海外でフリーランス活動をする前に考えておくべきこと

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

なぜ日本から出て行きたいのか考えることが大切

aa1

日本から出て、フリーランスとして活動して、自由に海外で過ごしたり、広い世界を自分の目で確かめたい・感じたいと思い、活動の場を日本から海外へ移そうと考えている人って意外と多いのではないでしょうか?

テレビやインターネット上の情報だけではわからない世界もあると思いますし、メディアで見かけた神秘的な景色の心を奪われ、いつかこのような景色を見て巡りたいと憧れている人もいると思います。

そのような「広い世界を自分の目で見てみたい」という意志だけで、海外へ活動の場を移し、成功した人はいると思います。しかし、現実はそう甘くはありません。

今となっては成功者の1人であっても。以前は失敗の繰り返しだった人だっています。たくさんの失敗した経験から学び、成功者と呼ばれるほどのし上がってきた人だってたくさんいるのです。

海外へ行きたいという意志だけで成功するのはほんの一部のみであり、コネも何もなく海外で成功するなら、まずはどうして日本を出たいのか考えることから始めてみてください。

日本が合わないから出て行くという人はしっかり考えるべき

aa2

日本を出て行きたいと思っている理由は人それぞれですが、「日本が合わない」という理由で出て行きたいと思っている人は注意が必要です。

例えば、日本のレベルが遅れており、自分の力が存分に発揮できないから合わないという人も居ますが、日本に適応できないから日本が合わないと言っている人も中にはいるのではないでしょうか?

日本に適応できないから日本が合わないと言っている人は、仕事はコピーやお茶汲みなどの雑用ばかり任されていたり、条件が厳しくて「自分に合う仕事がない!」と言って仕事が見つからなかったりしている人が多い印象にあります。

「日本は自分を分かってくれない」「自分らしく働ける自分にピッタリな仕事が日本には無い」と思ってはいませんか?

それは日本が悪いわけではなく、貴方自身に落ち度があるのではないでしょうか?そのような人は、海外どころかフリーランスとして日本でも上手く活動していくことは難しいでしょう。

aa3

自分のスキルを評価されないと思っている人は、自分の仕事っぷりをよく考えなおしてみてください。自分は責任が発生するような仕事を任されるほど、会社に貢献できているのか、コピーやお茶汲み程度しか任せられない人間ではないのかよく考えてみてください。

自分にピッタリな仕事が無いと思っている人は、自分が仕事に求める条件が厳しすぎないか考えてみてください。贅沢を言っていたらフリーランスでも活動できませんよ。

仕事を選ぶのは大切なことであり、自分にピッタリな仕事になればそれだけ仕事に対する楽しさもやりがいも感じられると思います。しかし、条件が多すぎては見つかるものも見つからなくなります。とりあえず絶対に譲れない条件を1~2個に絞って仕事探しをしてみたらどうでしょうか?

海外へ出たいという理由は、このようなネガティブな理由では、海外に出たときに生きていくことは難しいと思います。

海外に出たからといってすぐに成功するわけではない

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万~320万円。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

aa4

海外に出たからと言って、すぐに成功するとか、すぐに楽になるとか思ったら大間違いです!

フリーランスはクライアントとの契約が重要になってくるので、クライアントの見付け方や契約次第ではすぐに短時間でも収入を得られるようになるかもしれません。

しかし、そのようないわゆる「おいしい仕事」というのはなかなか見つけにくいものですし、見つけたとしても、いくら未経験でもOKなお仕事だとしても、ライバルが多くて採用されないのがオチです。

また、日本のクライアントではなく、海外のクライアントと契約する場合は、そのクライアントはあなたが「日本人だから」という理由で契約をしたのかもしれません。

日本人という理由で契約したクライアントの場合、あなたが日本人らしい人であることを求めています。

日本は丁寧で礼儀正しい国というのが海外の印象です。海外のクライアントは、日本人らしい丁寧な仕事を求めてあなたを採用したのかもしれません。

なので、海外に出たからといって、仕事を適当に片付けるのは絶対にNGです。日本人であることを求められていることが多いので、海外に出ても責任をもって丁寧に仕事をこなすことが大切です。

また、意外に思われるかもしれませんが、正しく日本語を使えるかどうかも重視する海外クライアントもあるそうです。その国の語学力が教科書程度の最低限でも構わないと思いますが、母国語である日本語を正しく使えている方が海外で活動していく上では重要になることもあるそうです。

因みに、クライアントと契約するときに、志望動機に「日本が合わない」という理由にすると、「日本でもこの人は適応できなかったのか」と思われて契約が結べないこともあります。フリーランス活動だけでなく、海外で就職する場合も同じです。日本が合わないという理由は絶対にNGです。

日本から出て行く理由はポジティブに!

aa5

日本が合わないという理由でも、ネガティブな理由ではなくポジティブな理由ならOKだと思います。

例えば、日本よりもレベルが高く最先端を行っているようなところで、自分の力を発揮したい、挑戦してみたいというような感じで、「自分の力を最大限に活かすため」だったり、「さらなるスキルアップをするため」といったポジティブな理由を見つけて下さい。

もちろん、広い世界を見てみたいというのも立派な理由ではありますが、挫けそうになったときや、海外に出た目的を見失いそうになったときなどに備えて、海外で仕事していく上で、なぜ日本ではダメなのかという理由も準備しておくことをおすすめします。

決して、ネガティブな理由のままで海外に出ようとは思わないで下さい。ネガティブな理由のままですと、失敗した時に途方もなく絶望してしまい無気力を招いてしまう可能性もあります。

ポジティブな理由なら、海外で頑張っていくための目的にもなりますし、仕事への熱意へと繋がります。

仕事に対してやる気がない人は、海外では通用しません。むしろ、日本のフリーランスを求めているクライアントからも必要とされません。クライアントの希望に応えていくことがフリーランスとしてとても大切だからです。

さらに土台があれば成功へぐっと近づくかもしれません

企業の従業員の一員として勤務している人も、最初からフリーランスの道を選んで活動している人も、日本で努力をしたという土台があれば、さらに海外で成功する道へと近づくと思います。

土台なしで、ただ挑戦心だけを持って海外へ出ていき、そして成功した人もたくさんいますが、ある程度土台があれば、その分成功する可能性がアップするのではないでしょうか。

何か1つでもいいので、スキルを磨きあげたり、実績があったり、目標を達成したり、成功した人にはそういった土台がある人が多いそうです。無いなら無いで海外で土台を作っていっても良いと思いますが、自分にはそういった土台があるのか、出発前に考えてみてくださいね。

自由なワークスタイルを確立するのも夢ではない

フリーランスという働き方は、会社から守ってもらえません。収入も不安定です。そのため、最初は失敗を繰り返したり、全然収入に結びつかなったりするかもしれません。

しかし、フリーランスとして成功すれば、収入も安定してきますし、自由なワークスタイルでm自分の目で広い世界を見ながら、旅をしながら仕事を続けていくことができるようになります。

さらにその旅自体が仕事に繋がることも珍しくはありません。自由に働いて、自由な場所で自由に過ごすという夢の様な話が、夢でなくなるかもしれないのです。

成功するまでちょっと大変かもしれませんが、成功すればきっとあなたが理想とする生活が手に入るかもしれません。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

Family – pickup

  1. 2025km、61日間の思い出写真…
  2. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  3. サハラの星空を目指して、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス…
  4. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  5. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  6. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  7. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  8. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  9. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  10. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…

注目記事

  1. バックパッカーで海外のライブハウスを巡る、音楽の旅旅には必ず音楽がついてきます。お気…
  2. 石垣島の山々や森に囲まれた大自然のド真ん中にあるLive Free村日の出とともに目を覚…
  3. アートで原始的な共同生活イベント「バーニングマン」(Burning Man)/アメリカネバダ州・…

ピックアップ記事

  1. シンガポールを旅して、東南アジアの中では珍しく急成長していて、非常に活気のある国だなと実感した。…
  2. 北米カナダにあるリゾートタウン、Whistler(ウィスラー)を知っているだろうか?バン…
  3. スペインの首都、マドリードにある『1977 Tattoo Parlour Madrid』には…
  4. 今回は、旅行好きの社会人が必ず直面する問題、「如何に円満に仕事を休むか」について考えてみたいと思…
  5. ロウソクの灯りで未来を明るく照らそうという信心がもとになって始まったイベントが、今ではタイ三…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP