日本から奪われた大麻の歴史、大麻取締法が作られた本当の理由、そして今後の未来

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

世界中の宗教人・マフィア・ドラッグのバイヤー・統合失調症患者・政治家・日本ヤクザたちと酒を交わし、感じた事や、日本などが大麻禁止の本当の理由を書いています。

また、日本の厚生労働省を信じていて、学校教科書でしか歴史を学んだ事がない人は「現代日本人が知らない隠された本当の歴史」からまず世界の歴史を学んでください。いま世界を支配している支配者について学べます。大麻が奪われた理由もこのあたりの時代から繋がっています。

大麻草・覚醒世界の本当の歴史

縄文時代から日本人の心の「愛」の部分を支え続けてきた大麻草。

今も多くの地域神社で祭られている大麻草。

第二次世界大戦に負けアメリカのマッカサー率いるGHQが大麻取締法を作る前までの日本人は、大麻の覚醒世界(かくせいせかい・幻覚)の中で暮らしており、覚醒世界によって得られる知識を持っている人が大勢いました。

しかし、世界を真の意味でコントロールしている支配者は「人を支配するために」、平等であった意識世界(覚醒)を暴力(戦争)や洗脳(新聞メディアでの覚醒=悪の発信)で奪い取りました。

実際に過去の戦争を振り返っても、日本に限らず多くの国々が統治された直後に大麻規制が掛けられています。そして大麻の代わりに西洋医学(白い粉)・化学農薬・食品添加物・界面活性剤・水道添加物などの文化を入れてきています。

人を支配するには、人々の心を情報でコントロールし、知識を隠し与えず、薬で心身を弱らせ、死への恐怖を与える必要がありました。

しかし、大麻など、この地球上に育つ覚醒植物は、人の心を開放し、情報や物理や肉体を超えた知を創造するため、支配者にとっては邪魔な存在でした。

また、大麻によって心身の健康者が増え、「支配者の最も大きな資金源である西洋医学」が崩壊するのを恐れました。

それでは困ると考えた支配者は、かつて世界中で宝とされていた大麻であったが、

  1. 人々に知識を与えず心をコントロールするために。
  2. 意識世界(覚醒)で得られる知識を個人の所有物にするために。
  3. 西洋医学・ドラッグで人を支配するために。

武力や洗脳で世界中の人々から奪っていきました。

かつての人々が大麻で得ていた知とは?

大量に体内摂取すれば、使われていなかった意識回路が活動し計算できなかった事が計算できるようになり高意識の覚醒意識世界へ繋がっていきます。

これにより、

  1. この宇宙の仕組み
  2. 生は無限で死が無い事
  3. 時間や空間は自らが生み出している事
  4. 忘れていた愛の存在
  5. 世界平和や自然回復の重要性

など、様々な事を覚醒探求し、眼では見えない多くの事に気づきます。そして共通していることは「覚醒知識を得て目覚め意識支配からの本当の意味での開放を求める」ようになります。

なぜ今になって世界は大麻合法の流れなのか?

化学が意識世界の領域まで追いついて来た現代、インターネットによって個人の声が大勢に届きやすくなってきた現代、数百年にわたり世界を支配してきた支配者たちも、真実を隠しきれなくなって来ました。

そこで世界の覚醒中の天才達、つまり世界の支配者は考えました。

  1. 大麻=巨額な課税を期待し、世界を今以上に支配できる。
  2. 「私たちの種」だけは大麻などの覚醒世界を開放し更に知識を高め成長していこう。
  3. 奴隷や動物たちには働かせていこう。

アメリカの大麻解禁から世界中が愛の方向に向かっているように一見感じますが、日本を労働奴隷としている国々は全力で解禁を阻止します。強い者だけが知識を手に入れ、それ以下は奴隷と言う訳です。

ただし、不平等に大麻を使える事に違和感を持たせぬように、HTC成分が入っていない医療用大麻(覚醒しない)は近いうち日本でも解禁します。

かつては愛と意識世界の知識を持っていたが、武力で奪われた日本人やアジア・アフリカ、その他世界中の人々への「本当の意味での解放」はもうしばらく無さそうです。

支配欲を捨て本当の愛に気付き、金を世の中から無くし、動物も人間も平等である事を世の最トップが理解するまで待つしかなさそうですね。笑

大麻など覚醒世界の知識を利用して天才といわれている人たち

アルバート(アルベルト)・ホフマン:覚醒ドラッグLSDを開発・その他、視覚の法則・量子力学など

スティーブ”・ジョブズ:アップル社長・私の人生で最も大きな経験はLSDによる覚醒経験であると話している

トーマス・エジソン:発明家 コカイン中毒

カール・セーガン:天体物理学者 マリファナ愛好家

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ:芸術家 幻覚性のある酒アブサン愛好家

ジミー・ヘンドリックス:天才ロックミュージシャン 様々な麻薬中毒

などなど・・・キリがないので有名どころだけ。

どの天才たちも、人の脳では想像もつかないような想像を生み出した神憑りと言われています。

今日本人がどうするべきか

銃を持った国家権力、良質な戦闘機や超覚醒意識を持ったそれ以上の権力者たちに、木刀と酒しか持たせてくれない個人・民間が争えるなどありえません。そのため、筋の通らない大麻取締法に従い、法律の中で生き流れる他ありません。

しかし、世界はゆっくりですが愛の方向に進んでいます。いつか必ず、だれもが自由に大麻を活用できる時代が来ますので、そんな日が来る事を心待ちに、今を楽しんで生きたいですね。

文章・研究:パパ&旅仲間

※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動は現在していません。

厚生労働省を未だに信じている時代遅れの人たちへ・・

この時代になっても未だ厚生労働省を信じている人は、50代以上のテレビ・ラジオ・新聞教徒だけですが、選挙権過半数が50代以上なので未来の子供たちのために早く気づいてほしいですね。

何か感じるものがあればアンケートにお答えください

感じたことを一つ選択し送信してください。今後の当サイトの方向性に役立てます。

    私も本当の歴史を深く知ってる私は日本の教科書や厚生労働省しか信じない

    大麻と同じキマリ(酔い)が出来るハーブの研究とブレンドハーブの通信販売

    この世は肉体も死も無いよ「意識と量子論」電磁エネルギーと選択意識回路の世界

    元大麻愛好者の告白~大麻作用と「覚醒」で体感した神秘の世界

    CBDオイルは危険!THC+CBDが大麻本来の姿です。NO!精製

    日本での大麻の買い方「入手方法」バイヤーは消滅、悪友繋がりに限る

    日本から奪われた大麻の歴史、大麻取締法が作られた本当の理由、そして今後の未来

    マリファナの吸い方アレコレ~ジョイントからボングまで色々あるよ

    コロナから第三次世界大戦は表面化。歴史の罠、日本と世界の真実の歴史を解く

    ミッション1「自由」

    相対性理論?

    求人情報

    月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

    おすすめおすすめ

    旅の様子

    子連れバックパッカーで世界一周

    子連れ自転車日本一周

    手作りキャンピングカー日本一周

    世界の人々の写真

    旅が仕事YUUMA

    石垣島での活動

    石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
     

    旅人の隠れ家

    村人ブログ

    アート&研究

    私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
     
    live free art (芸術)

    神崎竜馬

    意識世界の研究

    旅人の歌

    ヴィーガンの村

    大麻・マリファナ販売

    バンライフインスタ

    ここ最近の旅とか遊び

    1. やっぱり南という事で、徳之島を目指して南下。徳之島は日本でも数少ない「軍事基地の無い島」だから引き寄…
    2. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
    3. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…
    4. 私たちは、家族3人+犬二匹でバンライフをしています。日本で家は持たず、旅をしながらこの「車のおうち」…
    5. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪この村はいつも水に悩まされて…
    6. 旅がないと何も始まらない、旅がないと何も進まない旅を止めている時は、何も成長しない、時が止ま…
    7. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
    8. キャンドルアーティスト ゴンちゃん!星とキャンドルが調和しました! …
    9. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
    10. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…

    pickup 情報

    1. はじめにヒッピーという言葉は、どこかで耳や目にはしていても、またなんとなくイメージすることは…
    2. ヨーロッパは大きく分けて、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧、イギリス、フランスなどの西欧、…
    3. バックパッカーで海外のライブハウスを巡る、音楽の旅旅には必ず音楽がついてきます。お気…
    PAGE TOP