車中泊に向いている車種 – 車選びを失敗しないために

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

https://www.honda.co.jp/

一般的に自家用車を購入する時、その基準を「車中泊」を中心において決めることはあまりないでしょう。スタイルだったり、燃費だったり、価格だったり、内装だったり、またはエンジンなどのテクノロジー部分だったりするのがほとんどだと思います。

でも、車中泊をしてみたいという気持ちも少なからずあるのなら、いくつかあげるだろう購入の決め手ポイントの中に、「車中泊に向いているかどうか」を加えてもいいと思うのです。

今回は、車選びの段階で、「車中泊向き」という選択肢に引っかかるだろう車種を紹介していきます。

https://www.suzuki.co.jp/

車中泊車選びのポイントはたったの2つ

自家用車を購入する時にあげる条件はおそらく片手か両手に近い数くらいあってもおかしくありません。そこに加えたい車中泊に合う車のポイントはたったの二つです。

1.車内空間の広さ

狭くても眠れるといえば確かにそうですが、狭いより広いほうがいいのは確か。座ったままでいいドライブと違って、車中泊の間はそこで寝るだけでなく、ご飯を食べたり、本を読んだり、パソコンや携帯で調べものをしたりと、いろいろな活動をする可能性が増えます。座ったままでちょっと場所を移動するだけだとしても、車内がゆったりとしているか、天井が高いかで動きやすさはかなり変わります。

できれば、車内の幅も天井の高さもゆったり広々のほうが車中泊は楽になりますね。でも、この条件、普通にドライブ用の車にも当てはまるので、無理なく加えられる条件といえそうです。

https://www.suzuki.co.jp/

2.フルフラット

フルフラットは、座席を全部取り払ったがらんどう状態のバンなどを除けば、比較的新しいタイプの車内オプションです。近年は、多くの車の全座席または後部座席を使ったフルフラット車が選択肢に上げられるようになりました。

このフルフラット、当然ですが車中泊中の寝心地に大きく関わってきます。座ったままでも斜めでも寝ることはできるかもしれませんが、それでは心も体も休まりませんね。しっかり体を横たえられる平らなスペースのあり・なしは、睡眠の質を上げる上で重要ポイントです。

ただ、フルフラットにもレベルがあり、そのままマットレスと同じレベルで寝転がれるものもあれば、凸凹があったり傾斜があったりするものもあります。もし、選べるならば、完全フルフラットが望ましいですが、エアーマットなどを上手に活用すれば、多少の凸凹には対応できます。また、頻繁に長期間の車中泊をするのでなく、たまの車中泊であれば少しくらいの傾斜は気にならないかもしれません。

すなわち、真っ平にはそこまでこだわらなくても大丈夫ということです。では続いて、実際に車中泊に使える車種を車のタイプ別に見ていきましょう。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

軽自動車

https://www.honda.co.jp/

●ホンダ・N-BOX/N-BOX+[660㏄・4人]

N-BOXも十分車内空間が広くて車中泊の対応可能なのですが、N-BOX+はその上を行きます。

ホンダならではの床の低さと広々スペースは言うまでもありません。この車の広々スペースにはマルチスペースシステムと呼ばれるアレンジが採用されていて、ベッドモード、上下段セパレートモード、フラットモード、スロープモードなど、用途に合わせてアレンジができるという特徴があります。

車中泊をするならベッドモードが気になりますね。リアシートを畳んでマルチボードを上段部分に設置したあと、フロントシートをフルフラットにすれば、大人2人の就寝空間が確保できます。マルチボードはそれ自体に適度なクッション性があるので、そのまま寝てもそれなりの寝心地を味わえます。空いている下段の空間はそのまま荷物を置いておけるので、ベッドスペースは寝るため専用に使えるところも素晴らしいですね。

https://www.suzuki.co.jp/

●スズキ・ハスラー[660㏄・4人]

軽自動車のSUVとして一部オーナーに人気の高いハスラー。ジムニーほど本格的でなくてもいいけどアウトドアが楽しめる車が欲しい、軽自動車が希望だけどやっぱり乗り心地も大事。そんな人たちに選ばれています。

シートそのものは完全フラットにはならないものの、最初からアウトドア用として売り出されているため、オプションやアクセサリーが豊富なのが嬉しいポイントです。もちろん、フルフラットシートも視線を避けるためのシェードもあります。軽自動車としてのスペースを目いっぱい使えるよう、運転席と助手席も含めたすべてのシート上がフルフラットになるため、軽自動車ではありますが、ゆったりと大人が2人就寝できます。

https://www.suzuki.co.jp/

●スズキ・エブリィバン/ワゴン[600㏄・2人/4人]

セミキャブスタイルの箱型軽自動車は、空間の広さが自慢です。車内はまさに直方体の箱。軽なので大きさに制限こそありますが、かなり身長の高い人でも膝立ちか前傾姿勢であれば、不自由なく動き回れます。寝ている時の天井圧迫感はほとんどありません。

気になるシートアレンジですが、リアシートを倒してラゲッジスペースを大きく取ることは可能です。ただ、そこに寝るのはキツそう。すべての座席は、飛行機でいえばビジネスシート並みにかなりリクライニングができるのですが、収納タイプのようにフルフラットにはできません。純正のベッドクッションやエアーマットなどで寝心地を作り出す工夫は必要でしょう。

もう一つのオプションとして、内装がシンプルかつ最低限のバンモデルを選んでおけば、床面は完全なフラットになります。このオプションの場合は乗車定員が2名ですが、もともと軽自動車での車中泊の就寝人数は2名。荷物の積み込みや車中泊を優先的に考慮するなら、商用とはいえこちらのほうがいいかもしれません。

https://www.daihatsu.co.jp/

●ダイハツ・ウェイク[660㏄・4人]

ダイハツ・タントの親戚。車内の広さに重点を置いたウルトラハイトワゴンです。ウルトラハイトと謳うだけあり、室内の高さが約150cmもあるので、立ち歩くことこそできないものの、その頭上の余裕はありがたさを感じられるレベル。着替えなども楽々です。地上から床面までは17cmという低さも特記事項でしょう。子どもやお年寄りの乗り降りの楽さだけでなく、荷物の運び入れにも適しています。

フルフラット化は、運転席を除くすべてのシートを倒すことでほぼフラットが完成。このほか、リアシートはそのままでフロントシートをフルリクライニングさせる長椅子タイプや、自転車などの大型荷物も載せられるフラットラゲッジスペースなど、アレンジの多さは使い勝手の良さにつながりそうですね。

寝床にするならフルフラットですが、どうしても凸凹は残ります。それなりのクッションアレンジが必要になるでしょう。ただ、広さ的には大人2人が眠れるサイズ。荷物をある程度積んでいても、就寝定員2名を十分確保できるスペース感はさすがです。

もう一つおまけで、ウェイクの長所をご紹介しましょう。ウェイクは防水や撥水に力を入れています。シート類はすべて撥水、フロアも防水になっていて、食べ物や飲み物をこぼそうが、水で濡れようが泥がつこうがササっと雑巾で拭き取れてしまいます。これ意外と車選びにおける盲点ではなのではないでしょうか。ありがたい装備だと思います。

コンパクトカー

https://toyota.jp/

●トヨタ・タンク[1000㏄・5人]

トヨタのワゴンタイプのコンパクトカー。床面の高さからホンダ車に差をつけられていた過去を反省してか、かなり低床式になっていて、内部の広さはもちろん、乗り降りや荷物の出し入れも楽にできるようになっています。

シートアレンジに関しては、選択肢が多く全座席を使ったフルフラットも可能。小型な割にかなり大柄で高身長な大人2人がらくらく眠れるサイズを実現しています。

https://www.honda.co.jp/

●ホンダ・フリード/フリード+[1500㏄・5人/7人]

フリードもフリード+もコンパクトミニバンの位置づけ。車内の広さにかわりはありません。そんなフリード仲間たちのもっとも大きな違いは、シートアレンジと乗車人数にあります。

フリードは3列シートの7人乗りで、フリード+は2列シートの5人乗り。この違いは大きいですね。ラゲッジスペースの広さを誇るのは3列目のシートを諦めた5人乗りのほうですが、フルフラット化に目を向けると、軍配が上がるのはフリード+のほう。おやすみモードがあり完全なるフルフラットを実現しています。もともとの広さがあるため、このフルフラットシートだけで大人2人がゆうゆう横になれます。ちなみに、セミダブルのマットレスがジャストフィットなので、寝心地アップが簡単にできるのが嬉しいおすすめポイントです。

荷室の床が低いことは空間の広さにも影響していますが、同時に荷物の運び入れの簡単さにもつながります。車中泊やキャンプの荷物をドシドシと積み込むのにぴったりです。

https://www.honda.co.jp/

●ホンダ・フィット[1300~1500㏄・5人]

いわゆるコンパクトカーの人気車種です。取り回しが楽で、乗り心地もまずまず、車体価格や維持費、燃費を含めた総費用もお手頃です。

でも、箱型じゃないし天井が低いじゃないか? という疑問は当然ありますね。確かにその通り。フィットをここであげたのは、天井が低い売れ筋コンパクトカーでも結構寝られるものだということを説明したかったから。

フィットの良さはコンパクトカーとしては荷室部分が広いこと。シャトルタイプならなお広くなります。さらに、後部座席を倒すとラゲッジルームとともにフルフラットになる点。そこに助手席をしっかりと倒せば、背の高い大人が真っすぐ寝られるスペースを確保できます。身長はそれほど高くない場合なら、後部座席とラゲッジスペースだけで2人寝ることができます。まずまずの広さを確保できるのが分かりますね。

ただこの広さは、ガソリン車限定です。ハイブリッドモデルにするとモーターの都合で少し狭くなってしまいます。

https://www3.nissan.co.jp/

●日産・NV200バネット[1600㏄・5~7人]

バネットにはビジネスユースのバンタイプのほか、ミニワゴンとして使えるモデルもあり、家族構成などに合わせて選べるところがミソ。

車中泊を考慮した設計がそこここに見られるのも特徴の一つで、断熱効果の高いプライバシーガラス、換気もできるスライドサイドウィンドウなどが標準装備されています。後つけオプションや別購入と違って、最初から当たり前についているところが嬉しいですね。

気になるフラットさは完璧。もともと完璧フラットな床に座席をつけた状態なので、座席さえ畳んでしまえば、真っ平な空間が現れます。幅・長さともに大人2人に十分な寝床を確保できて、余裕の天井の高さ。車中泊という圧迫感がかなり薄まるおすすめ車種です。

https://toyota.jp/

●トヨタ・VOXY[1800~2000cc・5人~7人]

四角いフォルムからもわかるように、内部も四角く広く取られています。座席もフラット化が可能。ただし、凸凹ありです。

凸凹対策としては、専用のフルフラットシートがあります。このVOXY、車中泊を念頭に置いたオプションが多数用意されているため、このシートのほかにもカーテンなど、車中泊をする上で「欲しいな~」が簡単に手の届くところに用意されています。

●日産・エクストレイル[2000㏄・5~7人]

アウトドア派ならSUVが購入選択肢に入ってきているはず。ただ、多くのSUVは荷物をしっかり積んで、オフロードをしっかり走る点に力が入れられていて、車内で寝ることはあまり重要ポイントになっていないようです。

そんな中ではこのエクストレイルは異色。倒した後部座席とラゲッジスペースが一応フラットになります。一応とするのは、若干の傾斜が残ってしまうから。寝るためというよりは、荷物を置きやすい場所を作ったついでに、良かったら寝てもいいよというオマケ感覚でフラットにしてみた感じです。

それでも、スペース的には大人2人が就寝可能。ただ、身長の高い人はちょっと厳しいかもしれません。

https://toyota.jp/

そのほか

リストアップしたのは、身近な自家用車として選ばれることが多い軽自動車から2000㏄クラス。実際には、もっと人気のある車種もあります。

たとえば、トヨタ・ハイエース&タウンエース、日産・キャラバン、トヨタ・アルフォード、トヨタ・エルグランド、トヨタ・エスティマ、マツダ・ボンゴバンなどです。

どれも、車中泊によく使われる車種というか、車中泊を大きな目的として選ばれることが多い車種と言い換えることもできます。ちょっとサイズが大きく本格的な車中泊プロたちの範疇に近いため、ここではあえてあげませんでした。

また、SUV系で注目されるのが、トヨタ・TJクルーザー。

SUVとバンのいい所取りをしたといわれるのが、このTJクルーザーで、全席を使ったフルフラットはなんと全長3メートル。家族での車中泊も可能な広さを実現しています。

近く、日本でも発売される予定。待ち遠しい一台です。

https://www.honda.co.jp/

まとめ

あくまで日常使いの車を購入するつもりの車選びで、「車中泊もできたらいいな~」を叶えてくれる車種をあげてきました。

こうしてリストアップしてみるとフルフラット仕様を持つ車が多いことに気づかされます。いかに車内で寝転がってくつろぐことを希望する人が増えているかわかりますね。

この車たち、ドライブ性能も維持費用も条件をクリアでき、さらに悪目立ちするキャンピングカー的なスタイルでもない普通車たちなのに、いざとなればお泊りできると考えると、実はかなりハイスペックなのかも。

次の買い替え時の参考にしてみてください。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

  logonevgivb  

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

ここ最近の旅とか遊び

  1. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  2. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  3. こんにちわリョウです(^^♪先日タイで誕生日を迎えました!なんとWeb講師からShigeと男2人…
  4. これでアキちゃんと約2年間旅をしました!車内で灯油ヒーターを焚いてマイナス18度の中キャンプ…
  5. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  6. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  7. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  8. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  9. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  10. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…

最近の人気記事

  1. はじめに近年流行りつつあるという「女子旅」。その目的は、観光だったり、食べることだったり、買…
  2. ランタン飛ばして幸せになろう! 「コムローイ祭り」(Khom Loi)/タイ・チェンマイほか…
  3. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー
PAGE TOP