自由がメリットのノマドワーカー、でもその実態は?

ノマドワーカーの最大のメリット「自由」

fn1

ノマドワーカーの最大のメリットといえば「自由」です。場所も時間も自由なノマドワーカーは、新しい働き方として年々人口が増えてきています。魅力も多いし、ノマドワーカーになって、幸せになったとか、毎日が充実していると感じている人も多いです。

毎日毎日、朝早く起きて満員電車に押しつぶされて、嫌な上司に怒られて、部下の失敗の責任をとって、定時で上がることもできずに残業続き、そんな毎日を送っている人にとってはノマドワーカーってとても魅力的に感じるかもしれません。

もちろん、ノマドワーカーにとってノマドワークというものはやはり魅力的ですし、この先も続けていきたいと思っている人も少なくはないです。

しかし、世間のイメージと実際のノマドワーカーは違う部分がいくつかあります。今回はノマドワーカーの実態をご紹介しようと思います。もしかすると、自分が抱いているノマドワーカーへのイメージとは違う部分がいくつかあるかもしれません。

ノマドワーカーってどんな仕事をしているのか

ノマドワーカーってノートパソコンやタブレットを持ち歩いてカチカチを仕事をしているイメージがありますよね。もちろん、そんなイメージを持って頂いて構わないのですが、仕事内容は人によって随分違います。

サラリーマンとして会社に就職してノマド会社員をしている人だっていますが、ノマドワーカーの大部分がフリーランスを占めているのではないでしょうか。仕事内容も、記事を書くライター(雑誌や書籍、ウェブメディアなど)から、イラストレーター、デザイナー、システムエンジニア、プログラマーと色々あります。

ノマドワーカーがやっている仕事と同じことをオフィスに通って行っている人もたくさんいます。しかし、よく考えると別にオフィスに通う必要がない仕事って多いとは思いませんか?オフィスに通う必要なくできる仕事をノマドワーカーは行っているのです。

ノマド会社員の場合は、ノマドワーカーでありながら管理職を行っている人だっています。ノマドワーカーにも色々な働き方があるというわけです。

カフェで仕事をしているイメージがあるけど実際は・・・?

fn2

ノマドワーカーっていうとカフェで飲み物片手にPCをカチカチしているイメージがありますよね。大手カフェチェーン店などを訪れると、必ず1人はPCで何か作業をしている人を見かけます。カフェでPCをいじっている人がみんなノマドワーカーというわけではありませんが、やはりノマドワーカー=カフェで仕事というイメージは根強くついているのではないでしょうか。

しかし、実際はというと、カフェで仕事をしているのはほんの一部です。カフェって飲み物代が高いからです。アイスコーヒーの一番小さいサイズで400円とかとられたり、カフェによってはアイスコーヒーが1000円近くする場合もあります。毎日カフェで仕事をしているというノマドワーカーは意外と少ないです。たまにカフェで仕事をするという人もいると思いますが、実際は、自宅だったり、コワーキングスペースだったり、食事や飲み物を安く購入できるファーストフード店だったり、ドリンクバーのあるファミリーレストランで仕事をする人のほうが多いです。

ファーストフード店なら100円から飲み物を注文できますし、ファミリーレストランなら300円前後で飲み放題です。マイボトルにお茶を入れて、コワーキングスペースやフリースペースで仕事をする人も多いです。

とにかく、飲み物代だけでも高く付いてしまうカフェで仕事をするノマドワーカーは意外と少ないです。優雅なイメージを持っているかもしれませんが、現実はそう甘くなく、カフェ利用での出費はノマドワーカーにとっては痛手であり、場所代を節約している人のほうが多いです。

旅人になりたい人向けの求人情報!

どんな物騒な世界になろうとも、旅人の目に映る景色はいつも平和で自由、そして愛そのものです ~ ♪

求人情報はコチラ👇
https://yuuma7.com/live-free/

大麻など覚醒植物の研究と意識世界の旅

覚醒経験(かくせい)は人生に大きな学びを与えてくれるでしょう。「意識世界の旅」に出かけてみませんか?

草・意識世界の研究・ブレンドハーブ通販はコチラ👇
https://yuuma7.com/kusa/

ノマドワーカーは家で仕事すればいいのに・・・

fn3

世間からノマドワーカーに言いたことがあるとしたら「そんなところで仕事してないで、家で仕事すればいいのに・・・」と言ったところでしょうか。確かに、家で仕事すれば、無駄な出費は抑えられますし、テレビを見ながらだって音楽を聴きながらだって仕事ができます。飲食店などで仕事をするよりも自由です。

しかし、あえて外で働く人が多いのは、それなりに理由があるからです。

まず、家にいるとついだらけてしまいます。起きて、髪がボサボサのまま、服を着替えないまま仕事をしても大丈夫だからです。朝の準備が必要ないのは羨ましいことかもしれませんが、それだけで精神的にだらけてしまいます。気合いを入れるためにきちんと髪をセットして着替えて出かける準備をしているのです。

1年ほど化粧をせずに過ごしたという女性がいるのですが、化粧をしないだけで、どんどんだらしなくなっていき、女性としても魅力がどんどん下がっていってしまったという話を聞いたことがあります。外見をきちんとするということは、気合いも入るし、人として魅力を上げる手段でもあるのです。そうやって気を引き締めて仕事に挑むノマドワーカーもたくさんいるということです。

さらに、家で仕事をすると、人に見られないからどんなにだらしなくなっていても平気です。サボり放題ですし、途中で寝転がっても誰も何も言いません。どんどんだらけてしまい、集中力が欠けてしまって、仕事の効率が落ちてしまいます。

しかし、ある程度の雑音があり、人に見られているという環境にいくと、仕事に集中することができます。さすがに人前ではだらけているところを見られるわけにはいきませんし、いつどんな場面を人に見られているかわからないので、きちんとした自分を見せようと思い、嫌でも仕事に集中することができます。

特に、ノマドワーカーが多く集まるコワーキングスペースは、自分と同じ環境の人が多いので、だらけにくいし、そして集中力も上がりやすいそうです。集中力が上がれば仕事の効率も良くなります。

家で仕事をすればいいのにと思っている人もいるかもしれませんが、外で仕事をすることで、仕事効率がアップするから、あえて外に出て仕事をしているノマドワーカーも多いということです。

仕事がなくて苦労している人も多い

fn4

ノマドワーカーを名乗る人が全員収入アップしているわけではなく、むしろ、仕事があまりなかったり、単価が低かったりして苦労している人も多いです。

特に、特別なスキルもなく、経験もあまりない人は、仕事が見つからなくて苦労している人が多いです。自由に使える時間が増えて、時間に余裕ができた代償として、お金に余裕が亡くなってしまった人も少なくはありません。

悲しいですが、苦労しているノマドワーカーが多いというのは現実です。

しかし、その一方で特に資格もスキルも経験もないのに、収入がアップして生活に余裕ができたり、ノマドワーカーとして働きながら世界一周の旅を始めたりしている人もいます。

言い換えてみれば、苦労する人も多いが、誰もが収入アップを狙えるということです。誰もが憧れていた夢を叶えることができるということです。ノマドワーカーになればこのようなチャンスが全ての人に与えられます。

時間にもお金にも余裕があるノマドワーカーになるには、運や実力、交渉力などが必要になります。しかし、仕事をもらう手段もインターネットの場合が多く、直接人と話して交渉するというわけではないので、コミュニケーション能力に自信がない人でも良い仕事を獲得するチャンスは必ずあります。

厳しい現実にぶち当たっているノマドワーカーも多いですが、その一方で時間にもお金にも余裕があるノマドワーカーも大勢いるのです、ノマドワーカーになるならば、後者を目指す勢いでノマドワーカーに挑戦してみてください。そして、理想的なライフスタイルを手に入れましょう。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. まさかの キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも今後二度と火事を起…
  2. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪この村はいつも水に悩まされて…
  3. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…
  4. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  5. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  6. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  7. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  8. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  9. ※写真:当サイトスタートから39日目~43日目福井駅から琵琶…
  10. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…

pickup 情報

  1. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
  2. はじめに飛行機で飛び、船に揺られ、バスや電車で運ばれるだけが旅ではありません。自分の…
  3. 日本を代表するアートの一つとして、誰もがそのうち行ってみたい、見てみたい、体験したいとそれとなく、い…
PAGE TOP