旅先で英会話を習得しよう!旅は楽しく英会話を習得出来ます!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

「英語の勉強はしたくないけど、少しでも話せるようになりたい」なら滞在中、英語で話す環境に身を置くことをおすすめします。

学校の教室で辞書で文法を調べて、というと堅苦しい感じがしますが、旅の中で話せるようになるっていいなと思いませんか。

わたし自身、旅先では英語で話す環境に身を置くことで英会話に慣れていきました。

それをもとに今回、ぜひとも環境に選びたい、旅をしていたら利用するようなところをご紹介したいと思います。

民泊(ホームステイ)

DSC00558

旅で宿泊の選択肢はホテルやユースホステル、アパートメントスタイルの宿といろいろありますが、英語を話す環境に身を置きたいならこれ。

ホテルなどでは朝食サービスの時間などを書いた滞在マニュアルに目を通しておけばよいのですが、民泊の場合はそうはいきません。

まず、家族と生活を共にするにあたって家のルールを教えてもらうことからスタートします。

DSC00436

部屋にこれといった滞在マニュアルがないため、わからないことがあれば5W1H(When・Where・Who・What・Why・How)を使って「聞く」しかありません。

お風呂は何時まで、朝食や夕食は何時くらいなのか、聞いておきましょう。

さらに、家族と時間を共にすることによっても会話する機会ができますね。今日の予定のこと、趣味や好きな食べ物など何でもいいので話してみましょう。

「わからないことがあれば聞く」「予定を共有する」などして何日も滞在すれば、しだいに会話ができるようになっていくものです。

市場での買い物

DSC00020

旅先でちょっとした買い物をしたいときにスーパーを使う人は多いでしょう。

スーパーでは自由に商品を手に取り、レジに並んで支払うだけなので、ほとんど会話なしで買い物できます。

海外でもセルフレジが普及してきていますが、これで毎日買い物するとなると英語を話す必要はまったくありません。

これでは英語が話せませんね。

そこで英語を話そうなら、市場で食べ物を買いましょう。

市場ではガラスケースに入った品物をこちらから自由にとることはできません。「~please.(~をください)」と言って出してもらいます。

DSC00016

パックや袋に詰められていない果物は勝手に触れて傷がつくのを嫌がられることが多いため、「Fully matured one please.(よく熟れたものをください)」などと言ってとってもらいます。

DSC00353

りんごだけでも大きいものや小さいもの、赤や黄色などあるので、最初は商品の特徴を伝えるのに苦労するかもしれませんが、何度も買っているうちに慣れてきます。

スーパーでは商品を自由に手にとれますが、市場ではそういうわけにいきません。

「Do you have ~?(~はありますか?)」「~please.(~をください)」という表現は買い物で役立ちますよ。旅先ではよく買い物をしますから、身に付けて損はないです。

欲しいサイズがないからといってあきらめるのではなく、「Do you have a smaller one?(もっと小さいものを探しているのですが、ありますか?)」と聞いてみると出してきてくれることもあります。

英語が話せなくても旅ができないことはありませんが、何かしら不自由する場面が出てきます。

たとえば、旅をしていれば誰しもが経験する入国審査。よく聞かれるのは「滞在期間」や「滞在目的」ですが、答えられないとなかなか通してくれません。

滞在期間や滞在目的は民泊でも話題に上りやすいことなので、家族に話したのと同じように話せば大丈夫です。このように旅の中で身に付けた英語が役立って、やりとりがうまくいくことも。

ホテルでの宿泊を民泊に、スーパーを市場に変えるだけでも話せる機会がぐっと増えます。

「少しでも話せるようになりたい」という人は旅で民泊や市場を利用してみては。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. あなたも旅をしている気分になれる国境越え動画♪pipi島 → 船でクラビー → トラ…
  2. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  4. 2025km、61日間の思い出写真…
  5. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  6. 私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。出会いがなけれ…
  7. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  8. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  9. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…

pickup 情報

  1. 見るより、今年は参加したい! 「リオのカーニバル」/ブラジル・リオデジャネイロ「元祖」ではな…
  2. 僕らは子連れで西回り世界一周から始まり、バックパッカーでネットの仕事をしながら2012/5か…
  3. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
PAGE TOP