毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場にキャンピングカー泊したよ!この場所での遊び方や周辺の見所

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

柚子が名産の毛呂山町の高原地にあるキャンプ場。なんだかいい香りが漂ってきそうですね。首都圏エリアからやってくる、家族連れやペット連れに安定した人気のあるオートキャンプサイトです。

ただ、とびぬけた特別サービスがあるわけではありません。それにも関わらず、なぜ人気なのか? その秘密を探ってみましょう。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場での飲食

キャンプ場内にレストランや食事処はありません。ほとんどの利用者たちは自炊をしているようです。ただ、機会は限定されてしまいますが、キャンプ場内で特別な食事を楽しむことができるので、そのチャンスは逃したくないですね。

・流しそうめん

小さなおもちゃキットでの流しそうめんはできても、竹をパカーンと割ったところをツルツルと流れてくる本物の流しそうめんを味わうチャンスはあまりありません。夏のゆずの里の名物はこの流しそうめんです。長さ7mもの竹にたっぷりのそうめんを流してくれます。イベントは年に1度きりのチャンス。日程を確認してその日を狙って予約しましょう。

・芋煮会

すっかり全国区で定着した芋煮会。11月に入るとすっかり晩秋の色が濃くなるゆずの里ではキャンプ場主催による大掛かりな芋煮会が開催されます。お鍋に投入されるのは、地元茂呂山町産の野菜たち。これまた、年に1度きりのチャンス。お見逃しなく。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

・窯焼きピザ

1日1組限定ですが、キャンプ場の炊事場近くにある手作りピザ釜を使って、自分たちによる自分たちのためのピザを焼くことができます。レンガ積みの窯はもちろん貸し切り。ピザを焼くための道具はすべて準備されています。窯焼きピザレストランのあるキャンプ場はあります。でも、窯を貸すから自分で焼いていいよというキャンプ場は聞きません。これは、家族連れにはもちろん、美味しいものに目のないキャンパーには、魅力的なサービスですね。

また、非常に便利な立地なので、徒歩でも車でも外食する場所を探すことが可能です。ただ、チェーン店が多く、地元の美味しいものを食べるという感覚はあまり味わえないかも。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場での遊び

ある意味正しくキャンプ場らしいのがゆずの里です。

駅からもインターチェンジからも近いのに、しっかりと森と林に囲まれ、清流が流れ、鳥の声虫の声がBGM、夜は真っ暗という環境です。そして、場内にはいわゆるイマドキのアトラクションがほとんどありません。

季節ごとの自然をそのまま目で愛で耳で聞き鼻で嗅ぎ、体で空気や水の温度や感触を感じる、そんなアウトドアの神髄を味わえます。

・川遊び

キャンプ場内喜多川には毛呂川が流れています。小川以上清流以下といった位置づけで、浅く流れも緩いため、釣りやボート遊びはできません。そのかわり、水遊びにはもってこい。小さな魚や虫、そしてオタマジャクシやホタルなどが当たり前のように季節ごとにそこにはいて、大人たち懐かしさに、子どもたちはいきなりワイルドに変身して大興奮。川遊びは、子どもたちにとって全身ずぶぬれになっても許される貴重な体験です。でも親たちには、その濡れた服をどうするのか、汚れて冷えた体をどうするのか、という問題が多少は頭をかすめるものですね。

でも大丈夫。ゆずの里には、無料の洗濯機と乾燥機があるのです。さらには無料の温水シャワーもあります。これなら、子どもたちに心おきなく遊んでもらっても、何の問題もありませんね。

http://www.yuzunosato.jp/

社会を捨て、手作りの「車のお家」で無期限の旅へ ~ 家族3人+犬2匹の物語

ハイエースキャンピングカー写真1

「廃材」を使った手作りの「車のお家」で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、スタートし、家族3人+犬二匹で「学び」の旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場に泊まる

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場は、プライベートサイトとフリーサイトがあります。プライベートサイトは18区画あり、10m×9mの広さを垣根などでしっかりと囲み込んでプライベイト感の高い空間を作っています。サイト面は元芝。現在はほぼ砂利になっています。

