車中泊の予備バッテリー問題。小容量電源から大容量電源の装着方法など

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

車を走らせていない状態で長時間のエアコンを使ったり、エンジンをかけていない状態でライトをつけたりすると、バッテリーがあがるという症状がおきたり、時には車内に排気ガスが溜まったりという危険な状況が生まれたりします。

でも、車内に泊まるなら夜間に灯りが欲しいし、携帯電話などの充電もしたいですね。冬なら暖房が、夏なら冷房も必要になります。そんな時に活躍するのが、車に設置されているのとは違う、別置の予備電源と呼ばれるバッテリーです。

車中泊で便利に使える別置の予備電源バッテリーについてまとめました。

バッテリーとは何?

基本中の基本ですが、バッテリーとは電源のこと。普通に暮らしていれば電気はコンセントからいくらでも流れてくるもので、使いたい家電のコンセントを差し込みさえすれば、便利な電化製品が使い放題です。

でも、車の中ではそうはいきません。車そのものに必要とされるライトやエアコンなどの電源をまかなうバッテリーは車に設置されています。でも、このバッテリーはコンセントのように後払いでいくらでも電流を流してくれるわけではなく、使った分だけ消費していきます。

車のバッテリーは、車を走らせることで消費しつつ、同時に充電も行っています。そのため、走らせている間は、エアコンなど大きな電気を使っていても消費した分を充電できますが、車を停めてエンジンも止めた状態でなんらかのパワーを使っていると、消費するばかりで充電がされないので、バッテリーが空になってしまいます。これが、バッテリーが上がる状態です。

車中泊には予備バッテリーが欲しい

車を走らせる移動手段としてだけでなく、寝泊まりする空間として使うつもりなら、予備バッテリーが必要になってきます。

たとえば、停車中の車の中で音楽を聴きたい、灯りが欲しい、電気毛布や扇風機を使いたい。そんな時には、車のバッテリーにつながっているシガーソケットからではなく、別の電源供給元を準備しておく必要があるのです。

実際に準備する予備バッテリーは、その必要性によって大きさ(容量)が変わってきます。

どんな予備バッテリーがあるのか

最近はかなり使いやすい製品が市販されています。コンパクトなのに大容量、軽量、普通の家電製品のコンセントをそのまま差して使えるなど、使い勝手が向上しています。

車中泊の日数にもよりますが、もし必要とするのが携帯電話の充電程度なら、市販されている小型のモバイルバッテリーチャージャーで十分でしょう。たとえ一晩でモバイルバッテリーチャージャーの充電を使い果たしてしまったとしても、翌日車を走らせながらシガーソケットから充電すれば復活してくれます。

パソコンの充電や小型扇風機や電気毛布などの小型低容量家電を使うなら、小型のポータブル電源を準備しておきます。

さらにグレードアップして、冷蔵庫を使いたい、小型でも電気ストーブを使いたいとなると、大容量の電源が必要になります。

予備バッテリーは、必要とされる電気量に合わせて選んでいきます。

自由に旅をして旅ブログを書く仕事!副業でもOK!

月収38万円~。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

超低容量

車を停めている間に使ったり充電したりした携帯電話や小さなLEDライトなどのためなら、市販されていて簡単に手に入る手の平サイズのモバイルバッテリーチャージャーで十分対応できます。

容量としては大きくても10000Ah程度。一般的なスマホを2~3回ほど充電できます。価格は3000円くらいからとお手頃。小さくて場所を取らず、消費した電源も走行中に車のシガーソケットから充電させれば復活します。

また、災害対応製品として市販されている手回しハンドル付きのラジオ充電器なども使えます。ただし、容量が小さいので、よほどグルグルしたとしてもスマホ1回分程度の充電しかできません。

長所としては、かなり腕の運動をする必要はありますが、車の電源を使って充電する必要はないところでしょう。

これらの超低容量タイプの電源では、ACコンセントをそのまま差すことはできません。ほとんどがUSB対応。小さなUSB扇風機などは使えることがありますが、原則として携帯電話とタブレット、小さなライト用くらいに考えておきましょう。

低容量電源

超低容量電源よりももう少し容量の大きなものをさしますが、実際にはあまり市場に出回っていません。

個人的に、外出先でパソコン数台とスマホ数台を連続充電できるようにと50000Ahの巨大モバイルバッテリーを使っていますが、小型パソコン程度の大きさがあり、かなり重たく、一度空になると充電するのに時間がかかるため、あまり使い勝手がいいとはいえません。おまけに市場が小さく価格設定が高くなっています。20,000円以上するものも。

公共交通機関を利用しての移動を考慮して、容量の大きさとサイズの小ささを優先した結果の選択ですが、車での移動であれば、大きさはもちろん重さもそこまで考慮しなくていいので、中途半端な容量の大型モバイルバッテリーよりも、多少さらに大型化しても、より大容量の予備電源を購入したほうがいいでしょう。

中容量電源

100,000Ahを超える予備電源があると、小型家電が使えるようになります。ノートパソコンなどは10回以上余裕で充電ができ、少し価格はアップしますが、リチウムイオンバッテリーを採用しているものなら、小型化と軽量化が実現しています。

もちろん、AC電源対応でコンセントをさして使えるものが多いのと、たいていはUSBの差込口もついていてとても便利です。価格は50,000円くらいから。

使える家電としては、扇風機や電気毛布は余裕。テレビや小型の冷蔵庫も6時間程度は連続で使用が可能です。バッテリーの充電も、半日あればフル。ソーラーシステムとつないで本体を充電しながら、ほかの家電に電源供給することができるモデルもあります。

ただ、中容量では24時間対応には不十分です。安定した24時間体制の電源供給を求めるなら、これらの予備電源を複数用意しておいて、順番に充電しながら使うなどの工夫が必要になります。

大容量電源=発電機

中容量を超える電源を確保するとなると、購入するのは発電機になってくるでしょう。キャンピングカーのように、多くの電化製品が使われているとこの手の発電機が設置されているのが当たり前。でも、車中泊では発電機が大きくかさばる上に高価であるため、設置している人は多くありません。

それでも、車内に別置のエアコンをつける、電子レンジを置く、お湯を沸かしたいなど、熱量の大きな家電を使うなら発電機が必要です。また、車中で連泊する場合に電源のあるサイトで車中泊をしないなら、予備電源をこまめに充電できる環境がないことになります。この場合も発電機に頼らざるを得ません。

発電機は基本ガソリンを燃料とします。カセットボンベ式などもありますが、効率やコストを考えるとガソリンが主流です。

発電機の場合、大容量で安心感があるのは確かですが、購入に10万円以上かかること、大きくて設置が難しいことなどから、車中泊のために準備する必要性は低いといえます。

ソーラー電源

ソーラーパネルを車の天井に載せておき、そこで発電した電気を車内で使うシステムもあります。キットとして市販セット(ソーラーパネル・バッテリー・コントローラー・充電器)も登場していて、キャンピングカーに設置される例も増えてきています。

キャリアに載せて配線するだけなので、ちょっと車をいじれる人なら自力設置も可能です。ソーラーで発電した電力はコントローラーを使用して電源として使えるように変換させ、充電器を通して供給されます。

一般的な市販車載ソーラーシステムの設置で小型家電は十分使用できます。もちろん、日照量と使用量と使用時間にもよりますが、中容量電源以上の電源供給が可能になります。

ただし、設備投資額はかなり高額で、200,000円から500,000円程度かかります。かなりの使用頻度でないと、もったいない気がしますね。

車のバッテリーと外部電源

車のバッテリーは一度あがるとその対応は結構大変です。ただ、最近の車のバッテリーは高性能になっていて、またライトのつけっぱなしへの注意喚起なども盛んなので、そう簡単に上がってしまうことがありません。使用年数や走行距離によって交換は必要になりますが、走行中であれば、それなりに頼れる電源となってくれます。

スマホの充電は日中にこの車のバッテリーにつながるシガーソケットで充電しておけば十分。車中では寝るだけだから、余分な家電用の電源は必要ない。そんなシンプル車中泊なら、特別なバッテリー予備電源や発電機の準備は必要ないでしょう。

走行中のシガーソケット充電のほか、食事や休憩で立ち寄った先で、コンセントを借りることができたり、有料で急速充電ができるサービスもあるので有効に使いたいですね。

これらのもとからある車のバッテリーと、外部電源をうまく活用することで、予備電源なしでの車中泊ももちろん可能です。

まとめ

真冬や真夏を除いて、車中泊はモバイルバッテリー程度で十分過ごせます。ただ、日本では災害用の予備電源の必要性があるため、車中泊愛好者たちは、災害用を兼ねた中程度の予備電源を揃えていることが多いようです。

また、このサイズの予備電源は需要が伸びていることもあって、リチウムイオンバッテリーを使った改良が進み、小型化と軽量化、そして徐々にではありますが低価格化も実現してきています。

よほどのこだわりがあるか、酷暑や極寒の中でも車中泊をするから冷暖房器具が欲しいという人以外には、災害用を兼ねた中容量電源があれば快適。また、予備電源も寿命があるため、2台用意しておくと安心かつ、十分快適な車内泊を楽しめると思います。

スーツを脱ぎ捨て、旅をしながら稼ごう!

日本人、働きすぎです!
ほんと、気付いたほうがいいよ。今日のあなたに、日本に、仕事に、生き方に、満足なんかしていたら「必ず」後悔するよ!

おすすめ

神崎竜馬

旅が仕事YUUMA

求人

live free art (芸術)

村人ブログ

世界の人々の写真

旅人の隠れ家

石垣島ビリヤード

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

ここ最近の旅とか遊び

  1. まさかのLIVE FREE キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも…
  2. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  4. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  5. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  6. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  7. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  8. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  9. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…

最近の人気記事

  1. 遊園地に行ったら絶叫マシンに乗る人って多いですよね。絶叫アトラクションって怖いと思う人も多い…
  2. オイルに頼らず裸自転車で行こう!「世界裸自転車ライド」(The World Naked Bike…
  3. はじめに海外旅行は家族で行くのがごく普通でも、その旅のスタイルがバックパッカーだと家族で出発…
PAGE TOP