日本人に人気のボリビア(ウユニ・ラパス)クレジットカード事情!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

PAK63_visamaster20140531-thumb-autox1000-17105

海外旅行に行くとき、皆さんが悩む問題の1つは、お金のことですよね。

「外貨にいくら両替していけばいいの?」「お店でクレジットカードは使えるの?」「ATMでお金はおろせるの?」などなど、悩みは尽きないと思います。

また、ヨーロッパやアメリカなど、クレジットカードでの支払いが浸透している国以外では、特にその悩みは強いでしょう。

そこで今回は、日本人観光客の人気が急上昇中のボリビア、特にウユニとラパスに絞って、クレジットカードやATMの事情をご紹介します。

 

1、ボリビアでのクレジットカード利用は?

事前に情報がある場合以外は、全て現金だと思った方が良いでしょう。その情報は、旅行予約サイトやガイドブックなどに記載されています。

A、ラパスの場合

多くの高級ホテルではクレジットカードが利用できます。ただし、1,2つ星ホテルやホステルレベルになると一気に現金払いのみになってしまいます。

B、ウユニの場合

P1040711

ウユニではまずクレジットカードは使えないと思った方が良いでしょう。どこのホテルやレストランでも、たいてい現金のみです。また、大人気の塩湖ツアーも、どこも現金のみとなっています。時々カードが使えると店先に書いてあるところもありますが、そこにも注意が必要です!

 

2、カード情報があてにならないことも!!

さて、1のように、事前に情報を集めている方は多いと思いますが、いざ現地に行ってみて、意外な落とし穴が隠されていることがあります。ここで、実際にウユニで経験した事件を紹介したいと思います。

free-vector-creditcard-vectorparade

A,機械が壊れていて使えない!

夕食を食べに、観光客向けのレストランに入った時のことです。右の写真のように、各カード会社のシールが、店先に貼られていたりすることがありますよね?その、カードが使えるというシールを見て、入店することを決めました。そして美味しく料理を食べ終え、お会計の際に店員にカードを渡すと

「申し訳ありません。今カードを読み取る機械が故障していて、現金でしか払えないんです。」

と、言われてしまいました!

機械が故障しているというのは、日本や先進国ではかなり考えにくい事態です。

その時は現金を多めに持っていたため、なんとか払うことができました。しかし、もしカードを当てにして、現金を持っていなかったら大変なことになっていたでしょう。

もし現金が少ない時は、たとえカードが使えると書いてあっても、事前に「カードで払えますか?」と聞くようにしましょう。

 

B,カード使用手数料が高い!

カードを使える売店はないかなぁ、とウユニの街をさまよっていた時に、一軒だけ、カード会社のシールが貼ってある売店を見つけました。中に入って売店のおばさんに「カードは使えますか?」と尋ねると

「使えるけど、手数料が50ボリビア―ノ(約800円)かかるよ。それでもいいの?」と言われました!

もちろんあまりにも高いため、カード払いは断念しましたが、今回も、「カードが使える」という情報は必ずしもあてにならない、ということがわかっていただけたかと思います。

 

3、ならどうすればいいの?

ここまでの内容で、カードがあまり使えない、ということが分かっていただけたかと思います。「じゃぁ、一体どうすればいいの?」と思うかもしれませんが、安心してください。ここでは2つの解決策を紹介します。

A,普通に両替をする

王道ですね。日本円をボリビアーノに両替しましょう。ここでのポイントは直接両替せず、一旦米ドルを経由して両替することです。

例)日本円を米ドルに両替して出国→アメリカでトランジット→ボリビア(ラパス)に到着してから、米ドルをボリビアーノに両替。

のような形です。というのも、直接両替してしまうと、手数料が相当かかってしまうからです。そのためこのように二重に両替を行う必要があります。

 

B、クレジットカードやキャッシュパスポートを使い、ATMから引き出す

こちらは最近流行りだした外貨両替の方法ですね。というのも、「一度に大量のお金を持つのは不安だ」「両替手数料が高い」という人が増えてきているからです。治安があまりよくないボリビアでは、スリや強盗などの不安もありますよね。

そのためお金はあまり持たず、空港や市内のATMでお金を下ろすようにするのは、一つの有効な手段です。

またキャッシングをすると、その分手数料はかかりますが、二重で両替をしなければならない国へ行く際には、確実に手数料は安く済みます。

もちろんカード会社によって異なると思いますが、外貨両替をする前に、キャッシングの情報も確認しておけば、安く済む可能性を潰すことはないでしょう!

 

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

最後に・・・ボリビアのATM事情は?

IMG_4627

 

 

ラパス・エル・アルト空港

結論から言いますと、ATMは私たちが思っている以上に多いです!安心してください。ラパスにもウユニにも、たくさん銀行やATMがあり、24時間引き出すことができます。ラパスの玄関口、エル・アルト空港には、ATMがたくさんあります。またウユニでは、空港にATMはないものの、市内にはたくさんあるため、不安になることはありませんでした。

手数料なども、各銀行によって異なっているため、事前に調べてから引き出せば、さらに安いですね。

 

皆さんも、安く外貨を手に入れて、お得にボリビアを旅してみてください!

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 石垣島での商売がいろいろ増えてきて事務所が必要になったけど、働く場所もどうせなら面白い方がい…
  2. 2025km、61日間の思い出写真…
  3. ※記者は世界中を旅する旅人ライターであり、日本での大麻所持など法律を無視した活動はしていません。…
  4. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…
  5. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…
  6. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  7. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  8. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  9. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  10. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…

pickup 情報

  1. トマトに始まりトマトに終わる「トマティーナ」(La Tomatina)/スペイン・バレンシア…
  2. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
  3. はじめに飛行機で飛び、船に揺られ、バスや電車で運ばれるだけが旅ではありません。自分の…
PAGE TOP