観光客の永住率高め!中米の田舎町サンペドロ・ラ・ラグーナとは

akinekko060406

San Pedro La Laguna(サンペドロ・ラ・ラグーナ)という町をご存知ですか?
中米グアテマラにある小さな田舎町ですが、日々多くの外国人観光客が訪れる人気スポットです。

場所はグアテマラ南西部、「世界一美しい湖」と言われるアティトラン湖のほとりにあります。

住民の大多数が先住民マヤの人たちですが、こちらの町を気に入り永住を決めた外国人も多いとか。
グアテマラに近いアメリカの他、ヨーロッパ各国、イスラエル、インド、そして日本や台湾などのアジア圏出身の外国人が滞在しており、とっても国際色豊かな印象。

ここでは日本ではあまり知られていないグアテマラの秘境、サンペドロ・ラ・ラグーナの魅力についてご紹介します。

中米を旅行する際の参考にどうぞ。

 

世界一美しい湖『アティトラン湖』

akinekko-052711

サンペドロ・ラ・ラグーナという名前は知らなくても、『アティトラン湖』は聞いたことがある人は多いかもしれません。
アティトラン湖はの美しさは世界一とも言われています。四方を火山で囲まれており、湖周辺に住む人にとってアティトラン湖を横切るボートが重要な交通手段となっています。

晴れた日のアティトラン湖の光景はまさに癒しですが、サンセットで赤く染まっていたり、スコール後の靄がかかっている透明感のある水面も幻想的。
サンペドロ・ラ・ラグーナを歩いていると眼下にはアティトラン湖が広がっているので、とっても気持ち良いです。

 

レイクビューのヴィラでゆらゆらハンモック生活

akinekko060402

サンペドロ・ラ・ラグーナには観光客向けのホテルやヴィラが点在しています。
ちょっと覗いてみるとわかると思いますが、基本的にどの建物にも部屋の前にハンモックがぶらさがっています。

わたしたちが泊まったヴィラもそうで、目の前に広がるアティトラン湖を眺めながらハンモックでのんびり過ごしていました。
まさに極上、毎日リゾート気分を満喫できます。しかもサンペドロ・ラ・ラグーナの宿泊費は、わたしたち日本人からするとかなり安いと言えます。たとえば上記写真のヴィラは1部屋1500Q(日本円で約2万円/当時)/人という値段でした。

 

お洒落なプチプラカフェで絶品ランチ

akinekko060403

わたしが滞在先の町を選ぶにあたりまずリサーチすること、それはいい感じのカフェがあるかどうか。

サンペドロ・ラ・ラグーナには、こちらに魅了されて住み着いた観光客が経営しているカフェやレストランが多く、わたしたち日本人に馴染みのある料理がいただけます。
美味しいコーヒーとともに提供されるパンケーキやフレンチトースト、イタリアンのパスタやピザ、そして中華レストランもあります(当時)。

また、日本と比較して物価も安いので、お得な値段なのも嬉しい。

上記写真は町で一番有名なカフェの店内。
敷地内にコーヒーの木があり、観光客向けツアーの寄り道先のひとつです。

午前中はコーヒーを焙煎している芳香な香りがあたり一面に広がり、コーヒー好きにとっては相当なリラックス効果を与えてくれます。

 

ここは「ノマド」の サイト

「ノマド」= 場所と時間を選ばず「旅」を、生業とし生きる人たち。

東日本大震災(2011年3月)の経験によって、私たち家族4人は日本の家を引き払い、ノマドライフをスタートさせました。

「子連れで世界一周」達成後も旅を終えず、今現在も海外や日本を無帰宅で旅し続けています。

何処の空の下で、何を学び、何を感じ、写してきたのか。私たちが辿ってきた道のりは、

当サイトの「子連れバックパッカー世界一周」「子連れ自転車日本縦断」「手作りキャンピングカー学びの旅(日本)」「ノマド 7人 で旅へ(海外)」「世界の人々の写真」「石垣島での旅人村づくり」「手作り木造ヨット世界一周」

など、1400記事以上にわたって描かれていますので、少しでも目を通して頂ければと思います。

私たちの旅の様子はコチラ👉https://yuuma7.com/

町中アート

akinekko060404

サンペドロ・ラ・ラグーナの町を歩いていると、建物や壁に素敵なアートが描かれているのが目に付きます。
お土産屋さんには町の風景画や先住民マヤの人たちがカラフルなタッチで描かれた絵が並んでいますし、ちょっとした美術館で鑑賞している気分にも。

手書きの絵葉書も購入可能ですので、家族らにハガキを出すのも良いかもしれません。

 

猫好きには特におすすめの町

akinekko060405

わたしたちが滞在した時、サンペドロ・ラ・ラグーナには猫がたくさんいました。
道端や旅行代理店、小さな商店にいたるまで、可愛い猫だらけで、猫好きにとってはまさに天国のような町(!)。

しかも人懐っこい猫が多く、あるカフェで朝食をとっていると相席が猫だったり。
店主は知ってか知らずにか、猫カフェ状態です。

 

まとめ

隠れたリゾート地、サンペドロ・ラ・ラグーナ。自然の中でちょっとのんびりしたいなという方にはおすすめの町です。

わたしたちはこちらの町へ来る前はグアテマラの世界遺産都市、アンティグアに滞在していました。
アンティグアも大好きな町のひとつですが、周りを山で囲まれた町なので、レイクタウンのサンペドロ・ラ・ラグーナを初めて訪れた時は新鮮な開放感がありました。

いい感じの部屋で1月あたり2000Q前後(3万円弱/当時)で泊まれるので、メキシコから陸路で南米へ行かれる方などはぜひ行ってみてください。

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 北海道旅をしていた時に撮影したものが出てきたので~…
  2. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  3. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  4. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  5. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  6. みなさんこんにちは!Shigeです。今回お話しますは、それと知らずにミャンマーの制限区域…
  7. やっと完成した~♪製作費:廃材を使いお金をほとんど使っていません♪ 制作期間:3か月 メイカ…
  8. サーファーズパラダイス・ニンビン・ゴールドコースト・バイロンベイバックパックを置いて、シティ…
  9. 楽しかった~♪…

pickup 情報

  1. 北アメリカ大陸は大雑把に分けて4つに分かれます。カナダ、アメリカ、メキシコ、カリブ海諸国です…
  2. はじめに「海外旅行」で「夜遊び」とくれば、男としては本領発揮! と気勢を上げるところでしょう…
  3. アートで原始的な共同生活イベント「バーニングマン」(Burning Man)/アメリカネバダ州・…
PAGE TOP