日本から奪われた大麻の歴史、大麻取締法が作られた本当の理由、そして今後の未来

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。

世界中の宗教人、マフィア、ドラッグのバイヤー、統合失調症患者たちと他国で酒を交わしながら話しを聞いて、感じた事や、日本などが大麻禁止の本当の理由を書いています。

大麻草・覚醒世界の本当の歴史

縄文時代から日本人の心の「愛」の部分を支え続けてきた大麻草。

今も多くの地域神社で祭られている大麻草。

第二次世界大戦に負けアメリカのマッカサー率いるGHQが大麻取締法を作る前までの日本人は、大麻の覚醒世界(かくせいせかい・幻覚)の中で暮らしており、覚醒世界によって得られる知識を持っている人が大勢いました。

しかし、世界を真の意味でコントロールしている最トップたちは支配欲を満たし「人々から時間を奪うため」、平等であった意識世界(覚醒)を暴力(戦争)や洗脳(新聞メディアでの覚醒=悪の発信)で奪い取りました。

「時間」を人々から奪うには、人々の心を金や情報でコントロールし、知識を隠し与えず、死への恐怖を与えることによって時間を追わせ節約させる必要がありました。

しかし、大麻など、この地球上に育つ覚醒植物は心を開放しこの世の全ての意識と繋がる鍵であるため(使われていなかった意識回路が活動し覚醒意識世界へ繋がっていく)、大量に体内摂取すれば、意識と肉体が別々にある事や、愛こそが最上の法である事や、肉体や死が無い事や、時間や空間は自らが生み出している事や、この世界が意識だけで成形されている事などなどに気付いてしまいます。

さらには、死が無ければ時間は無限にあり今を生きられる事を知り、金の不必要性に気付き、すべての意識は平等であるという事に気付き、なぜ自分たちは時間を支配され自由でないのか?という事に気付いてしまう。

それでは困ると考えた最トップたちは、かつて世界中で宝とされていた大麻であったが、

  1. 人々に知識を与えず心をコントロールするために。
  2. 意識世界(覚醒)で得られる知識を個人の所有物にするために。

武力や洗脳で世界中の人々から奪っていきました。

今後の日本と世界の大麻や覚醒世界

しかし、化学が意識世界の領域まで追いついて来た現代、インターネットによって個人の声が大勢に届きやすくなってきた現代、数百年にわたり世界を支配してきた最トップたちも、真実を隠しきれなくなって来ました。

そこで世界の覚醒中の天才達、つまり世界の最トップたちは考えました。

私たち「人」だけは大麻などの覚醒世界を開放し更に知識を高め成長していこう!でも、奴隷や動物たちには働かせていこう。

かつて人と動物が同じ位置に存在し共存していた時代、突然誰かが人と動物を区別したように、今世界をコントロールしている大元は、人間界の中で、人と人以上の何かに区別しようとしています。

アメリカの大麻解禁から世界中が愛の方向に向かっているように一見感じますが、日本を労働奴隷としている国々は全力で解禁を阻止します。強い者だけが知識を手に入れ、それ以下は奴隷と言う訳です。

ただし、白人だけが大麻を使える事に違和感を持たせぬように、HTC成分が入っていない医療用大麻(覚醒しない)は近いうち日本でも解禁します。

かつては愛と意識世界の知識を持っていたが、武力で奪われた日本人やアジア・アフリカ、その他世界中の人々への本当の意味での解禁の兆しは今のところ無さそうです。

支配欲を捨て本当の愛に気付き、金を世の中から無くし、動物も人間も平等である事を世の最トップが理解するまで待つしかなさそうですね。笑

大麻など覚醒世界の知識を利用して天才といわれている人たち

アルバート(アルベルト)・ホフマン:覚醒ドラッグLSDを開発・その他、視覚の法則・量子力学など

スティーブ”・ジョブズ:アップル社長・私の人生で最も大きな経験はLSDによる覚醒経験であると話している

トーマス・エジソン:発明家 コカイン中毒

カール・セーガン:天体物理学者 マリファナ愛好家

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ:芸術家 幻覚性のある酒アブサン愛好家

ジミー・ヘンドリックス:天才ロックミュージシャン 様々な麻薬中毒

などなど・・・キリがないので有名どころだけ。

どの天才たちも、人の脳では想像もつかないような想像を生み出した神憑りと言われています。

今日本人がどうするべきか

国家権力、それ以上の権力に個人が争えるなどありえません。そのため、筋の通らない大麻取締法に従い、法律の中で生き流れる他ありません。

経験だけなら、今海外で出来るかもしれません。あなたの思うがままに。

文章・研究:パパ&旅仲間

大麻(マリファナ)を楽しむ旅、合法で楽しめる国。入手方法など

アメリカで広がるマリファナ容認論とその影~大麻解禁のメリット&デメリット

この世は肉体も死も無いよ!電気と磁力エネルギーで形成された意識世界だよ笑

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  2. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  3. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  4. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  5. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…
  6. サハラの星空を目指して、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス…
  7. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  8. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  9. これでアキちゃんと約2年間旅をしました!車内で灯油ヒーターを焚いてマイナス18度の中キャンプ…

最近の人気記事

  1. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…
  2. 片岡鶴太郎という名前を、お笑い俳優として認識するか、俳優としてか、はたまた画家か。片岡鶴太郎…
  3. 遊園地に行ったら絶叫マシンに乗る人って多いですよね。絶叫アトラクションって怖いと思う人も多い…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP