夢見る海外フルマラソン初体験!ホノルルマラソンに参加

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ho0

ランナーなら誰もが夢見る海外フルマラソン初体験に「ホノルルマラソン」(Honolulu Marathon)/アメリカ・ハワイ

ジョギング愛好家も週末ランナーも、走ることが楽しくなってきた頃に最初の目標や夢に掲げるのが「ホノルルマラソン出場」です。

ハワイという日本人の肌に合う海外でマラソンをするという二重の喜びに興奮し、一念発起し、実現しているランナーは少なくありません。

走り始めたばかりのビギナーから本気も本気のフルマラソンランナーまで、門戸の広いホノルルマラソンの参加方法や観戦の楽しみ方についてまとめてみました。

ho1

ホノルルマラソンの特徴

長年にわたって日本航空が協賛していることから想像できるように、「日本人のためのマラソン大会」といっても過言ではありません。何しろ、正式名称も「JALホノルルマラソン」なのです。JAL主催のホノルルマラソン参加・観戦ツアーは毎年満員御礼となっています。

そんなホノルルマラソンですが、アマチュアばかりがのんびり走るのかというと、そうでもありません。世界記録こそ出ないものの、男性が2時間11分、女性が2時間30分程度と、世界レベルの実績を持ちます。ハワイの高温と強風の中でのタイムとしては、なかなかの成績と考えることができます。

世界レベルのマラソン大会であるにも関わらず、出場資格の優しさにも定評があるのもホノルルマラソンの特徴です。

まず、参加者に足きりは行われません。参加条件はただ一つ。「大会当日に健康な満7歳以上であること」だけ。何時間かかってもかまいません。フルマラソンだけでなく、10kmウォークや車いすレースが設定されているのも、ホノルルマラソンの特徴といえるでしょう。

ho2

ホノルルマラソンの開催会場・開催日

ハワイ・ホノルルのアラモアナ公園をスタート地点とし、ダウンタウンを流した後、アラモアナを再び通ってワイキキのカピオラニ通り、ダイアモンドヘッド、ワイアラエ・ビーチ、カラニアナオレ、ハイウェイ、ハワイ・カイまで行ったら折り返しです。終点はカピオラニ公園。距離はもちろん42.195km。

開催されるのは、12月の第2日曜日。時間は、暑くも暗くもない時間に走り始めて走り終わることを前提として、午前5時スタートと早めです。それでも、最初から歩け歩け大会のつもりでスタートすると、ゴールにたどり着くのは8時間以上後。午後の灼熱の日射しを浴びることになります。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

ホノルルマラソンの歴史

1973年が第1回大会でしたが、参加者はたったの167人。それも地元ランナーだけでした。最初の10年の間に参加者は10000人、その内日本人が1000人以上を占めるようになりました。そして現在は、参加者は30000人、日本人はその半数近い13000人程度にまで増加しています。

ただ、日本人の優勝者は過去に女性が2人だけ。近年は上位をほとんどケニア勢が埋めている状況です。

ho4

ホノルルマラソンのパレード

あらためてパレードの設定はありませんが、特にスタート地点近くでは道を埋め尽くすほどのランナーたちが思い思いのスピードや走り方、服装で通り過ぎていきます。

ただ走っていくだけでなく、徹底して歩く人もいれば、後ろ向きに走っている変わった人もいます。

一般的な短パンとランニング姿もいれば、ビキニ姿や海パン姿もあり、さらには、人気のアニメキャラなどに仮装しているランナーもいるので、沿道での応援はそのままパレードのような趣きも持っています。

ho5

ホノルルマラソンのイベント

大会前日夜は、ツアーや団体などの参加者たちによる壮行会があちこちで行われます。その様子が不思議。キグルミマスコットが登場して、みんなでストレッチをしていたり、早くも宴会モードだったり、やっぱり普通のマラソン大会とは違った空気が流れています。

また、大会前の水曜から土曜までの4日間は「ホノルルマラソン・エキスポ」と題したイベントがハワイ・コンベンション・センターで開催されます。

スポンサーたちのブースやスポーツ用品を販売するブースなど、ホノルルマラソン参加のコツやポイントを教授してくれるブース、ストレッチやマッサージなどの講習も開かれます。

でもなによりの楽しみは、金曜の夜にワイキキ・シェルで開かれる「ホノルルマラソン・ルアウ」でしょう。金曜の夜に行われる有料のイベントですが、参加ランナーたちだけでなく、ホノルルっ子たちも楽しみにしているのが、ここで提供されるビュッフェです。

マラソンに必要なのはカロリーと炭水化物というわけで、ひたすら炭水化物を摂取しまくるビュッフェ。会場のステージでは、地元の伝統音楽や舞踏のほか、ミュージシャンによるコンサートも行われていて、たらふく食べて飲みながらの前前夜祭となります。

ホノルルマラソンの食べ物

マラソン大会の飲食というと、沿道のところどころに設置された給水所で水分をコップとスポンジから受けとるイメージですが、ホノルルマラソンはもっとアットホームです。

沿道には、出場者の関係者だけでなく、ホノルルのローカルっ子たちが大勢詰めかけて応援してくれます。そして、彼らの腕にはフルーツあり、クッキーあり、ブラウニーあり、チョコレートあり、スポーツ飲料やコーラもある状態。

声援が嬉しいのと、おいしそうなのとで、ついつい足を留めてたっぷりといただきたくなってしまいますが、レース中だということをお忘れなく。

ho7

ホノルルマラソンの記念品

完走者には全員に記念Tシャツとメダルとか授与されるほか、完走証も発行されます。

沿道で応援した人には、協賛会社などから、大きな手形や旗、団扇などの応援グッズが配られることもあり、これはこれで若干かさ張りますが、記念品になります。

ho8

用意するものと用意すること

当たり前ですが、走るためのグッズはすべて自力で用意して持ち込みましょう。特製ドリンクなども必要に応じて用意します。

後は、絶好の体調を用意しておきましょう。

エントリーはネットで3期に分けて行われた後、現地でもギリギリ前日まで受け付けています。早く申し込めば申し込むほどにエントリーフィーが安くなります。

ツアーに参加すれば、エントリーを代行してもらえますが、それほど難しくないので、自分でも十分できます。

ただ、現地入りしたら、ゼッケンの受け取りだけは必ず自分で行く必要があります。本人確認ですね。

ho9

参加できること

走ること、歩くこと、見ること、応援すること。

日本からは芸能人も多く参加します。そんな有名人たちの写真を撮ることも可能です。

ho10

一番の見どころ

参加しているなら、走りながら風景を楽しむことができるかどうか?

コースはホノルルの繁華街やビューポイントを通過します。スタート直後には朝日も昇り、辺りは美しい朝焼けに包まれることもあります。余裕があれば、じっくりと堪能したいものです。

また、沿道で応援してくれる地元の方々の姿は本当に励みになります。

一方で応援する側として参加するなら、有名人チェック、仮装隊チェックなどがおもしろい見どころになるでしょう。応援部隊の中にも仮装しているチームがあるほか、テレビの取材などでやはり有名人が来ている例もあります。

ho11

まとめとして

東京マラソンなども、普段は車しか走れない場所を走るという緊張感や昂揚感を楽しめるイベントですが、ホノルルマラソンは、それ以上に非日常的です。

海外でスポーツやアクティビティを楽しむことは珍しくありませんが、フルマラソンに出場することは決して多くもなければ、普通でもないはず。それを、高いハードルなしに可能にしてくれるのが、ホノルルマラソンなのです。

走る人はもちろん、走らない人も、大会前のイベントから大会当日まで、関連イベントの華やかさや出場者の陽気さに、そしてハワイの明るく澄んだ空気と景色を、普通の観光客とは違った目線で楽しめる特別な機会となるでしょう。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  2. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  3. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…
  4. 2025km、61日間の思い出写真…
  5. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  6. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  7. 写真はハートで撮るんだ! カメラでもなく、腕でもなく、被写体でもなく、一番に必要なのはハート。…
  8. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  9. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…

最近の人気記事

  1. はじめに海外旅行は家族で行くのがごく普通でも、その旅のスタイルがバックパッカーだと家族で出発…
  2. 全身で楽しんで美肌になれる泥祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」(Boryeong Mud …
  3. 世界遺産の火祭り「ラス・ファリャス」(Las Fallas de San Jose)/スペイン・…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP