熊襲の穴で泣いた – カワカミノタケルの物語・今の時代も終わらない戦

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

※マメ知識:カワカミノタケル=ヤマトタケルノミコト(日本武尊)に名を献上した熊襲族の大将

さて、僕ら3人+二匹の犬たちは、ベース基地である石垣島の村を離れ、鹿児島へ飛んできました。

到着してまだ一週間しかたっていませんが、やはり目に見えない世界と繋がり、偶然では説明の出来ない事が僕たちの周りで、驚く程のスピードで起き始めています。

手作りの小さな動く家が鹿児島市の港に着くまで、僕たちは鹿児島で一週間ほど待つ必要がありました。

僕たちには二匹の犬がいるため車が無いと移動が出来ず、「空港近くで、犬も送迎してくれる宿を探す必要がありました。」

フライトの当日、そんな都合の良い宿など見つからないと半場諦めていたのですが、なんと一軒だけすべての条件を満たしてくれる宿がありました。

その宿の真隣にあったのが「熊襲の穴」だったのです。

+

僕らは伊勢を目指しているため、旅路の途中で出会う神宮やエネルギーの強い位置には立ち寄る予定であったため、まず初めに鹿児島神宮に犬を宿に繋いで向かいました。

しかし、神宮の鳥居をくぐる直前(あと数歩)に、せいちゃんの電話が鳴りました。宿からでした。

「犬のリードが切れて逃げてしまったからすぐに帰ってきてください!」との事でした。

前日に、「宿の女将さんの犬は昔脱走してすぐ下の国道で引かれて死んでしまった話を聞いていた」ため、僕たちは青ざめ、鳥居をくぐる事無く急いで宿に向かう事となるのでした。

犬は無事で何よりでした。

翌日、ひょんなことから知り合った「日本書紀」に詳しいお母さんに教えて頂いた、「熊襲の穴」に向かいました。じつは、そのお母さんが教えてくれたことで僕たちは始めて「宿の隣が熊襲の穴」という事を知ったのです。

熊襲の穴の中に入り、僕は心が震え上がり泣きました。

この穴の中でカワカミノタケルは「朝廷(天子が政治をとる所)のあり方(民からの奉納制)と闘い」、身を隠し、伝えていた事を思うととりとめもなく涙が出てきました。

そして、この事実を知り、僕たちは”気づいた”のです。

「日本人本来の精神である太陽神・自然崇拝、つまり神道は、天皇(神)・天子の存在で偶像崇拝に変わってしまったのではないか?」

という事に。

神「愛」が、あのような大きな神宮(建物)を作ってもらう事を本当に喜ぶか?

神「愛」が、民が汗水・血を流し育てた作物を上納されて本当に喜ぶか?

神「愛」が、大勢の人間が足元でひざまずき、崇めている事を本当に喜ぶか?

+

あの時僕たちが、”知らせ”により鹿児島神宮に行けなかった理由は、まずこの「熊襲の穴で起きた物語」を学んでから門をくぐるよう”上の兄弟”たちが教えてくれたのだと確信しました。

僕たちがこの場所に来たのではなく、”呼ばれた”という確信もしました。

熊襲の穴での出来事

カワカミノタケルがかっこよすぎるぜ!

朝廷にこの穴の中で殺された死に際、自分を刺した相手を殺す事が出来る状態であるのに殺す事を選ばず、自分の精神を引き継いでと諭す様が、愛に長けていると思い、また泣いてしまった。

今の時代も終わらない戦

僕たち地球救済計画チームメンバーも、僕たちだけではなく、違う形で「このクソッタレな世界の仕組みをぶっ壊そうとしている」チームたちも、みんな戦っている。「今」も、まだ。

それはとても悲しい事だと思う、とてもバカな事なんだと思う、だから、もう戦なんてやめようぜ。

みんな平等にすればいいんだよ、愛の法則にだけ従ってればいいんだよ。

それで全部解決だと思うんだよ。

マメ知識

ちなみに、ひょんなことで出会った「日本書紀に詳しい」お母さんが教えてくれたのですが、

ここ鹿児島には霧島神宮と鹿児島神宮の二つがあり、霧島神宮は天皇の孫であり、鹿児島神宮はその孫の子であるそうです。

なんだか、面白い旅になりそうな予感がしますね。

タロ、ごめんな

タロごめんな、お前はおれに教えてくれたんだな、でも、置いてけぼりにしちゃって、ごめんな。

その事故で亡くなったワンちゃんも僕たちに教えてくれたんだね。ありがとう。

そして、そのお母さん(宿の女将さん)も僕たちに教えてくれたんだね。ありがとう。

あ、マロもな!

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

神崎竜馬

live free art (芸術)

旅が仕事YUUMA

世界の人々の写真

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

村人ブログ

求人

ここ最近の旅とか遊び

  1. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  2. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  3. 拠点石垣島 波照間島 大阪 横浜 ちょい昔の沖縄みんなでペンキ塗り みんなでジブリ風…
  4. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  5. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  6. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  7. ※マメ知識:カワカミノタケル=ヤマトタケルノミコト(日本武尊)に名を献上した熊襲族の大将さて、僕…
  8. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  9. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  10. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…

最近の人気記事

  1. ※特に外国人や女性は身ぐるみをはがれたり、暴行を受けたり、レイプされたりといった例も多数報告されてい…
  2. 「和を以って貴しとなす」を根底テーマに、「be 美(美しくあること)」を活動指針とするNPO法人「美…
  3. はじめに世界中の、目を見張り心に焼きつく景色。写真に残していつまでも色あせない思い出にしたい…
PAGE TOP