甘い物好きな旅人必見!スペイン伝統のお菓子を地方ごとに紹介

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

DSC00016

朝食、おやつ、遅めの昼食、お酒と軽食、遅めの夕食。一日5食とるといわれているスペイン人にとって、お菓子は欠かせないものです。おやつの時間は11時ごろで、この時間を「オンセス(スペイン語で11時の意味)」といいます。そのためお昼どきにお菓子を買い求める人も少なくありません。

材料と作り方は「昔ながら」をとても大切にしていて、地方ごとに伝統のお菓子は異なります。なかには日本でもおなじみのお菓子や和菓子のような味がするものも。

今回はマドリードをはじめとして、アンダルシア、カステーリャ(トレド)、カタルーニャの4つの地方の伝統のお菓子をご紹介します。

チューロス:マドリード

PIC0000A5

小麦粉から作られる生地を揚げた日本でもおなじみのお菓子ですが、実はスペインのもの。表面がカリカリに揚げられているので、サクサクとした食感を楽しめます。これをチョコレートに浸して食べるのがスペイン流です。チョコレート好きにはたまりませんね。

マドリードのSol駅から歩いて5分、サン・ヒネス教会のすぐ近くにある老舗カフェ「チョコラテリア・サン・ヒネス」のチューロスは地元でもおいしいと評判でおすすめです。

マドリードに滞在する予定があれば、マドリっ子に交じってぜひ食べてみてください。

トシーノ・デ・シエロ:アンダルシア

PIC00007B

スペインのプリンで、卵黄と砂糖をふんだんに使って作られています。牛乳は一切使用していないので、通常のプリンよりも卵の風味が強く感じられます。食感はねっとりとしていて固さがあり、プリンというよりようかんに近いです。

甘党にはたまりませんがかなりの甘さなので、後でコーヒーが欲しくなるでしょう。

ところでこのプリン、変わった名前だなあと思った人もいるのでは。スペイン語で「天国の豚」を意味するのだそうです。甘いものを食べるのは至福のひととき、まさにそれを象徴するかのようですね。

マサパン:カステーリャ(トレド)

PIC000082

スペインに和菓子のような食べ物ががある、というのはこれのことです。アーモンドの粉末と砂糖を練り固めたマサパンは日本のお饅頭のような味わい。丸いものが定番ですが、花や動物などをかたどったものもあります。

トレドの建築物や工芸品などがイスラムの文化の影響を受けているように、このお菓子ももとはイスラムから伝えられました。

昔は修道院で作られていたことからは神聖なお菓子であることがうかがえます。トレドの人たちはこれを食べてクリスマスを祝いますが、わたしたち日本人にとってのケーキのようなもので、年中街のあちこちで売られています。日持ちするので、トレド観光のお土産としてもよいでしょう。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

覚醒・意識世界の旅

精製されていない、覚醒植物の世界へご案内いたします。意識トリップで新しい発見・学びを得よう!

大麻・マリファナ販売

クレマカタラーナ:カタルーニャDSC_0750

クリームブリュレによく似た洋菓子で、ある一説ではクリームブリュレの祖先ともいわれています。バーナーが発明されるまではよく熱した鉄製の火ごてを砂糖の上にかざして作られていたのだとか。

カスタードの上にパリパリとしたカラメルがのっている点では同じですが、おもな原材料にちょっとした違いがあります。クリームブリュレはクリームと牛乳の両方を使って作られるのに対して、クレマカタラーナは牛乳のみで作られます。さらにクレマカタラーナはカスタードがシナモンとレモンまたはオレンジの皮で味付けされているので独特の風味がします。

通常は3月19日の聖ヨセフの日に食べますが、国内のカフェやレストランでは常時デザートメニューとして提供されているため旅行者はいつでも食べることができます。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  2. 2025km、61日間の思い出写真…
  3. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…
  4. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  5. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  6. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  7. このコンテンツは、2010年2月に名古屋国際センターで開催された講演内容を編集した文書です。コロナが…
  8. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  9. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…

pickup 情報

  1. 「和を以って貴しとなす」を根底テーマに、「be 美(美しくあること)」を活動指針とするNPO法人「美…
  2. 全身で楽しんで美肌になれる泥祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」(Boryeong Mud …
  3. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
PAGE TOP