます。ただそれも、高級な輸入車と比べて初めて気づくデメリットではありますが。

・快適さは…

狭くて暗い。軽自動車やコンパクトカー、商用車などをベースカーにしていると、暑くて寒いのが国産キャンピングカー。自宅のリビング感覚で、もうこのまま住める! という、欧米のキャンピングカーと比較してしまうと、この快適さはどうにもならないデメリットです。

まとめとして

潤沢な予算と運転技術、駐車スペースがあれば、輸入キャンピングカーは快適でラグジュアリーな空間として、キャンピングカー生活の質をかなり高く上げてくれます。数カ月以上の長い旅をする、またはキャンピングカー暮らしをするなら、こちらを選びたいところです。

ただ、ほとんどの日本人にとって、キャンピングカーは一時的な遊びの場所です。週末などに時々使うセカンドカー感覚であり、それほどの予算をかけたくない、大型車の扱いは怖い、駐車スペースを取りにくい、それらのうち一つでもあてはまるのなら、国産車が無難な選択肢となりそうです。

一つ期待するとすれば、今後海外のキャンピングカーメーカーたちによる日本市場への売り込みにより熱がこもれば、日本と日本人にやさしい仕様の、中型サイズなのに快適ゴージャスなキャンピングカーが登場するかもしれません。その時にはあっという間に市場はひっくり返るかも。それくらい、欧米仕様のキャンピングカーの価値は高いのです。ただ、現状日本に合わないというだけ。

近い未来にそんな日が来るといいのですが。その日を楽しみに、今はショールームや展示会で憧れの大型輸入キャンピングカーをじっくりと観察しておくこととしましょう。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  2. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  4. 沖縄本島ショート旅。期間は短くても、内容の濃い二週間でした。楽しかった~…
  5. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  6. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  7. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  8. 子供を連れて旅をしていると、よく聞かれるんです。学校はどうすんの?って。必要無いと思…
  9. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  10. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…

最近の人気記事

  1. 怖いもの見たさで行ってみたい危険極まりない場所世の中には、これほど危険なのに存在させておいて…
  2. フリーダム&エクスタシーパワーが充満する世界最強フェス「グラストンベリー・フェスティバル」(Glas…
  3. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
PAGE TOP