大麻と同じキマリ(酔い)が出来るハーブの研究とブレンドハーブの通信販売

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

※逮捕はごめんなので、薬事法に基づき笑

ここでは、合法な薬草や覚醒(幻覚)食物の研究結果、お茶や燻して香りを楽しむブレンドハーブ「Love&Peace」を販売しています。ストレス社会で苦しんでいる人が少しでも安らぎを感じていただければと願っています。

研究者について

私は石垣島に住んでいました。石垣島は知っての通り大麻天国と言われています。しかし年々警察の取り締まりが強くなり、次々に友達が大麻所持法違反で検挙され、とても悲しい経験をしました。

そのため、合法的に大麻の代用にできるような「ハーブティー」や「ハーブ香」の開発に取り組み、大麻依存者が少しでも減る世界を目指しています。

また、私は海外を10年ほど無帰国で旅をしていた事があり(プロフィール参照)大麻と接触する機会も多く、大麻の素晴らしさを身をもって知っています。

※私は日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。

「酔い」について

「酔い」は今のストレス社会では必要不可欠だと考えていますので、酔いの頂点である大麻に手を染めてしまう人が多いことも理解できます。

酔い遊びは日常にも至る所に存在し、例えばコーヒーやお香・アロマオイルなども「酔い」を楽しむツールだと考えています。ここで販売しているブレンドハーブ「Love&Peace」もその類です。

くどいですが、薬事法に基づき笑。

覚醒成分(幻覚成分)が入っている薬草の研究結果

研究を進めていくと、実は日本には沢山の「幻覚成分が含まれる」薬草が実っていることが分かりました。また古代から病気や心の治療に使われていた「鎮痛作用」のある薬草や「多幸感」をもたらす薬草、「睡眠」をもたらす薬草も沢山実っています。しかし、人の欲望により自然破壊が進み、それらの薬草も道端ではほとんど見かけなくなりました。

ここでは40種以上の薬草を実際に私が摂取して、最も大麻に近く「合法的な酔い」に有効であった薬草を紹介しています。

ちなみに私は酔いに非常に強い体質ですので、酔いに弱い方はむやみに手を出さないように注意してください。またこのサイトで販売しているブレンドハーブ「Love&Peace」にはここで紹介されている以外の薬草含まれていますが、自然破壊・乱用防止のため営業秘密とさせていただきます。申し訳ありません。

ハス・睡蓮:スイレン

アルカロイド成分:ロツシン等の多種多様のアルカロイドを含む

仏教・古代エジプト・マヤ文明でも重要な役割であった蓮。ブルーロータスリリー(青い花)イエローロータスリリー(黄色い花)ホワイトロータスリリー(白い花)ピンクロータスリリー(ピンクの花)、それぞれが異なった性質を持ち酔い方も全く違う。多くの宗教儀式で使われてきた花であるため、その効力も素晴らしい。しかし、大量に摂取しないと覚醒しないため、調合加工には工夫が必要である。

酔い方:時間・空間のゆがみが発生し、多くの「多幸感」「リラックス」を楽しむことが出来る。

クサノオウ:ケシ科

アルカロイド成分:ケリドリン、プロトピン、サンギナリン等

ケシ科の違法ドラッグではアヘンが有名で、そこから精製されたヘロインやモルヒネは非常に強い覚醒成分を持つ。クサノオウもケシ科でありアヘンに近い化学構造をしている。アヘン同様黄色い液が葉や茎から採取できる。

酔い方:時間・空間のゆがみが発生しますが、第三の目(眉間あたり)に意識が集中し少し疲れます。

アオツヅラフジ:ツヅラフジ科

アルカロイド成分:トリロビン、イソトリロビン、マグノフロリン等

酔い方:睡眠作用が強く、眠りとの狭間で半覚醒します。多く摂取しすぎると眠ってしまいますが、量を調整すると「多幸感」「リラックス」をも得ることができます。

イカリソウ:メギ科

成分:エピメジン、イカリイン、マグノフリン、アルカロイド

酔い方:全身の脱力感の後、全身が暖かくなり「多幸感」「リラックス」を得ることができます。覚醒はありませんが、大麻の脱力感とよく似ています。

チョウセンアサガオ:ナス科

アルカロイド成分:ヒオスチアミン、スコポラミン、トロパンアルカロイド

幻覚成分があり誤食による事故が絶えない薬草ですが、古代から薬草として使われています。興味本位で摂取すると痛い目にあいますが、量と組み合わせを工夫するとアヘンのような覚醒が経験できます。

酔い方:酷い嘔吐感、マイナス思考が現れ、人生を放棄したくなりましたが、摂取量を調整すると「多少の幻覚」だけを得ることが出来ます。

ブレンドハーブ「Love&Peace」の販売

山に入り採取したそれぞれの合法ハーブ類を、研究を重ね「絶妙な調合」で掛合わせブレンドしました。薬事法により飲用できないパッケージもありますので、そちらはお香として「煙」をお楽しみください。できる限り近くに寄り添い煙を吸い込むと、よりLove&Peaceを楽しめるかもしれません。

法律の関係でタバコとして喫煙する事を禁止します。喫煙すると非常に強い幻覚に陥る可能性があります。

その他のブレンドハーブはお茶として飲用できます。大量に飲むと覚醒(幻覚を見る)してしまう恐れがありますので注意してください。

注文フォーム

以下必要事項を記入の上送信してください。配達方法・お支払方法に進みます。送料は商品代金に含まれています。

    ◆商品受取人名

    ◆メールアドレス
    (お間違えないように!)

    ◆発送先郵便番号
    例:000-000

    ◆発送先住所
    例:神奈川県横浜市中区1-1-1第一マンション101

    ◆受取人電話番号
    (宅配便伝票に書く必要があるため)

    注文内容

    ※1Peaceは一回分です。1回分でおおよそ2時間です。複数選択可能です。

    ◆スパム対策にご協力ください
    画像 captcha
    上の画像を入力

     

    日本から奪われた大麻の歴史、大麻取締法が作られた本当の理由、そして今後の未来

    大麻と同じキマリ(酔い)が出来るハーブの研究とブレンドハーブの通信販売

    この世は肉体も死も無いよ「意識と量子論」電磁エネルギーと選択意識回路の世界

    マリファナの吸い方アレコレ~ジョイントからボングまで色々あるよ

    「マリファナ」が私たちに与えてくれるもの~平和・愛・幸せ・安定・自由

    知っておきたい、安全な「マリファナ」にもある危険性

    なぜ人はマリファナ(大麻)を求めるのか?

    なぜマリファナ(大麻)は「悪」だといわれてきたのか?

    やめられない依存性の高い嗜好品TOP3~「タバコ」「酒」「大麻」

    ドラッグって何? 大麻はドラッグなの?

    マリファナって何?大麻草って何?大麻の使用方法や人に与える影響

    コロナから第三次世界大戦は表面化。歴史の罠、日本と世界の真実の歴史を解く

    日本と海外の大麻合法化の流れと、国連の立場

    大麻(マリファナ)を楽しむ旅、合法で楽しめる国。入手方法など

    世界のドラッグ事情、世界一周で起こった悲劇は死刑

    アメリカで広がるマリファナ容認論とその影~大麻解禁のメリット&デメリット

    無実を叫びながらも死刑判決を受ける日本人。海外ドラッグ、麻薬事情

    レゲエの神様ボブ・マーリーを感じる旅。何故旅人はレゲエを愛すのか?

    麻という字の歴史的成り立ち。日本人の「大麻」と「麻」の認識について

    求人情報

    月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

    おすすめおすすめ

    旅の様子

    子連れバックパッカーで世界一周

    子連れ自転車日本一周

    手作りキャンピングカー日本一周

    世界の人々の写真

    旅が仕事YUUMA

    石垣島での活動

    旅人の隠れ家

    村人ブログ

    求人

    創造アート&日常&研究

    live free art (芸術)

    神崎竜馬

    意識世界の研究

    旅人の歌

    ヴィーガンの村

    バンライフインスタ

    ここ最近の旅とか遊び

    1. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
    2. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
    3. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
    4. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
    5. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
    6. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
    7. 2025km、61日間の思い出写真…
    8. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…

    pickup 情報

    1. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
    2. 都会に住んでいる人が田舎に行くと、夜に星がたくさん出ているのを見てテンションが上がりますよね…
    3. 僕らは子連れで西回り世界一周から始まり、バックパッカーでネットの仕事をしながら2012/5か…
    PAGE TOP