車中泊 – 道の駅以外にも泊まれる場所が沢山!楽しい車中泊スポットまとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ちょっと広い車はあるし、車中泊っての試してみようか。行きたいフェスがあるけど、宿取れないし車で寝よう。お金はないけど時間はあるし、仲間とバンかワゴンでも借りてキャンピングカー気分の車中泊で旅、楽しそう。外出先で疲れ果てて眠気に襲われた、このまま車内に泊まってしまいたい。

いろんなパターンが考えられますが、車中泊はどこでもできるわけではありません。例えば、眠気に襲われて道端に駐車、シートベルトを外して仮眠をしようと思っても、そこが駐停車違反エリアなら×。一般道などでは、駐停車禁止でなくとも、停車した車内で飲酒してそのまま運転席を倒して仮眠、これも×。

車中泊をするつもりなら、場所はしっかりと選ぶ必要があります。今回は、車中泊におすすめの場所と、利用上の注意をご紹介していきます。

高速道路のサービスエリア

高速道路に設置されているサービスエリア、車中泊好きたちの間ではもっとも有効活用されている場所です。ただし!高速道路とサービスエリアの運営元(NEXCOなど)は、サービスエリアでの車中泊を「推奨しない」という姿勢を取っています。これを最初に心に刻んでおきましょう。

サービスエリアとは、あくまで高速道路などを走行中の一時的な休憩所という位置づけであって、宿泊のために利用する場所ではないというのが、運営側のスタンス。でも現実として、車中泊で利用する人はもちろん多くいます。そして、それを運営側も厳しく取り締まってはいません。車中泊する側が、利用者としての規範を守るという前提で、運営側が見逃してくれている状態です。

そんなサービスエリア。どうして車中泊に向いているかというと、圧倒的な設備の整備と安全性があげられます。そう、車中泊を快適にしてくれる環境がほぼそろっているのです。

清潔なトイレ、時にはシャワーやお風呂、飲食・雑貨販売が揃っていて、ガソリンスタンドもあります。それでいて駐車料金はタダ。これらの設備のうち、必要最低限の機能は24時間使用が可能です。また、高速道路上という利用者層が限定された空間であること、警備員が在中していることから安全面も高いというありがたさ。24時間車と人の出入りがあり、電気もついていて明るく、駐車スペースには死角もほとんどありません。防犯面で優れているのがわかりますね。

また、移動中に悪天候に見舞われそうな時には、下手に動くよりも早めにサービスエリアに入っておくのが正解。たとえ高速道路が悪天候で通行止めになっても、多くの場合、サービスエリアは閉鎖されません。緊急時の車中泊シェルターとしても活用が可能です。

道の駅

急速にその数を増やしているのが道の駅。高速道路のサービスエリアに対して、一般道のサービスエリアという位置づけです。道の駅の運営は原則公共団体で、目的は「道路利用者の休憩・情報発信・地域の連携」にあります。ほぼサービスエリアと同じですね。ただ、高速道路と一般道の利用者層の違いとして、比較的短距離利用者を想定しているため、24時間開放しているとは限りませんし、設備も休憩レベルのものが多く、シャワー設備などよりもお土産エリアのほうが充実している傾向が強いようです。

実際には、各道の駅ごとに、営業時間(開放時間)が異なり、夜間締め切るところもあるため、事実上車中泊不可の場所もありますし、24時間開放していても、防犯などを理由に車中泊を禁止しているところもあります。カーテンを閉め切ったまま、エンジンをかけたまま、長時間の駐車といった、いくつかの条件を満たすと、警備員などにノックされて穏やかに退場を求められる場合もあります。こういった、車中泊を歓迎しないスタイルの道の駅は都市部近郊に多く、逆に地方や山間部、観光地近くなどは、広い駐車場を確保しその一角に車中泊専用エリアを設けるなど、積極的に車中泊を受け入れているところも増えています。

サービスエリアの場合はほぼすべてが一定基準を満たしている点で、車中泊にとても都合がいいのですが、現時点では、道の駅は、各道の駅の運営方針次第。サービスエリアよりも上をいく環境を提供してくれるところもあれば、受け入れていないところもあるので、事前調査は欠かせません。

社会を捨て、手作りの「車のお家」で無期限の旅へ ~ 家族3人+犬2匹の物語

ハイエースキャンピングカー写真1

「廃材」を使った手作りの「車のお家」で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、スタートし、家族3人+犬二匹で「学び」の旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

キャンプ場

少し前まで、車中泊が公認されている場所といえば一部のキャンプに限定されていました。ただし、キャンプサイトまでその車で侵入できるとは限らず、キャンプ場横の駐車場での車中泊をさしています。

キャンプ場での車中泊は、宿泊場所である車内の設備があまり整っていないタイプにおすすめ。サービスエリアや道の駅でも泊まることはできますが、そこでは電源を得ることが難しく、テーブルや椅子を出すスペースもありません。もちろんBBQなどの煮炊きも禁止されています。

その点、キャンプ場であれば、トイレやシャワー、水道といった基本条件のほか、キャンプサイト内に電源があり、テーブルや椅子を出すことも借りることも可能、かまどやBBQ場なども完備されています。寝る時だけ、駐車場に停めた車内で過ごし、それ以外の時間を外で快適に過ごすことができるのです。

また、たとえば、乗員7名の車に7人乗って出かけたとして、いざ車中泊をする時、7人がその車内で眠れるかというと、車中泊雑魚寝上等とはいえ、それはかなりスペース的に無理があります。そんな時、キャンプ場なら、車内からあぶれる人はテント泊という手段が取れますね。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

RVパーク

RVパークは知る人ぞ知る的存在の車中泊エリアです。RVパークとは、日本RV協会が認定する車中泊専用の有料駐車場のこと。道の駅やオートキャンプ場などと被っているところも多数ありますが、なんといっても車中泊専用なので、気兼ねなくのびのびと過ごせる点でおすすめできます。

ただ、一番のおすすめの座をサービスエリアに奪われてしまっている理由として、駐車も施設利用も原則として有料であること、車外での煮炊きが禁止されていること、混雑していて予約も取れないことがあること、アイドリングが禁止されていることなどがあげられます。そして、何せ数が少ないのが難点。

もちろん利点もあって、駐車スペースがゆったりととられていて、椅子程度なら出して置けること、1週間程度の長期滞在が可能なこと、有料ではあってもゴミの処理ができること、電源供給があることといった、車中泊に必要な設備は整っています。

RVパークの関連施設として、湯YOUパーク、くるま旅パーク、ぐるめパーク、とれいんパーク、民パークなどがあり、これらは会員制ですが、一般の宿泊施設などの駐車場と設備の一部を利用して車中泊ができるシステムです。まだまだ数が少なく発展途上ではありますが、今後の車中泊のあり方や利用人口の増加とリンクして、増加・改善されていくことが期待されています。

社会を捨て、手作りの「車のお家」で無期限の旅へ ~ 家族3人+犬2匹の物語

ハイエースキャンピングカー写真1

「廃材」を使った手作りの「車のお家」で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、スタートし、家族3人+犬二匹で「学び」の旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

観光地やイベント会場の駐車場

行きたい場所、行きたいイベントも、近隣に車中泊できる駐車場が確保できると移動も滞在も各段に便利になりますね。最近は、観光地そのものが用意する駐車場に加え、市営などの公共の駐車場、そして民間駐車場など、複数の駐車場があり、有名観光地は混雑して車では近づけない! というわけではなくなっています。また、これらの駐車場の中には、車中泊人口の増加に合わせて、24時間車の出し入れができるコインパーキングになっているところもあり、夜間料金設定や宿泊最大料金設定など、車中泊にありがたいサービスもあります。イベント会場の場合は、車中前夜泊のためのスペースをあらかじめ確保していることもあります。

観光地やイベントの場合、駐車スペースがあっても、いくつかの問題があります。まず、混雑のために駐車場を確保できないというパターン。一部の観光地が混雑するのは、季節や時間が限定されていることもあり、その数は十分ではありません。当然、駐車スペースは早い者勝ち。前夜泊程度の心構えだと、より時間的な余裕のあるリタイヤ組などがしっかりとスペースを確保した後だったりもします。駐車スペースの確保は車中泊の命綱。1カ所に絞りこむのではなく、範囲を広げて複数の車中泊可能な駐車場をチェックしておきましょう。

また、トイレ事情も問題の一つです。お風呂や買い物は、車の出し入れ、徒歩などで対応するとしても、トイレだけは近場にキープしておきたいですね。観光地のコインパーキングだと、このトイレがない場合があります。近くの24時間使用可能な公衆トイレがあれば代用できますが、トイレ問題は一番のチェックポイントとなります。

もう一つが、駐車場情報のあいまいさ。観光地といっても、年の一度の祭り時や桜の花見時期など、期間限定で人が集まる場所だと、駐車場事情が毎年異なり、正確な情報が集めにくいでしょう。そんな時は、思い切って観光協会や公共団体に直接連絡を取って問い合わせるのも一つの手段です。

河原、高原、海辺

寝る場所としての車は存在しても野宿的な感覚に近いのが、河原や海辺、高原などでの車中泊。一昔前なら、多くの河川や高原、海辺に車で侵入してそこに駐車し、夜間もそのまま滞在が可能でした。それは、規制が存在していなかったから。規制がなかったのは、実際にそこで車中泊をする人が少なかったこと、車中泊をする人たちのマナーがよかったから。

近年は、車中泊人口が増え、増えた分マナー違反も目に付くようになってしまいました。そのため、多くの場所で規制されるようになり、実質的に車中泊ができなくなった場所がかなりあります。

それでも、川、山、海は、今も自然にもっとも近づける場所として人気が高く、数は少なくなったものの、車で近づける限られた場所には、多くの車中泊ファン、アウトドアファンたちが集まってきます。

