旅に出る前に!40ページも増えちゃうパスポートの増補方法

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

日本を出るために必要不可欠なパスポート。
みなさんは「増補」という制度があるのをご存知ですか?

今回は、増補とは何なのか、そしてなぜ便利なのかを解説させていただきます。

【旅に欠かせないパートナー】

001

(photo by 紺色らいおん)

海外へ行くために欠かせないパスポート。

特に日本のパスポートは〝世界で最も強いパスポートのひとつ〟であり、日本人はビザを取得しなくても様々な国へ行くことができます。
できるだけ多くの国を訪れてみたいところですよね。
いろんな国を訪れて、パスポートがハンコやビザでいっぱいになってゆくのは嬉しいものです。

ところが!

たくさんの国を周りたい人ほど、気をつけておきたい落とし穴があるのです。

【パスポートのページには限りがある】

002

(photo by hjl)

当然のことですが、たくさんの国へ行けば出入国のハンコやビザなどでパスポートが埋まっていきます。

どの国を周るかにもよりますが、40~60ヶ国ほど周るとパスポートのほとんどのページがハンコやビザでいっぱいになってしまいます。
特に「世界一周したい」という人や「いろんな国に行ってみたい」という人にとって、パスポートの空きページは気になるところですね。

さて、パスポートがいっぱいになると、どのような不具合が起こるのでしょうか。

【パスポートの空きページは重要】

003

(photo by acworks)

例えば、ブラジルビザを取得しようとすると「パスポートに見開きページの余白が2ページ以上あること」というような申請条件が付きます。

このように、ほとんどの場合、ビザを取得するには余白ページがあることが申請の前提になっています。
ただページが空いているかどうかだけでなく、数ページの〝余裕〟があるかどうかが大切なのですね。

「じゃあパスポートがハンコでいっぱいになってきたら、新しいパスポートを作らなきゃいけないの?」

そうではありません!
パスポートには「増補」という制度があるのです。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万~320万円。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

【パスポートを増補しよう!】

004

(photo by Ryan McFarland)

パスポートには「増補」という制度があります。
増補をすると、なんとパスポートを40ページも増やすことができるのです。

【パスポート増補のやり方】

では、どうすればパスポートのページが増えるのでしょう。

方法はカンタンです。
パスポートと身分証明書、印鑑、手数料を持って最寄りのパスポートセンターに行けば、増補の申請ができます。

ただし、パスポートの増補にはルールがありますので押さえておきましょう。

・パスポート1冊につき、増補は1回だけ。
・増補で増えるページは40ページと決まっている。
・すでに持っているパスポートを増補できるだけでなく、新規でパスポートを作る際にも増補ができる。
・日本国内でなくても、海外にある日本大使館などでも増補は可能。

【増補のお値段と、注意すべき受け取りまでの日数】

000

(photo by Mike)

増補の値段は2500円で統一されている所がほとんどですが、注意したいのは受け取りまでにかかる時間。

パスポートを預けてから数時間~数日かかる場合があり、受け取り時間はパスポートセンターによってかなりムラがあります。
事前にお近くのパスポートセンターに問い合わせるなどして、出国日までに余裕をもって増補を行いましょう。

【まとめ】

010

(photo by Ian Mackenzie)

いろんな国に行ってみたいと思っている人はもちろん、まだ日本を出る予定がない人も、パスポートは5年あるいは10年間も使い続ける旅のパートナーです。

備えあれば憂いナシ。増補の知識さえあれば、安心して海外へ出ることができますね。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  2. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  3. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  4. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  5. こんにちわ、最近毎日ハッピーで楽しくてたまらない、りょうです(^^♪僕は今、最高に楽しい学校…
  6. とにかくすごい夜でした!…
  7. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  8. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風シャワー…
  9. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  10. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…

注目記事

  1. フリーダム&エクスタシーパワーが充満する世界最強フェス「グラストンベリー・フェスティバル」(Glas…
  2. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
  3. ヨーロッパは大きく分けて、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧、イギリス、フランスなどの西欧、…

ピックアップ記事

  1. はじめに100万円。宝くじが当たったかもしれないし、ちょっとした遺産を手にしたのかも、こつこ…
  2. さて、皆さんはアイスランドについてどのくらい知っているでしょうか?名前は何となく知っているけ…
  3. 夏も冬も楽しめる街札幌北海道といえば何を思い浮かべますか?北海道といえば札幌を思い浮かべる方も多…
  4. 「キング・カメハメハ・セレブレーション」(King Kamehameha Celebration…
  5. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP