車中泊とトイレ事情~車内と車外どっちがイイか?検証してみました

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

人として生きる以上避けられないのが、適切な排せつ行為。そして、排せつする場所としてのトイレが必要になります。

車中泊では、トイレ付のキャンピングカーを使用しない限り、そこにトイレ設備は原則としてありません。「出物腫物ところ選ばず」というように、排せつなしで過ごすことは不可能です。現代人である私たちにとってトイレは欠かせないアイテムなのです。

ここでは、車中泊中のトイレ事情についてまとめていきます。

車内で? 車外で?

車中泊の場合、トイレの場所を車内とするか車外とするかの大きく二択があります。

車内の場合には、プライバシー問題に加えて、限られた室内空間、そして密封空間でもあるため、臭い対策と後始末が重要になります。

そして車外の場合には、既にあるトイレを借りるか、はたまた自力でトイレ(のかわりになるもの)を考えだすかという選択肢があります。

車内でトイレ

日本では災害対策としてポータブルトイレ文化が意外にも発達しています。たとえば、簡易トイレ設備として使える、きちんと座って排せつできるタイプもあれば、袋と凝固剤がセットされたシンプルなものもあります。また、市販されているもの以外に、身の回りで比較的簡単に手に入るものでDIYもできます。

車内で排せつできる有難さは、トイレが近い人にとってかなりの安心材料になります。また、寝ている時や朝起きぬけにトイレに行きたくなるタイプの人にとって、寝る場所である車内にトイレがある環境はほぼ必須。

さらに女性の場合にも、車中泊の場所によっては外のトイレに一人で行くこと自体が防犯上問題になることも考えられます。

車内であれば、一応鍵がかかることもあって一定レベルの安全を確保できます。排せつ行為中は、非常に油断した状況を作り出します。安全性を考えると車内トイレに利点がありますね。

一番安くて簡単、ポケットトイレを使う

災害時の持ち出しバッグなどに入っている直置きタイプのトイレです。簡単に説明すると、凝固剤入りの袋になっていて、基本的に和式スタイルで、その上にしゃがんで使います。

子連れのドライブお出かけなどの際、渋滞に巻き込まれてトイレに行けないことがあります。そんな時の必需品として自家用車に標準装備していることも多いでしょう。

1回使い切りなので、ある意味清潔で臭い対策もしやすいのですが、トイレの回数が多いとちょっと面倒くさいかもしれません。あとは、しゃがんでの排泄に慣れていないと使いにくいという短所もあります。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

ポケットトイレを自作?

市販のポケットトイレはコンパクトかつ消臭や漏れなどにも対応していて優秀です。ただし、1日や2日、一人での車中泊であれば十分ですが、長期間や大人数になると、コストパフォーマンスに問題が生まれます。

そんな時、市販のペットシーツと防臭ビニール袋を使えばポケットトイレを自作することが可能です。もともと、ペットシーツに凝固剤が入っていて、水分を固めてくれます。防臭効果もあります。これをビニール袋の中に敷くだけで、簡単ポケットトイレのできあがりです。

ペットシーツは一般的なサイズならば100枚で2000円程度。高性能な防臭ビニール袋をプラスしても、コスト面ではかなりお得になります。また、ペットシーツは水分をこぼした時、水遊びなどで衣類が濡れてしまった時、座席の水濡れ予防などにも使える便利グッズ。

ほかのトイレを用意していても、一定数を車に乗せておくと、いざという時に重宝します。

市販の簡易トイレを使う

イマドキのトイレは洋式。特に若い世代は和式を使えない(使ったことがない、しゃがめない)という事情もあります。

便利なことに、丈夫な段ボールなどの本体に簡易便座がセットになったものが市販されています。価格にして1500円から2000円程度とお手頃です。

これに黒くて厚いビニール袋をセットし、凝固剤を入れておけば、簡易トイレのできあがり。ビニール袋を最初から何枚か重ねて設置しておくと、使用後に一番上だけ引き抜いてギュっと口を縛ってしまえば臭い対策も完璧。

ただ、最後の後始末は原則として自宅へ持ち帰ってトイレに流すか生ごみ処理となります。

意外に簡単!? 自作トイレ

市販製品以外に、ちゃんと座れるタイプの洋式ポータブルトイレを自作する方法もまた考えられています。

もっともシンプルな作り方は、段ボール箱や大きくて丈夫なバケツやゴミ箱などを使うもの。大人が座っても壊れない頑丈さが必要です。便座の部分も段ボールや合板や厚いプラバンをカットして作ることができます。

市販の簡易トイレの場合は、下の段ボールなどにビニール袋をかぶせてからセットされている便座を上からつけますが、DIYの場合には、便座を設置した便座もカバーするようにビニールを敷きます。ゴミ箱の縁を覆うように設置するビニール袋と同じスタイルです。こうすることで、自作便座を汚さずに使用できます。

あとは、凝固剤。これは、市販簡易トイレと同じです。

市販のオマルを使う

少し金額的に負担する必要がありますが、介護などに使われる大人用のオマルを持ち込むという方法もあります。

しっかりとした造りなので、座り心地と使い心地はいいのですが、その分少し大きくなってかさばります。基本的には、市販の段ボール製簡易トイレと使い方は同じで、トイレの内側にビニールなどを設置して使うことになります。

折りたたんでおくこともできないオマルは、車内に十分なスペースを確保できる場合しか持ち込めませんが、トイレの快適さではもっとも優位に立ちそうです。

車内トイレの必需品

1.目隠しグッズ

排せつ行為はひっそりと人目を忍んでするもの。車内で行う場合にも、プライバシーを守るのは重要なポイントとなります。

車中泊をするなら、あらかじめシェードやカーテンなどを用意していることもあるでしょう。その場合には問題ありません。

ただ、車内で眠れればいいとプライバシー準備をしていない場合は、せめてしゃがんだ自分の姿をすっぽりと隠せるサイズの大きな布などを用意しておきましょう。大判のシーツやベッドカバーなどで代用が可能です。

2.消臭対策

排せつには臭いがつきもの。特に車内という密封空間での排せつの臭い対策は、同乗者がいる場合にはかなり深刻な、たとえ自分ひとりであってもそれなりに重要な問題点になります。

まず、簡易トイレに必須である凝固剤を選ぶ段階で、消臭効果のあるものを選ぶことができます。また、使用するビニール袋も防臭効果のあるものを選ばないと、口を結んで閉じた後でも臭いが洩れます。加えて、市販のトイレの臭い対策スプレーや防臭・消臭機能のある粉なども用意しておくと、不快な臭いをある程度抑えられます。さらに、蓋つきのごみ箱を用意しておき、使用後のビニール袋を入れておけば、その後の臭い対策になります。

3.清潔グッズ

車内で簡易トイレなどを使う場合、そこに手洗い場がありません。そこで必要になるのが、除菌のできるウェットティッシュやアルコールジェル。便座などを拭いて清潔に保つためにも使えます。

もちろん、お尻をふくための紙もいりますね。使用後の紙は、少量であれば簡易トイレの中に一緒に捨ててしまうこともありますが、後始末を考えると、別の防臭ビニールにいれて捨てるのが正解です。

車外でトイレ

次は、トイレは車外でするというパターン。車中泊の場合、多くはこちらの車外派が主流です。そして、簡易トイレなどはあくまで念のために常備していることが多いようです。

車外トイレには大きく二つのパターンが考えられます。一つは公衆トイレなどすでにあるトイレを借りること。もう一つは、車外に簡易トイレを持ち出して使うこと。

ほとんどの車外トイレ派は外部の公衆トイレを使っていますが、それぞれの長所・短所をみていきましょう。

公衆トイレ派

車中泊をする場所の選択時点で、24時間使えるトイレが近くにあることを条件にしている場合がほとんどです。

車中泊に使われることの多い、道の駅やドライブイン、オートキャンプ場などには、当然トイレ設備があります。キャンプ場などの使用料はかかっても、トイレは基本的に無料なので、使い放題。最近は公衆トイレといっても洋式の清潔な設備が増えているので、不快感も少なくなっています。

公衆トイレであれば、手洗い場なども当然あるので、ほぼ普段通りのトイレ生活を送れるという利点があります。ただし、女性の場合など、夜更けに一人で使用する点で防犯上の心配があるのも確か。体調を崩した場合にも、何度も社外の離れたところにあるトイレに駆け込むのはつらいですね。

車中泊で車外トイレを使う場合には、あらかじめ摂取する水分量を控えるなど、トイレタイミングを自分でコントロールする必要もでてきそうです。

車外にトイレを持ち出したり作ったり

男性であれば、野外で開放的に排せつをするという選択をする人もいるかもしれません。でもこれは原則として違法行為です。

ただし、人もいなければトイレも存在しない山中などでは、ザクザクと地面を掘って自作のトイレを設置することもあります。同じように、車内で使うような簡易トイレやポータブルトイレを車外に設置して使うこともあります。

まったく人の目のない場所であれば、ポケットトイレを草むらに置いて用を足すのも、ポツンとポータブルトイレを置いて自然の中で広々と用を足すのも可能かもしれませんが、普段狭い密室で行っている排せつ行為をいくら人の目がないからといって、そこまで開放的に行うのは抵抗がありますね。

そこで使われるのがテント。海辺での着替えなどで使われる一人用の縦型テントを車の近くに設置し、そこにポータブルトイレなどを設置して使います。これがなかなか使い勝手がいいのでおすすめ。

これなら個室感があり、車内に臭いがこもることもありません。それでいて、自分の寝場所である車のすぐ近くに設置することもできる専用トイレです。

ただし、この仮設個室トイレは鍵をかけられるわけではないので、周囲に人の目がある場合には使いにくいという難点もあります。

まとめとして

車中泊ではトイレ問題は避けて通れません。夜でも明るく、女性一人でも安心して使えるサービスエリアのような場所ならば、車中泊のトイレは車外トイレで十分対応できます。

その日、どこで眠るかわからない場合や、トイレはあっても防犯に不安がある場合などは、車外トイレ派であっても車内トイレの準備はしておくべきでしょう。

また、同乗者の有無や、排せつが小か大かでも対処方法が変わってきます。少しでも快適な車中泊環境を作るためにも、使いやすさ、消臭防臭機能、汚物管理などには、十分な対策を考えておきましょう。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. こんにちわリョウです(^^♪タイ、ミャンマー、と旅をし、僕たちは遂にインドへ突入!!数多くの…
  2. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  3. 3ヵ月~6ヵ月の旅をして頂き、旅先でこちらからのテーマに沿った記事を書いていただくお仕事です。…
  4. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  5. 写真はハートで撮るんだ! カメラでもなく、腕でもなく、被写体でもなく、一番に必要なのはハート。…
  6. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…
  7. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  8. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  9. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…

最近の人気記事

  1. ポロリで幸運をゲット! 女も男も熱狂する「ニューオリンズ・マルディグラ」(New Orleans…
  2. 遊園地に行ったら絶叫マシンに乗る人って多いですよね。絶叫アトラクションって怖いと思う人も多い…
  3. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP