旅人から高評価!グアテマラの田舎町『サンペドロ・ラ・ラグーナ』の魅力

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

akinekko-052712

中米グアテマラと言えばコーヒーが有名です。
わたしはグアテマラでのロングステイを通して、コーヒーだけではなく、たくさんの魅力があることを知りました。

たとえば先住民族マヤの文化や、世界遺産都市アンティグア、スペイン語留学など。

そして、今回ご紹介するのは、わたしが大好きな町『サンペドロ・ラ・ラグーナ』の魅力について。
観光都市アンティグアからだとバスで5時間ほどかかり、なかなかの長旅ですが(しかも悪路)、行く価値はあると思います。

グアテマラ旅行の際はぜひ参考にどうぞ。

 

世界一美しい湖『アティトラン湖』

akinekko-052711サンペドロ・ラ・ラグーナは、世界一美しい湖と称される『アティトラン湖』の麓にあります。
アティトラン湖はアンティグアから北西へ向かったところにあり、湖の周りにはサンペドロ・ラ・ラグーナの他、観光客に人気の町がいくつか点在しています。

わたしは日本を出国する前に、グアテマラ情報についていろいろと調べたんですが、アンティグアの他に、旅人の評価が高かったのがこのサンペドロ・ラ・ラグーナでした。
これはもう、実際行ってみて確かめるしかない!ということで、行ってきました。
そして約3か月、素晴らしい時間を過ごしました。

サンペドロ・ラ・ラグーナの魅力のひとつが、アティトラン湖です。
アティトラン湖を眼下にハンモックで揺られながらの時間は最高でした。

上の写真はメインの船着き場である、パナハッチェルドックから眺めるアティトラン湖。
サンセットが綺麗。

パナハッチェルドックは恋人たちのパワースポットです。

また、日中は観光客や子供たちがアティトラン湖で泳いではしゃいだりする反面、奥まったところでは主婦らしき人たちが湖で洗濯していたりと、生活に根付いた湖でもあります。

 

お洒落で美味しいカフェやレストラン

akinekko-052708サンペドロ・ラ・ラグーナでは欧米系の観光客やイスラエル人が多くみられます。
こちらの気候や環境に魅了されたヨーロッパ人も多く、わたしがステイしていたホテル近くに住んでいるフランス人は10年(!)サンペドロ・ラ・ラグーナに住んでいるとのことでした。

そんな外国人がオーナーのカフェやレストランも多く、わたしたち日本人にもなじみのある料理をいただくことができます。

朝食はパンケーキやフレンチトースト、ランチはピザ・パスタなどのイタリアン、もちろんグアテマラ郷土料理もあります。
田舎町ということもあり物価も安く、お手頃価格で美味しい料理が食べれるのが嬉しい。

たとえば写真のフレンチトーストはカフェオレ付きで20Q(300円/当時)でした。
たっぷりのフルーツもビタミン補給したい女子にはぴったりなカフェごはんです。

 

先住民マヤの生活

akinekko-052709サンペドロ・ラ・ラグーナにはグアテマラ先住民マヤの人たちが多く住んでいます。
彼らのほとんどはスペイン語の他に独特の言語、マヤ系言語も話します。

メルカドではマヤ系言語がよく飛び交っているので、聞いてみるのも良いかもしれません。

また、マヤの人たちが身に着けている民族衣装がとっても素敵。
地域によってそれぞれ特徴がありますが、男性は麦わら帽子に襟付きシャツにダーク色のパンツ、女性はふんわりしたブラウスに「ウィピル」と呼ばれるスカートを着ています。

特に女性の衣装はカラフルで鮮やかなので、見ているだけで楽しい。

 

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

アートな街並み

akinekko-052710サンペドロ・ラ・ラグーナを歩いていて気付くのは、アートな壁やショップ。
カラフルな色使いで描かれた風景画や人物画は、つい時間を忘れて見入ってしまいます。

風景画はサンペドロ・ラ・ラグーナの町の様子を描いたものが多く、アティトラン湖や周辺の火山が見事なタッチで描かれていたり。
また、新鮮なフルーツや野菜が豊富なサンペドロ・ラ・ラグーナらしく、メルカド(市場)で山盛りになっているフルーツや、フルーツバスケットの絵がなんだかお洒落。

人物画は先住民マヤの人たちが主に描かれており、この町の様子が垣間見れる貴重な資料のようなものでもあります。

メルカド(市場)近くでは地元民らしいおじさんたちがパレット片手によく絵を描いているので、覗いてみるのも楽しいです。

パナハッチェルドック近くのカフェでは、そんなアートなポストカードなどを売っているので、お土産にもおすすめ。

 

まとめ

akinekko-052706サンペドロ・ラ・ラグーナはアティトラン湖のほとりにある小さな田舎町です。

一歩足を踏み入れると先住民たちの生活がいまだ根付き、同時に観光の町として、わたしたち外国人が親しんでいる生活もできる。
長く住めば住むほど味がでてくる、そんな町ではないでしょうか。

カフェやレストラン、そしてホテルでは大体どこでもWiFiが使えるので、田舎といいつつも、インターネットは接続可能。
ノマドワーカーやPC必須の旅人にとってはまさに楽園のような場所です。

グアテマラ観光の際はぜひサンペドロ・ラ・ラグーナへ行ってみてはいかがでしょうか?

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  2. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  3. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  4. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  5. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  6. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  7. 「ン”モ"ォオォォー」その声は茂みの向こうからやって来た…。みなさんはじめまして!Shi…
  8. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  9. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…

pickup 情報

  1. はじめに「世界一周人」と「釣りキチ」の共通点は、惹かれる場所があれば、あらゆる苦をものともせ…
  2. はじめにヒッピーという言葉は、どこかで耳や目にはしていても、またなんとなくイメージすることは…
  3. 海外では日々、色々なところでお祭りが開催されています。世界的にも有名なお祭りから、マイナーだ…
PAGE TOP