“本物の女らしさ”とは?プーケット・サイモンショーの知られざる秘密

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

こんにちは、マイコです。

先日、プーケット・サイモンショーに行ってきました。

今回は、これからサイモンキャバレーへ行く人や行こうか迷っている人たちのために、ショーの中では知ることのできない、とっておきの情報を紹介しようと思います。

この記事を読んだ方が、サイモンキャバレーとそこで働くニューハーフたちに、さらに興味を持ってもらえたら嬉しいです!

俳優たちの、ちょっとした裏話し

実は、プーケット・サイモンショーで輝いているこのニューハーフの女性たち、大学の学位まで取得した人や、元は政府の重要なポストに就いていた人までいるのだそうです・・・

意外に、エリートが多いんですね。

社会的な地位を捨ててまで、ここ サイモンキャバレーで働いている彼女たちの決断力、堂々たるものです。

プロ意識の高さに注目!

1日3公演のパフォーマンスを毎日行う彼女たちにとって、日々のトレーニングは欠かせません。

しかし、トレーニングといっても、ただ鍛えるだけではいけません。

なぜなら、彼女たちは同時に、”女性的な美しさ” も追求しているからです。

そう、筋肉をつけすぎると 男性っぽく見えてしまうのです。

そのため、一般的に考えるような筋トレではなく、ストレッチや持久力を上げるトレーニングを日々、重点的に行っているのだそうです。

ここまで細心の注意を払い、女性的に見える努力をしている彼女たち。

もともと女性の私と、どちらがより女性的か・・少し考えてしまいます。

俳優たちの正体

見た目、本当に美しい女性のように見える彼女たち。

ですが、実際のところ、初めにキャバレーにやってきた時は、男性のような見た目の人も多かったのだとか。

そこから、数々の努力を積み重ね、時にはホルモン注射や医療処置も受け、今の美貌が出来上がっているそうです。

綺麗な身体を手に入れた今でも、その努力はなお継続しているということで、”美” に対する執念の深さを感じます。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

最後に、プーケット・サイモンキャバレーについて〜

プーケット・サイモンキャバレーは、1991年に初開演し、以降、30年近く、ほとんど休みなしで、毎晩、ショーを開催しています。

ショーが開催されなかったのは、1995年に、ラーマ9世の母親、シーナカリン王太后が亡くなられた時と、2004年の津波の時のみ。

晴れやかな衣装は、毎公演で、1000種類以上のラインナップがあります。

多様な人たちの努力によって支えられた、東南アジア最高峰のニューハーフショー、見てみたくありませんか?

きっと、あなただけの体験ができることでしょう♪

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  2. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  3. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  4. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  5. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  6. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  7. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  8. 「ン”モ"ォオォォー」その声は茂みの向こうからやって来た…。みなさんはじめまして!Shi…
  9. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  10. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…

最近の人気記事

  1. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  2. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…
  3. はじめに世界中の、目を見張り心に焼きつく景色。写真に残していつまでも色あせない思い出にしたい…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP