海外旅行はガイドブックを捨てて街歩きをする方が10倍楽しい!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

t3

ヴェネツィア(イタリア)の水道

 

見慣れた景色から飛び出して、やってきた新しい国、新しい街!どこの場所であっても、きっと皆さんの冒険心をくすぐってくれるのではないでしょうか。でも、せっかく来たのに、バスや電車での移動ばかりで、本当にいいですか?せっかくなら少し頑張って街を歩いてみませんか?

今回は、街歩きをしてみて欲しい理由について取り上げてみたいと思います。

 

1. ガイドブックには載っていない、新しい街が見える

t1

トレド(スペイン)の家々が連なる小路

 

旅先にくると、どうしても有名な観光地や世界遺産ばかりに目がいってしまいがちになります。ですが本当にその街のことを知りたいんだったら、それだけじゃもったいない!旅行のガイドブックには載っていない、細い道、小さなお店、知らない場所に、少し勇気を出して歩いてみることで、あなたの、その街の“通レベル”が大きく違ってきます。何度も訪れるかは分からない、一度限りの経験。どうせなら街の隅々まで体感してみませんか?

 

2. 日本での喧騒を抜け出せる

t5

オリャンタイタンボ(ペルー)の風景

 

特に、日本の都会で生活している皆さんには是非、街歩きをオススメしたいです。ビルばっかり立ち並び、近代的な日本。とても整っているけれども、なんだかそんな景色に飽き飽きしてませんか?ヨーロッパにたくさんある、古代・中世の面影が残る街並み、南米で出会う、ごちゃごちゃした街並みなどなど、今までに見たことの無い景色があなたを待っているはずです。観光バスで2階から眺めるだけでは、きっと味わえないと思います。

 

3. 地元の店、地元の人とふれあえる

 

t6

ラパス(ボリビア)のマーケット

 

観光地だけを巡る旅は、どうしても人が多い上、観光客相手に仕事をしている人としか出会えなくなりがち。ですが、それほど観光客の多くないところを歩いてみれば、地元の人しか行かないような美味しいレストランやバー、そしてきさくな住民たちに出会えるかもしれません。普段観光客がいないところの人たちは、日本人がいると珍しがってよく話しかけてきてくれます!もちろんスリなどには気をつけながら、ふれあってみてはいかがでしょうか。

 

4. 普段の散歩より疲れない

t4

ローマ(イタリア)のコロッセオ

 

日本にいて毎日歩く道と、初めてきた街で歩く道とでは、どちらが楽しいでしょうか?もちろん断然後者ですよね。見慣れた風景よりも、新しい風景の方が、きっとドキドキやワクワクに出会えるはず。そんなことを感じながら歩けば、日本にいて散歩するよりも疲れを感じないはず。

 

5. 安上がり

t2JPG

コルドバの街並み

 

最後になりますが、これも大きな理由になりますね。これは国にもよりますが、1日中バスや電車で移動をしていると、けっこう交通費がかさんでしまうはず。もしタクシーなんて使ったら、かなりの費用になりますよね?もちろん体力が許せば、にはなりますが、街歩きをすれば楽しい上に節約になって一石二鳥です。そこで浮いたお金は、是非食事代に回してみましょう。歩き回って空腹な分、ちょっとご飯を贅沢にするだけで、2倍も3倍も美味しさを感じれると思います。

 

最後に. 街歩きをするときの注意点

ここまで街歩きがオススメな理由を挙げてきましたが、もちろん治安には気をつけてください。外国では日本と異なり、スリや強盗が多い国が本当にたくさんあります。日本にいるときと同じ感覚でふらふら歩いていると、スリなどに狙われかねません!

最初に、貴重品など自分の持ち物の管理を徹底するようにしてください。また、インターネットでしっかりと情報を集め、ホテルのスタッフなどにもどのように注意すれば良いか聞いてみるとよいでしょう。「どこが危険か」「どの程度危険か」をしっかりと頭に入れた上で、楽しく街を散歩してみて欲しいと思います!

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  2. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  3. これでアキちゃんと約2年間旅をしました!車内で灯油ヒーターを焚いてマイナス18度の中キャンプ…
  4. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  5. ※写真:当サイトスタートから31日目から34日目新潟県から富山県スタートから…
  6. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  7. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  8. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  9. 楽しかった~♪…
  10. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…

最近の人気記事

  1. はじめに「旅先の恋」。その場限りの出会いもあれば、結婚につながる出会いもあります。世…
  2. 世界中のバックパッカーが集まるインド世界中からバックパッカーが集まる国といえばインドです。イ…
  3. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP