急げ!サグラダ・ファミリアに今すぐ行かないと絶対に損する理由

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

バルセロナの象徴的な存在であり、アントニオ・ガウディが設計した未完の建造物、サグラダ・ファミリア。日本人にも非常に名の知れたこの建造物は、スペインといえば思いつくものの一つなのではないでしょうか。そんなサグラダ・ファミリアに、できるだけ早く、可能なら今年中に行ってほしい理由があるのです。順番にわけて紹介していきます。

1.そろそろ完成しそうだから

sagrada-familia-1028930_960_720

大いなる矛盾を含んでいますが、これは最大の理由と言えるでしょう。19世紀末に建設がはじめられたサグラダ・ファミリアは、当初建築に300年以上かかるとされてきました。しかしここ数年、3Dプリンターなど、現代の最新技術を総動員した結果、なんと完成予定が早まり、2026年には完成する予定となりました。これまで「未完」であることが非常に重要であり、建築途中のサグラダ・ファミリアを見ることも非常に重要な観光イベントでしたが、これができるのも残り10年を切っています。完成してしまう前に!早く訪れておいた方がいいでしょう。

2.受難のファサードが今年完成したから

IMG_3566

サグラダ・ファミリアをよく見てみると、大きな二つの塔があるのが分かっていただけるかと思います。これはファサードと呼ばれ、街路や広場などに面する建物の正面部分のことを指しており、建築物の顔のような役割を持っています。ガウディがつくったこの建造物には2つのファサード、受難のファサードと生誕のファサードがあります。生誕のファサードはガウディが生きているうちに完成したもののうちの一つです。ですがもう一つの受難のファサードは、なんと今年、2016年に完成したばかり!写真を見ていただけるとわかると思いますが、イエスが十字架にかけられ、言葉の通り「受難」の状態を表現しています。完成してすぐのころに訪れた私は、あまり混雑することがなく、塔を登ることができましたが、今後日本からのツアーが組まれたり、多くの観光客が押し寄せたりする可能性があるため、早いうちに行っておいた方が良いといえるのではないでしょうか。ちなみに、ファサードの上からは、バルセロナの街並みを一望できるだけでなく、建築中のサグラダ・ファミリアを本当に間近で見ることができます。

IMG_3631ファサードからの眺め

3.値上げが予想されるから

16sag1

今回の話はここまでどれも関連がありますね。実はサグラダ・ファミリアの入場料、最近になって値上げしました。実は、先ほど説明したファサードに入るためには、オーディオガイド付きのセットを購入しなければならなくなりました!なんとも商売上手な売り込み方だと思います。できたばかりの生誕のファサードを見に来る人は多く、オーディオガイドを使う人は少ないわけですから、なんともうまい組み合わせです。そして、サグラダ・ファミリアが完成に向かっていくにしたがって、この傾向は一層強くなると考えられています!ですので、安い時期に抑えておくのが、私のような(私たちと言ってもよいのでしょうか)旅人にとってはかなり良いように感じています。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

4.ガウディ死後90周年だから

IMG_3666サグラダ・ファミリアの中は、光に包まれています

あなたが訪れるかもしれない2016年は、ガウディの死後90年の記念年なのです。彼が亡くなったのは1926年亡くなった年を記念するのは少し奇妙なイメージがありますが、ヨーロッパではよくあること。そして、勘の良い方ならピンとくるかもしれませんが、サグラダ・ファミリアが完成する2016年はガウディ死後100周年。それに合わせて完成が急がれていると言えます!私たちがよく知っているサグラダ・ファミリアをみたいのなら、今がまさにチャンスといえます!

まとめとして

今年中にバルセロナ、そしてサグラダ・ファミリアに訪れておくべき理由を紹介しました。夏の旅行を考えるのにはまだ間に合う時期。是非スペインへの旅行を計画してみてはいかがでしょうか?!

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  2. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  3. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  4. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  5. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  6. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  7. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  8. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  9. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  10. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

pickup 情報

  1. はじめに「旅」は誰もがその規模や考え方は違っても体験しますが、「バックパッカー」、「世界一周…
  2. 遊園地に行ったら絶叫マシンに乗る人って多いですよね。絶叫アトラクションって怖いと思う人も多い…
  3. はじめに日本では無許可所持に最高懲役5年、営利目的栽培には懲役10年という重い刑罰がつく犯罪…
PAGE TOP