当日にふらりと行ってウィンブルドンを観戦!当日券ならではの楽しみ方

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ロンドン郊外で開催されるウィンブルドンテニス大会(全英オープン)は、当日でも並べばチケットが手に入る大会として知られています。

ということで、ウィンブルドン初日の6月27日にふらりと会場に行ってみました!

IMG_8525

 

並び方のマニュアル完備!

最寄り駅は地下鉄District Lineの終点ちょっと手前、サウスフィールズ駅です。

駅のホームから芝仕様になっていて気分を高めてくれます。

IMG_8506

駅から徒歩10分くらいのところに「The Queue (Non ticket holder)」という当日券の案内があるので、指示に従って進みましょう。

門のところで「A GUIDE TO QUEUEING」という冊子を手渡されます。当日券を入手するための「並び方」マニュアルですが、当日にふらっとやってくるような人が迷わないような体制が整えられています。

列に並ぶ際は係員から「QUEUE CARD」をもらいます。この時点ですでに午前11時半。はたしてチケットは手に入るのでしょうか。

IMG_8510

 

バラっとしていて分かりにくいかもしれませんが、下の写真が行列の1つです。

このようなバラっとした行列が5本くらいあって、順番に入り口へ促されて行きます。

IMG_8511

みんながっつり待つ覚悟なのでレジャーシートをしいたり、キャンプ用の椅子に腰掛けてくつろいでいました。

列の横にはハンバーガーやドーナツ、コーヒーなどが買える売店もあり、ピクニック気分を楽しめます。

ひとまずここで1時間くらい待つことになりました。

 

キャンプして待つ人も

我々が今回入手するチケットは「GROUNDS TICKET」と呼ばれる一番安いチケットで、当日でも手に入る可能性が高いものです。一番右端の25ポンドのやつですね。

IMG_8532

センターコートやNO1〜3コートで有名選手の試合をみたい!となると事は変わってきます。

「初日のセンターコート、53ポンドくらいならいけそう〜」と思われるかもしれませんが、当日券の枚数が少ないため、一気に入手困難度が上がります。

ジョコビッチやフェデラーの試合が見たい方は、2、3日前からキャンプをして挑むべきでしょう。

IMG_8516

 

はてしなく続く行列

ようやく入り口と思ったのもつかの間。この写真の入り口を通過した後も1キロくらいの行列が続きます。

IMG_8507

途中、ジュースの試飲があったり、キッズコーナーがあったり、退屈はしのいでくれますが、並び始めて早2時間が経過しました。

荷物チェック(財布の中身までチェックされた…)を終え、チケットを購入して入場したのは2時過ぎ。到着したのは11時半だったので、トータルで約2時間半くらい待ちました。でもチケットが買えて一安心です。

 

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

プロの試合を間近で観戦

 

一番安いチケット「GROUNDS TICKET」で見れるのはNO4〜19の試合。シートがあるとこともあれば、立ち見のところもあります。

IMG_8523

世界ランキング上位の選手ではなくても、プロ達の試合を間近で観戦できるのは貴重ですね。ラリーが続くと目が回りそうでした。

 

センターの試合はスクリーンに映し出されます。

IMG_8529

テレビと同じといえば同じなのですが、みんなで芝生に座って観戦するのも一興でしょう。

コートの下にはフードコートがあり、ここでピザや名物のいちごのデザートを購入できます。

IMG_8526

長時間の行列に疲れたのでがっつりピザをいただきました。

IMG_8528

お土産コーナーには選手達が使っているバスタオルなどグッズが売られています。どれもかなり値が張りましたがテニスファンにはたまらないものなのでしょう。

ウィンブルドンテニスの季節にちょうどロンドンに滞在する方は、ウィンブルドンの雰囲気を味わいに当日券を入手してみてはいかがでしょうか。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  2. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  4. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  5. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…
  6. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  7. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  8. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  9. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…
  10. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…

最近の人気記事

  1. ヨーロッパは大きく分けて、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧、イギリス、フランスなどの西欧、…
  2. はじめに正社員として定職につくのが簡単ではない昨今。それは学歴や成績、そしてコネさえ大きな背…
  3. 全身で楽しんで美肌になれる泥祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」(Boryeong Mud …

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP