海外でどうしても豆腐が食べたくなった時の豆腐の作り方とか

akinekko060602

海外でロングステイしていると日本食が恋しくなることがあります。

わたしは中米グアテマラに7か月滞在し、普段はホームステイ先のファミリーが作ってくれた美味しい食事をいただいていましたが、たまに「カレー食べたいなー」とか日本で毎朝食べてたTKG(卵かけごはん)が無性に食べたくなったりしました。
カレー粉(箱)はアンティグアのメルカド(市場)にある韓国食材店で売っているけど、激高!
日本円で1箱500円程度。
そして海外では生卵を食べる習慣があまりないようで、スーパーで売っている卵は基本的に加熱が必要だし、そもそもTKGに欠かせない醤油が手に入らない。
なんちゃって醤油のようなものは見かけるけど、想定している味とはなんか違う。

そしてわたしの大好物、豆腐。
Tofuは世界的な健康志向の高まりや、欧米圏を中心としたベジタリアンの増加に伴い、日本人だけでなく外国人にも大人気。
木綿豆腐は食べ応えがあってお肉の代わりに利用可能、絹ごし豆腐はつるつるした食感がデザート代わりにも。

グアテマラに長年住んでいる日本人の友人の中には、家でTofuを手作りしている人もいました。
Tofuって、意外に簡単に作れるんですね。

ちなみにTofuはスーパーで売っていますが、現地の物価感覚からすると高級品だし、味もなんか違う。

「だったら作っちゃえ!」と言うことで、ホームメイドのTofuに必要なものは以下の通りだそうです。

食材
・大豆
・水
・にがりの代用になるもの

道具
・布
・ミキサー
・鍋
・ヘラ
・容器

Tofu作りに欠かせないのが「にがり」。
にがりは海水から食塩(塩化ナトリウム)を抽出した残りのことで、豆腐作りにおいては、豆乳を豆腐にかえるための凝固剤の役割を果たします。

このにがり、実は他のものでも代用できるそうで、友人のひとりは町にある薬局で「塩化マグネシウム」を購入してにがりの代用にしていました。
また、もうひとりの友人は「レモン汁」を使っていました。

そして大豆はひよこ豆でもイケるそうです。

作り方はざっくり説明すると以下の通り。

1 まず、大豆をよく洗う
2 よく洗った大豆を水に漬ける(季節によって漬ける時間は異なり、夏であれば8時間くらい、冬は夏の2倍の時間とのこと)
3 大豆の水気をしっかり切る
4 水気を切った大豆に水を1倍あるいは1.5倍入れてミキサーにかけて滑らかにする
5 ミキサーで滑らかにした大豆を鍋に移し、30分ほど弱火で煮込む(このとき焦げ付かないように静かにかき混ぜまず)
6 鍋で煮込んだ大豆を布にすくい入れ、ヘラでこす(布に残ったものがおから、搾り汁が豆乳です)
7 豆乳を鍋に入れ、にがりの代用になるもの(塩化マグネシウムあるいはレモン汁)を投入、ゆっくりかき混ぜる
8 鍋から容器に移し、冷蔵庫に入れ、固まったら完成

大豆をこすための布の目が細かいほど滑らかな口当たりの豆腐が完成するとのこと。

akinekko060601

友人が手作りした豆腐はとっても美味しくて感動ものでした。
大豆の甘さが広がり濃厚、そしてクリーミー。スーパーで売っている既製品の豆腐だと物足りなくなりそう。

ホームパーティーは手作りTofuをはじめ、日本風カレー、グアカモル(アボカドをペースト状にしたもの)、そしてもちろんビール。

akinekko060603

最近では和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあり、海外での日本食の認知度は相当なもの。
お馴染みのSushiやMiso Soup、そしてTofu。
レモンをにがりの代わりに使っていた友人は、Tofuバーガーを現地で販売するビジネスウーマンです。

Tofuは海外でも手に入る食材で手作りできるので、興味がある方は一度家で作ってみるのも楽しいかも。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    type2完成!~旅をして、さらに改良し使いやすく、おしゃれになりました!自作キャンピングカー旅…
  2. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…
  3. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  4. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  5. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  6. もうこの地球上で進みたい「道」が無いと思っていたら、宇宙と繋がったよ。ヨットという選択肢がま…
  7. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  8. ※文章&動画制作:シゲくん「じゃぁ、どうする?」このクリエイティブな合言葉はいつでも…
  9. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  10. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…

pickup 情報

  1. はじめに正社員として定職につくのが簡単ではない昨今。それは学歴や成績、そしてコネさえ大きな背…
  2. はじめに世界中の、目を見張り心に焼きつく景色。写真に残していつまでも色あせない思い出にしたい…
  3. はじめに飛行機で飛び、船に揺られ、バスや電車で運ばれるだけが旅ではありません。自分の…
PAGE TOP