意外!?インド人は優しく親切!インドを安全に楽しく旅行する方法

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

意外や意外!?インド人は優しく親切?

DSC00041

インドに旅行される方の多くが、インドをある種の旅行の登竜門としてとらえているのではないでしょうか。あのインド、料金交渉でぼられたりしないか、インド人に騙されやしないか、はたまた慣れない食事でお腹をこわさないだろうか等々。心配事は尽きないですよね、実はかくゆう私もそんな一人でした。

しかし、こちら側の相手に対する理解、マナーをしっかり心得てしまえば、そんな心配事も楽しい旅の思い出へと変えることができるのです!郷に入れば郷に従え、とはよくいったもの。外国を旅行する際は最低限のマナーを心得てから旅するのは基本中の基本です!

事前に料金交渉が当たり前

DSC00398

オートリクシャーや観光地でガイドをお願いする場合など、事前にしっかり料金を決めておくことが大事です。それも大まかに料金のみ決めるのではなく、何時間利用、どこからどこまででいくら、など詳細に決めるようにしましょう。

これに加え、インドの場合は一人に付きいくらのつもりだったから、2人連れの場合は倍の値段だなどと最後に請求されることもあります。事前交渉は念入りに、頭をフル回転させて下さいね!

因みに、彼らとの料金交渉は時に私たちを辟易させることもありますが、彼らにとってはそれも、挨拶がわりのやり取りだと割り切ってこちらも楽しむ位の姿勢で臨みましょう。彼らにしてみれば、稼げる可能性があるからトライしているだけ!の素晴らしい商売魂を発揮しているだけなのです。

インド人は基本的に優しい!?

DSC00438

これには、えっそうなの?とゆう声が聞こえてきそうですが、私のデリー在住経験からすると彼らは優しいのです。でも、優しさの表現方法って各国で違うもの。

では、インド人の優しさってどんなものなのでしょうか。

基本的に出来ない、知らない、ノーは言いません。これは、相手の役に立ちたい、相手を悲しませたくないとゆう彼らの感情の表れなのです。

この文化を理解した上で、確認をしっかり念入りに何度も行うようにしましょう。また、騙されたーと怒っても無意味なのです。そこは、あなたの広―い心で受け入れましょう。

因みに、スリや盗難にあったとゆう話は私の知る限り、デリー在住者の中では聞いたことがありません。私も友人が来印するたびに、オールドデリーや様々な観光スポットを訪れますが、そのような出来事に遭遇したことはありません。勿論、日本であっても海外であっても常に最低限の注意は必要です。しかし、必要以上に心配しすぎるとせっかくの旅行も疲れて楽しめませんよね。

しっかり対策を行ったうえで、思う存分旅行を楽しむのが一番。

インドで騙されたー!ぼったくりに遭ったー!とゆう事例の多くは上記で挙げた文化に対する認識の違いからきているのでは?と思っています。

DSC00475

最後に、その国土の広大さ、人口の多さにより、当たり前ですが色々な人がいるインド。

インドをバックパックで回った旅行者や、現地在住者がよく口にすることの一つに、対人関係ではデリーが一番しんどい!

そうなのです、南インドの人は何と言いますかからっとしていて、爽やかな人が多い反面、デリー始め北部の人は客引きにしても何にしてもしつこい!!!

これを考慮して、インド入りされる際は南部から入られることをお勧めします、徐々にインドになれてきたところでデリー、バラナシに挑戦することをお勧めします!!

いかがでしたでしょうか?ハードルが高いと思っていたインドも、この記事を読んであーそうなのねートライしてみようかなと思っていただけたら幸いです!

DSC01248

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. こんにちわリョウです(^^♪海外を長期で旅していると財布の中に色んな国の紙幣が混ざることもし…
  2. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. こんにちわリョウです(^^♪先日タイで誕生日を迎えました!なんとWeb講師からShigeと男2人…
  4. 日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  5. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…
  6. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  7. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  8. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  9. こんにちわリョウです(^^)前回の記事でお伝えした通り今回はヤンゴンのディスコ、EMPERORで…
  10. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…

注目記事

  1. 片岡鶴太郎という名前を、お笑い俳優として認識するか、俳優としてか、はたまた画家か。片岡鶴太郎…
  2. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
  3. 世界中のバックパッカーが集まるインド世界中からバックパッカーが集まる国といえばインドです。イ…

ピックアップ記事

  1. 多くの人が憧れる、死ぬまでに行きたい絶景、マチュピチュ。そんなマチュピチュのふもとにあるマチ…
  2. 夫婦は人生における最強のパートナーです。そして、「世界一周」に際しても最強のパートナーである…
  3. yui 10才出発の前の日、きゅうにさみしくなったけどクラスのみんながかいてくれたよせがきを見て…
  4. 花と果物でいっぱい、常春の歴史都市~昆明/中華人民共和国・雲南省「四時如春」とは、中国人たち…
  5. 観光化の波をかぶっていない貴重で豊かな南の島自然が豊かだけど、不便。海はきれいだけど、台風が…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP