毒を食らわばカメムシまで!?短期間に体験した人生2大悪食

みなさん

こんにちは、シゲです!

今回は、ぼくがここひと月で衝撃を食らわされた食べ物を、2つ紹介したいと思います。

1、クワズイモ(※毒)

はい、皆さんにまずお伝えしたい事が一点…

これ、絶対食べないで下さいね!

絶対後悔しますから!いや本当に!

 

では、なぜぼくがこれを食べることになったかというと…

すみません”ただの好奇心”です。

「好奇心は猫をも殺す」とはよく言ったもので、世の中本当に危ないモノもあるから、何かをする前によく考えようという教訓を得た事件でした。笑


事の発端は草刈りをしている最中

刈った中に見覚えのある植物が…、なんだか食べられそうかもと思いひとかけら茎の部分をかじって吐き出してみたのです。

すると、最初は少し違和感があるかな程度だったのが、1分もしないうちにどんどん口の中に無数の針をつっこまれたかのような痛みが走り出して、よだれが止まらなくなりました。

嘘ついたら針千本のますよりも、クワズイモ食べさせた方が手っ取り早いんじゃないかと思った瞬間です。

うがいをしても、砂糖を舐めても痛みは引かず、3時間ほど悶えていたのを覚えていますね。

これを飲み込んでいたらと思うとゾッとします。

皆さんも拾い食いには気をつけましょう。笑

クワズイモの詳細についてはこちらをどうぞ

2、カメムシ

お次はコイツらです。

ニオイ爆発カメムシ先生です。

あぁ、今でも思い出す。

カメムシが口の中で弾けた瞬間を…、あれは地獄でした。

石垣島にはカメムシだけでも色々な種類がいるそうで、どれを食べたのかは判りませんでした。笑


事の発端は石垣島の闘牛場で行われたエンターテイメント「命ぬ紬詩(ぬちぬつむぎうた)」のお疲れ様会が村で行われた夜のこと。

ぼくもご好意で焼きそばをご馳走になって、楽しく過ごさせてもらっていた時です。

最小限の灯りで独特の空間を創り出している村。

それゆえに、ぼくは気づかなかったのです。
ぼくの焼きそばの中に、ヤツが紛れ込んでいたことに…。

お腹を空かせていたぼくは、一口に食べようと一気にかきこんで焼きそばを味わいました。

次の瞬間!

カリッ…

口の中でニオイが核爆発を起こし、ニオイが目の奥まで突き抜けました。
何が起きたか分からず、近くの草むらに思い切り吐き込みました。
吐き出してもニオイは消えず、息を吸うたびに不快感で気持ち悪くなり、鳥肌を立てていました。

気持ち的にも、カメムシを食べたという事実が精神を抉ってきて散々でしたね。笑

「毒を食らわば皿まで」なんて言いますけど、絶対無理ですから!
開き直ったら食べられるってものじゃないので!

まとめ

みんな、物を食べるときは気をつけて食べてね!笑

以上、シゲでした!

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…
  3. ネットで石垣⇒香港の格安チケットを見つけて衝動買い、10日間のショート旅。楽…
  4. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  5. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  6. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  7. 鹿児島では「愛」と「神話」について学び、熊襲の血を引く鹿児島人の優しさ、温かさに流され、旅をしてきま…
  8. 僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだくれて、牛とダンスした日。…
  9. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  10. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…

pickup 情報

  1. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…
  2. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…
  3. 余裕いっぱいの予算と時間があれば、「世界一周」も、行き当たりばったり、地球上をあっちへ行った…
PAGE TOP