海外で高山病&食中毒になってしまった!その時の原因や対処法とか

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

今回お話するのは、高山病と食中毒について。高所に行くと引き起こされることがあるという恐ろしい病である高山病。そして、海外ではそれなりにつきものな食中毒。ですが、その両方に一気かかってしまった場合、一体どうなるのでしょうか?本当は絶対にかかりたくなかったのですが、実際に苦しんでみて感じた辛さ、そして対応策などについて、紹介していきたいと思います。

高山病&食中毒にかかる前日まで

P1040895

高山病にかかるまでの私は、それなりに元気に活動していました。というのも標高3500m以上の土地に足を踏み入れたのは一週間前のことであり、高山病の症状も特に出ることなく過ごしていたからです。ちなみにその時のルートは、クスコ(ペルー)→ラパス(ボリビア)→ウユニ(ボリビア)→プーノ(ペルー)という順番をとり、高地の最終地点として、チチカカ湖などで有名なプーノを設定していました。バスに揺られてプーノに着き、特にそこまで何の問題もありませんでした。

なぜかかってしまったのか

panorama-970153_960_720

しかし!その晩、突如の高熱により目が覚めた私は、トイレとベッドを往復するレベルの食中毒を発症し、かつ同じタイミングで頭痛、息苦しさなどを感じる高山病にもかかってしまいました。しまいには現地の人々に襲われる悪夢まで見てうなされる始末。この時の私が犯してしまったミスについて、順番に振り返っていくことにします。

1.前日にラパスを歩き回りすぎた

IMG_4809

これは高地ではかなりオススメできない行為の一つです。高地では酸素が薄いため、はしゃいだり、ちょっと走ったりするだけで息が苦しくなってしまうことが知られています。これらがさらに悪化すると高山病に発展することになるのです。私はプーノに着く前日、まるまる1日を使ってラパスを歩き回ってしまいました。その距離約10km。普段であれば全く問題なくこなせる距離も、標高4000mの中では決して簡単なことではなく…。ここで無駄な疲労を体に蓄積させてしまったことが、かなりのダメージを与えてしまったと考えています。ちなみになぜ歩いたかというと、安いタクシー代を節約するため。ボリビアではタクシーの20分約300円程度で利用できるのに、それを渋ってしまいました。貧乏旅人にはありがちかもしれませんね。

2.酒を飲んだ

これも高地では推奨されません。高地の場合酒が非常にまわりやすく、また利尿作用により体内の水分がお酒によって排出されてしまいます。水分を飲んだうえで排出するのならよいのですが、お酒だけ飲んでしまうと脱水症状に近い症状が起きるようになります。ちなみに、お酒に強い弱いよりも、疲労具合の方が影響しているように感じます。

3.日焼けしてしまった

P1040691ウユニの塩の大地で、肌が真っ黒に

酒を飲むと水分が失われてよくないのと同様、日焼けすることもよくありません。というのも日焼けによって体の水分が蒸発してしまうから。マチュピチュやウユニ塩湖で調子に乗って日焼け止めを塗らなかった私の肌は真っ黒。水分が奪われやすくなっていたのです。

4.露店のアイスを食べた

もうこれが圧倒的に食中毒の原因と言ってよいでしょう。今でもこの行為はバカだったとつくづく反省しています。ラパスからプーノへいたるバスの途中、コパカパーナという観光地でバスの乗り換えを行ったのですが、そこで出会った日本人の人たちに勧められ、その場のノリでアイスを食べてしまったんです。しかも袋に入った市販のものではなく、自家製っぽい、ちゃんと冷えてるのかも怪しい感じのアイスを。ここまで2週間南米を旅して、一度も腹を壊さなかった私が、くだらないミスのせいで、ここから約1週間下痢と闘うことになったのでした…。

ここまでのまとめ

今回の内容はいかがでしたか?高山病って、意外と誰でもかかりやすいということを実感していただけたら幸いです。次回の投稿では対処編としまして、どのようにして高山病&食中毒のW攻撃から立ち直ったかを紹介します!

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  2. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  3. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  4. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…
  5. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  6. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  7. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  8. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  9. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  10. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…

pickup 情報

  1. 都会に住んでいる人が田舎に行くと、夜に星がたくさん出ているのを見てテンションが上がりますよね…
  2. 遊園地に行ったら絶叫マシンに乗る人って多いですよね。絶叫アトラクションって怖いと思う人も多い…
  3. 雨降り観光地10選天気は晴れがいい。これはほとんどの人にとって共通の認識でしょう。特に旅人にとっ…
PAGE TOP