東南アジアの親日国ラオス~基本情報~治安・食事・観光情報

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

image
「親日の国は?」の問いに多くの人が思い浮かべるのは、台湾、トルコ、タイなどではないでしょうか。
あまり知られてはいませんが、ラオスは日本人にとても優しい国なのです。けれど、ラオスって何があるのか、どこにあるのか、いまいち分からないのが正直なところ。
では、ラオスってどんな国なのでしょうか。

 

ラオス基本情報

正式名称:ラオス人民民主共和国(Lao People’s Democratic Republic)
首都:ビエンチャン(Vientiane)
人口:約649万人(2015年 ラオス統計局)
公用語:ラオ語
日本との時差:-2時間
通貨:キープ(Kip)
ビザ:15日以内の滞在は不要
アクセス:日本からの直行便なし、ベトナムやタイから乗継が必要。バスや鉄道など陸路での国境を越えも可能。

ラオスは中国、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、タイと国境を接し、東南アジアで唯一海に面していない内陸国です。国土の多くが山岳地帯で、未だに手つかずの自然が数多く残っています。

治安

夜中に出歩かない、荷物から目を離さないなど気の抜けた行動さえ取られなければ、特別怖いと感じることはありません。治安は良いです。筆者も女性一人旅でしたが問題ありませんでした。

 

ラオス人の国民性

親日家が多く、穏やかな国民性です。性格は日本人と似ているかもしれません。
控えめで、のんびりとした性格だからでしょうか、ビエンチャンの街はクラクションを鳴らす車が殆どいません。お隣ベトナムから移動してきたので、その静かさにアレ?静か…と思ってしまったほどです。世界一静かな首都だそうです。
若者の間では日本のアニメやファッションが人気で、親日家が多い理由の1つです。

 

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

ラオスの食事

写真はラオスを代表する料理ラープ。細かく切った肉または魚を、パクチー、ライム、レモングラス、唐辛子などで和えて炒めた料理です。具材によって、鶏:ラープ・ガイ、豚:ラープ・ムー、魚:ラープ・バーがあります。
カオニャオと呼ばれるモチ米を蒸したものと一緒に食べるのがラオス流です。カオニャオはラオスの主食です。
image
こちらは上の写真とは別のレストラン(食堂)で食べた時のメニューです。
image

 

観光名所

ビエンチャンの見どころと言えば、やはり仏教寺院や史跡。ラオスは仏教国なのでお寺があちこちにあります。筆者の別記事「ビエンチャンのお勧め観光名所5選」をご参照ください。

 

日本のODA

2015年、日本とラオスは外交関係樹立60周年を迎えました。その背景には日本によるラオスへの継続的な支援があるようです。日本のODAはダムや橋の建設、教育環境の整備や人材育成、保健医療の改善など様々な分野に渡り展開されてきました。
青年海外協力隊が初めて派遣された国がここラオスなのです。
ラオスの人々はその働きに敬意を示し、街中には日本の国旗や石碑が数々見られます。日頃からこれらを見て過ごすラオスの人々は、自然と親日の感情が芽生えるのではないでしょうか。

<ワッタイ国際空港>
ラオスに着いて最初に目に着くのが、ワッタイ国際空港の日の丸です。日本のODAのことなど全く予備知識なしで訪れたので、何故日本の国旗があるの?と疑問に思いました。空港に関する国際規格に対応すべく、駐機場の拡張や誘導路の新設、保安設備の整備を日本が支援したそうです。日本の支援がラオスの人々に喜ばれているのはとても嬉しいです。
image

<バス>
都営バスにそっくり!と思わず写真を撮ってしまいました。日本製バスは冷房付きで快適です。車体には〝From the People of Japan”と書かれています。
image
image

 

まとめ

この記事を読んでラオスに行ってみようかな、と少しでも興味を持って頂けたら嬉しいです。
穏やかなメコン川の畔のこじんまりとした首都ビエンチャン。親日家が多く、治安も良いので女性の一人旅にもお勧めです。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. ※注意!こちらの募集は「旅のビジネス」とは異なります。WEB初心者は約6ヶ月の短期集中コ…
  3. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  4. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  5. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  6. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  7. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  8. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…
  9. 生徒たちが動画を編集して作ってくれました、後半いいっす笑ちょっと長いですが、最後まで見てくだ…

最近の人気記事

  1. 東南アジアは日本人にとっては文化や生活習慣も比較的近く、国にもよりますが他の地域と比べて旅し…
  2. ポロリで幸運をゲット! 女も男も熱狂する「ニューオリンズ・マルディグラ」(New Orleans…
  3. 「和を以って貴しとなす」を根底テーマに、「be 美(美しくあること)」を活動指針とするNPO法人「美…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP