海外ファッションに注目したらアパレル業界で成功した

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

日本では意外なところに注目が集まっている!?

fs1

実は今、日本の若い世代を中心に、シニア世代のファッションに焦点を当てたサイトが注目を集めています。

そのサイトでは、街にいる普通のシニア世代の方々のスナップ写真を紹介しています。

注目を浴び続けたそのサイトは、60歳以上限定のファッションスナップ集をついに書籍化し、ますます注目をあびるようになりました。

「若いうちが華」「若いうちに色々なファッションを楽しんでおけ」など、言われていますが、歳を重ねた後でも自分の好きな服装を、素敵に着こなしている人は、とても輝いて見えるのです。

書籍化されたスナップ集を見た人は「ひとりひとりの輝き」と「希望」を感じるそうです。

確かに、最近街を歩いていたり電車に乗っていると、若い人でも通用しそうなファッションを、上品に着こなしているおしゃれなシニア世代の方々を多く見かけるようになりました。

おしゃれな上に、中にはスマートフォンを使いこなしている人までいて、正直に「かっこいい!こんな人になりたい!」という気持ちになりました。

これはあくまでも、日本国内でのお話であり、確かに日本には今までこのようなシニア世代のファッションを焦点を向けた雑誌などはありませんでした。

では、日本国内に留まらず、世界に焦点を向けてみるとどうでしょうか?

世界中にはまだ見ぬファッションがたくさんある

fs2

服飾系の専門学生が修学旅行へ行ったり、留学先として選ばれる定番の国といえばフランスのパリであり、パリ・コレクション(通称パリコレ)というファッションショーが行われるほど、フランスのパリは世界の中でもファッションの最先端を行っています。

有名ブランドも多く、奇抜なファッションやまだ見ぬファッションを発見することができ、確かにファッションを学ぶ上では最適の国だと思います。

街並みも、人も、料理も、どこを見ても何もかもがおしゃれなので、自分のファッションセンスに磨きがかかるのも無理はありませんね。

しかし、パリだけがファッションの全てではありません。

世界には色々な民族衣装があり、民族衣装とまでは言わなくても、まだ未開拓なその国ならではのブランドなどもたくさんあります。

ベトナムでは民族衣装を可愛く着こなすのが流行り!?

fs3ベトナムの民族衣装として知られているアオザイですが、通常は上衣は木綿で下のクワンと呼ばれるズボンは絹で作られています。

また、アオザイは正装として着用されており、基本的にオーダーメイドのため、10万円以上したり、仕上がるのに1周間前後かかったりします。

しかし、最近の若いベトナムの女の人の間では、通常の洋服で使用される布地でアオザイを作ることが流行っているそうです。

洋服で使用される布地ですので、柄も水玉だったり花柄だりなど、従来のアオザイのような感じではなく、どちらかというとワンピースのように着こなせるといった気軽さも、女性の間でウケている理由なのかもしれません。

そして、何と言っても普通の布地の場合でも基本はオーダーメイドですが、値段が比較的安く4000円ほどで作ることが可能で、1~2日で仕上げてくれる店舗もあるそうです。

このように、民族衣装で新たな着こなし方をしている国が、ベトナム以外にもあるかもしれません。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

覚醒・意識世界の旅

精製されていない、覚醒植物の世界へご案内いたします。意識トリップで新しい発見・学びを得よう!

大麻・マリファナ販売

タイには知られざるファッションブランドが多数!

fs4

また、意外だと思われるかもしれませんが、タイは才能あるファッションデザイナーが多く居る国であり、日本にはまだ知られていなかったり、知名度がまだ低いおしゃれなブランドがたくさんあります。

最近、日本の女の子の間では密かにタイのファッションブランドが注目されており、中には世界のセレブやファッションモデルがこぞって買い求めるファッションブランドもあるそうです。

タイは、ニュー・ハーフの世界大会があったり、女性自体も美しい人が多いと言われている国ですが、美容だけでなくファッションもおしゃれで可愛いので、日本から比較的近場でファッションを学ぶなら、タイに行くことをおすすめします。

因みに、物価も安く、住居も食べ物も値段以上のクオリティが望めることが多いため、海外でフリーランスとして活動したいという人には、暮らしやすい国かもしれません。

最近は民族衣装自体が注目を浴びている

fas5

ベトナムの民族衣装について述べましたが、実は最近日本の女の子の間で世界中の民族衣装が注目されており、特に人気が高いのがヨーロッパの方の国の民族衣装です。

ヨーロッパの国の民族衣装は、女性らしいワンピースが多く、特に北欧の方は、普段使いしても大丈夫なようなメルヘンチックな衣装が多く人気が高くなっています。

fas6

チャイナドレスの専門店は日本に多数あるように、最近は人気のあるドイツやスイスの民族衣装の専門店や、民族衣装を取り扱っている通信販売のサイトも増えてきています。

中には見たこともないような民族衣装を販売しているショップもあり、世界のファッションに興味を持っている女の子の間では、民族衣装がじわじわとブームになっているのです。

また、もしかすると日本だけでなく、他国でもこのように自国以外の民族衣装に興味があり、密かなブームが巻き起こっている国もあるかもしれません。

その場合は、その国の人をターゲットにしてビジネスを行うことも可能になります。

カメラマンやライターとして活躍できるチャンス

fas7

色とりどりの民族衣装や、まだ見ぬ新鮮な世界のファッションブランドの数々は、見ているだけでも楽しい気分になります。

日本では、シニア世代のファッションに着目したサイトが書籍化され、注目を浴びていますが、世界へ目を向けるとまだまだたくさんの可能性が残されているのです。

世界の景色と一緒にスナップ写真を撮ったり、素敵に服を着こなすモデルさんを撮ったり、スナップ写真を撮ることでフリーカメラマンとして活躍できるかもしれません。

ファッションを伝えるのには、写真が必要不可欠ですから、カメラマンの夢を諦めた人でもチャンスが掴めると思います。

また、ウェブサイト上や書籍で紹介する場合、解説やコラムなども書くことになると思うので、フリーライターとしても活躍することも可能です。

ファッションに着目するお仕事は、とてもクリエイティブで刺激的なお仕事だと思います。

因みに、日本で話題になったシニア世代のファッションに着目したサイトを運営しているのは20代の男女2人であり、サラリーマンとOLとして普段は働いているそうです。

なので、ファッション業界の人でもなく、カメラマンとしての経験のない人でも、フリーカメラマンやフリーライターとして注目を浴びることのできるチャンスだと思います。

また、多くのファッションに触れていくことで、ファッションセンスも磨かれ、デザイナーやアクセサリー作家としても活動できるようになるかもしれません。

他にも、ウェブサイトで情報を発信するだけでなく、実際に服を仕入れて販売すればバイヤーとしても活動できます。

fas7

また、服だけでなくアクセサリーや化粧品などでも同じようなことができるのではないでしょうか。

特にアクセサリーは、アクセサリー1つ違うだけで同じ服装でも随分と印象が変わってしまいますので、おしゃれな人にとっては必需品と言っても過言ではありません。

また、化粧品の場合は、海外ですと非常にユニークでとても可愛いビジュアルをしている化粧品が多く、知名度はまだまだ低いですが徐々に日本人のファンが増えてきているコスメブランドもあります。

このように、海外には日本にはまだ無い可能性が多く潜んでおり、その可能性を活かして、自分自身が大きく羽ばたけるチャンスへと変化させることも可能です。

特に、諦めてしまっていた夢などがあるのなら、人生は一度きりですので、やりたいことをやって人生を楽しむために、海外に出て夢を叶えてくるのも悪くはないと思いますよ。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

大麻・マリファナ販売

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. キャンドルアーティスト ゴンちゃん!星とキャンドルが調和しました! …
  2. このコンテンツは、2010年2月に名古屋国際センターで開催された講演内容を編集した文書です。コロナが…
  3. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  4. 「ン”モ"ォオォォー」その声は茂みの向こうからやって来た…。みなさんはじめまして!Shi…
  5. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  6. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  7. キャンプしながら、ヴィーガンしながら、手作りのうごく家で旅をする。地に着いた家は持たないから、帰りを…
  8. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  9. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  10. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…

pickup 情報

  1. はじめに世界中の、目を見張り心に焼きつく景色。写真に残していつまでも色あせない思い出にしたい…
  2. 世界中のバックパッカーが集まるインド世界中からバックパッカーが集まる国といえばインドです。イ…
  3. 海外では日々、色々なところでお祭りが開催されています。世界的にも有名なお祭りから、マイナーだ…
PAGE TOP