フリーサイト25カ所も広さは同じで、こちらはしっかり砂利。臨時駐車場のように、地面にロープを張っただけの境界線が引かれています。

どちらも原則として予約時にサイト指定ができません。現地入りした時点で空きがあれば選べます。ただ、人気のあるキャンプ場であり、レイトチェックアウト制度があるため、宿泊予約の空きはあっても、チェックインする時点では良いサイトほどまだレイトチェックアウト客がくつろいでいる傾向があります。

砂利サイトを嫌う人もいますが、排水がいいことや、土ぼこりや枯れ草がテント内に入ることがない点を好む人もいます。ここも、砂利用のペグやしっかりとしたクッションシートは必要になりますが、なかなか使い勝手のよい砂利サイトになっています。

前述のとおり、無料のシャワーがあり、洗濯機や乾燥機も無料。炊事場はかなり広く、トイレは水洗対応でキレイに保たれています。売店もあり、簡単な飲料や軽食、キャンプ用品も多少の販売やレンタルがあります。

オートキャンプ場なので、自分たちのサイトまで車での進入ができます。嬉しいことに、自サイト内に駐車できる範囲であれば、複数台の駐車もOKです。キャンピングカーも可。ただし、7mを超える大型車は混雑時に限って入場規制しているほか、通常時でも1サイト1台となっています。大型車両所有の場合には注意しましょう。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の安全性

キャンプ場からも注意書きがでていますが、キャンプ場入り口付近は坂道でスピードが出やすいため、運転する方もその付近を歩く方も注意しましょう。

キャンプ場内の車での出入りは夜22:00から朝10:00まで禁止され、この時間帯だけでなく暗くなってからの車での移動は原則禁止です。また、場内駐車するには、必ず許可証が必要です。そのため、外部からの車は入ることがなく、夜間の出入りもないため、安全です。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の立地とアクセス

ゆずの里内には多少のアップダウンがありますが、サイトそのものは平坦。ほとんど砂利サイトです。

キャンプ場は自然に囲まれていますが、意外にも都会からのアクセスも街との距離も近いのが特徴。

圏央道鶴ヶ島インターチェンジから30分、関越自動車道の鶴ヶ島・坂戸西スマートインターチェンジのどちらからでも30分です。

また、電車でのアクセスも可能。JR八高線の東野呂駅から徒歩圏内です。

毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場の周辺観光

・滝之入ローズガーデン

ゆずの里のすぐ隣にあるバラ園。バラが咲く季節だけの期間営業とはいえ、バラの香りに包まれる優雅なひと時を過ごせます。見ごろの季節には、切り薔薇の即売もあって新鮮で薫り高い薔薇を安く購入できます。

・ミルフィーユ毛呂山

夏のブルーベリーの季節限定でオープンする体験農場兼カフェ。無農薬のブルーベリーを積んだり食べたり。ブルーベリーを使ったミルクティーやカキ氷など、ちょっぴり変わった食べ方にもチャレンジしましょう。

・おたか

うどんのチェーン店で、地元の柚子を使ったうどんが名物です。なんといっても、ゆずの里から徒歩3分という至近距離にあるため、キャンパーたちの利用率が非常に高い店です。もちろん、評価も高く味は保証付き。また、おたかには足湯があります。もちろん無料。うどんを食べる前後にちょっと休憩していきましょう。

・鎌北湖

灌漑用湖ですが、戦前に作られただけあって、周囲の自然と完全に溶け合っています。春の桜も秋の紅葉も見事。それほど大きな湖ではなく、手漕ぎなどのボートもあり、ゆっくりと過ごせます。

・出雲伊波比神社

1000年近い歴史を持つ流鏑馬の神事で知られています。本殿は国の重要文化財にも指定されている重厚さ。浄められた敷地内を散歩すると、心も浄められる思いがします。

・新しき村美術館

武者小路実篤とその同志たちが拓いた理想の地「新しき村」を今現在も引き継いでいる村人たちによってつくられています。武者小路実篤の遺品などが展示されているミュージアムです。

・スカイパーク毛呂山

インストラクターの指導のもと、パラグライダーにチャレンジできる施設です。のどかな環境の中、アットホームな雰囲気で行われるレッスンは、個人差はあるようですが、初めてでもふわりと浮いて少し飛ぶことができるそう。

http://www.yuzunosato.jp/

基本情報としての施設設備

①営業期間と時間と料金

3月末から10月までは通常営業ですが、11月から3月は冬季対応。その年によって営業期間や営業日が異なりますが、冬季は閉鎖される月もあります。また、営業していても土日のみなどに限定されるので、直接問い合わせてみましょう。

チェックインは12:00~、チェックアウトは11:00までです。アーリーチェックインは9:00、レイトチェックアウトは14:00までで、それぞれ1000円です。通常営業期間中は16:00までのレイトチェックアウト2000円も可能です。

プライベートサイトは1泊5200円。砂利のフリーサイトは1泊4200円。どちらも電源付きで、車の駐車も可能です。

②駐車スペース

オートキャンプ場なので、車での進入が可能。小型車などでスペース内に収まるならば複数車の駐車もできます。全長が7mを超える場合などは、サイト外の駐車スペースへの駐車となります。また、7mを超える場合も、シーズンオフには受け入れてもらえることがあるので、問い合わせましょう。

③トイレ

サニタリー棟内に水洗トイレがあります。

④炊事

サニタリー棟並びに室内炊事場があります。お湯はでませんが、清潔で広々とした炊事場です。

⑤シャワー・風呂

男女別無料の温水シャワーがあります。消灯時間の22:00まで使用が可能。また、身障者用のシャワーがあり車いすでの利用もできます。

すぐ隣に無料の洗濯機乾燥機の設置もあります。

施設はすべて無料ですが、シャンプー類や洗剤などは個人で持ち込みましょう。

車で30分ほどの場所にある宮沢湖温泉喜楽里別邸で日帰り温泉に入れます。美人の湯としてしられ、温熱房や岩盤浴などもあります。

⑥電源

すべてのサイトに電源があり、1000Wまで利用できます。

⑦ゴミの扱い

ダストボックスの設置があり、ゴミを捨てることができます。

⑧売店など

管理棟でスナック系軽食、ジュース、調味料などが販売されています。事務所ではキャンプ用品のレンタルの取り扱いもあります。

⑨Wi-Fi

現時点ではないようです。

⑩そのほか

花火の使用は手持ちのみ可。直火利用は不可。ペット連れはOKですが、サイト外では必ずリードにつなぎましょう。

まとめ

ゆずの里のよさは、人工的なサービスは、必要なものはちゃんとあって、それも無料で提供されているけれど、決して豪華だったり至れり尽くせりにはなっていないところにありそうです。キャンプ慣れしていないファミリーキャンパーも、できるだけ自然のままを楽しみたいと訪れるベテランキャンパーも、どちらもそれなりに満足させることができる環境だと思います。

もともと、キャンプ場に対してリゾートホテルに泊まるような多大な期待をかけている人はそれほど多くありません。そのため、この手頃感がなんともちょうどいいのでしょう。

また特筆すべきは、スタッフの温かい対応。訪れた人がみな口を揃えて、「スタッフの感じが良かった!」と言います。これ、好印象を持つもっとも大きな要因です。

是非、温かいスタッフのもてなしと不安のないキャンプを楽しみにおでかけください。

「毛呂山町ゆずの里オートキャンプ場」
埼玉県毛呂山町大字滝ノ入585¥
049-294-8812

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  2. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  4. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  5. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  6. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  7. 鹿児島では「愛」と「神話」について学び、熊襲の血を引く鹿児島人の優しさ、温かさに流され、旅をしてきま…
  8. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  9. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  10. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…

pickup 情報

  1. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  2. はじめにタイの正月「ソンクラーン」は水でお祝いします。ソンクラーンは、大量の水をこれ…
  3. はじめにありきたりな旅はもう十分! という贅沢な悩みを解消してくれそうなホテルを世界各地から…
PAGE TOP