ここであげる河原や高原、海辺の車中泊は、そこに道の駅やキャンプ場などがなく、ほぼ自然のままの場所での宿泊をさします。すなわち、トイレもなければ水もない場合があるということ。それらはすべて自前で準備する必要があります。特にトイレ問題は、男性だけであれば(ルール的にOKかどうかは別問題ですが)、なんとかありますが、女性が含まれると途端にハードルが上がります。

また、人里離れた場所であり、防犯面では自分たちだけが頼り。川なら増水、山なら動物や虫の害、海では高浪などの自然災害とも隣り合わせです。気楽に「車に泊まればいいや」的感覚で訪れると、不便な思いをするだけでなく、怖い思いもする可能性があるので、要注意です。

コンビニ

コンビニの多くは24時間開店していて、駐車場、トイレ、飲食完備のありがたい休憩所です。大型トラック運転手などは、仮眠場所として利用することもあるようです。当然、車中泊のスペースとしても条件は揃っているため、宿泊できる駐車場としての利用者が増えました。その結果、現在はほとんどのコンビニで、長時間の駐車、すなわち車中泊を禁止して取り締まるようになってしまいました。

一部のコンビニでは今も、車中泊を容認する形で大型駐車場を用意している場合もありますが、ほとんどが3時間程度を目安に、長時間駐車車両に対して注意勧告をする傾向にあります。そのため、車中泊はほとんどできないのが現実です。移動中の数時間の仮眠程度の使い方は可能ですが、それでも必ず、コンビニで買い物をするように。これだけは最低限のマナーです。

24時間経営店舗

都市部郊外を中心に見かける24時営業の店舗では、かなりの台数が停められる駐車場を完備しています。実質的に駐車車両はノーマークなので車中泊は可能ですが、長時間アイドリング状態で駐車していたり、あきらかに寝ています状態でシェイドやカーテンをしていたりすると、まれに警備員が車内を覗き込んで注意してくることがあります。また、1泊のみならず毎日のように車中泊していると、警察を呼ばれることも。

トイレも水場もあり、食料の買い出しもできるとあって便利ですが、あくまで、店舗の利用者のための駐車場であり、車中泊は想定外。無料駐車場であっても、ここも計画的な車中泊スペースとして使うには適していません。あくまで、予定通りに目的地にたどり着けなかった、予定していた場所に駐車ができなかった、天候不良や体調不良などの一時的な緊急避難所としての利用に留めておきましょう。

まとめ

車での長距離移動が珍しくないアメリカ大陸やヨーロッパなどでは、車中泊可能なパーキングスペースを持つドライブインが多くあるほか、道端の林や空き地などでも一時的な車中泊が許されやすい傾向にあります。一方で日本では車中泊という文化が比較的新しいこと、道路もスペースも狭く限られているという事情もあるのでしょう。車中泊できる場所は自然と限定されてしまいます。

さらに、近年車中泊人口が増えて、車中泊施設が整備されつつあるのと同時に、マナー違反者もまた目立つようになったため、これまでは容認してくれていた場所の中には、「車中泊禁止」へと方針を変更しているところがあります。車中泊はホテル泊などと違って、自分がチェックアウトした後のチェックがほとんどないため、「立つ鳥跡を濁す」人も少なからずいるのです。車中泊場所を確保して自分たちの安全と利便性を得ることも大切ですが、それによって、周囲の人や環境に迷惑をかけないことも大前提ですね。

また、道端でもコンビニでも、車の中で眠ればそれが車中泊。確かにそうですが、実際の車中泊には、宿泊施設として使う車を駐車する場所を確保する必要があります。実際、駐車スペース以外の場所での車中泊は、エンジンを切っていても、運転席にいれば飲酒ができず、他の座席でもシートベルト着用が義務になり、違反者には罰則が適用されることを知っておきましょう。

車中泊を楽しむには、第一に車中泊を受け入れてくれる駐車スペースを確保します。第二に、自分が必要とする設備の有無をチェック。そして現地では、車中泊の利点を享受しつつ、次の利用者、そして将来の車中泊文化発展のためにも、ルールやマナーを守ること。この三段構えを抑えて、トラブルのない車中泊の旅を楽しみたいですね。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ここ最近の旅とか遊び

  1. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  2. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  3. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  4. みなさん、こんにちは。マイコです。今日は、旅の出発前夜祭@那覇です。なぜ那覇か、とい…
  5. 旅人は「今」自然の中を旅しています。四万十川の上流に流されてきた私たちの生活は、世界がどう変…
  6. 制作者:せい材料:白保海岸で拾った流木、庭木、廃棄木パレット、近所の牧草、鉄ビス…
  7. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  8. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  9. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  10. スタートから61日目スタートからの距離2025km…

pickup 情報

  1. バックパッカーの旅は必ずしも1人でしなくてはいけないという決まりはないので、夫婦やカップルで…
  2. はじめに日本では無許可所持に最高懲役5年、営利目的栽培には懲役10年という重い刑罰がつく犯罪…
  3. はじめにバックパッカーというと着たきり雀でみすぼらしく汚いイメージがこびりついているようです…
PAGE TOP