道の駅「きつれがわ」で車中泊したよ!キャンピングカーで行ける周辺観光スポット情報

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

郷土風ショッピングセンター? そんな名称を思いつくくらい、小ぎれいですっきりとしていて、店も多く品揃えもいい。でも、並んで売られているものは郷土の物産が中心で、お値段は地元価格。

オシャレとはいえないかもしれませんが、美味しく楽しく、ついでに温泉で気持ちよくもなれてしまう、喜連川エリアの地元密着ショッピングセンタータイプの道の駅「きつれがわ」をご紹介します。

道の駅「きつれがわ」での飲食

2017年4月に大幅改装でスケールアップした道の駅「きつれがわ」。全体にキレイに、そして広々とした造りになり、特にグルメ方面に力が入りました。早速、新しいフードコートで食べられるものをみていきましょう。

・竹末道の駅本陣

ラーメン屋ですが、ただのラーメン屋ではありません。「ロマンな夢とロックな魂」で作られているといわれても当然ながらピンとはきませんが、看板ラーメンの「ごちそう喜連川ラーメン」は、マスとアユからダシをとり、ウナギのペーストをプラスしたという、想像が難しいスープが自慢。透明ですが、ちょっぴり青みがかっているような不思議な色合いのスープは旨味とコクがたまらない魅力。正直ハマりそうです。

・桔梗 花実や

和風の麺処。もともとは割烹料理の名店ですが、道の駅に出店するにあたって、メニューを身近な和食にしぼりこみました。そばやうどんといった和の麺と天丼などのどんぶりものが、上品な味で仕上げられています。この店ではうどんが一押し。しっかりとダシのきいたツユと地元産の小麦粉を使った氏家うどんはかたすぎずやわらすぎず、やさしい食感が特徴です。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

・あさの牧場

あさの豚を育てる牧場の直営店で味わうのは極上の豚丼!適度な脂身で甘味を作り出しつつ、すっきりと煮込まれた豚肉がたっぷりとのった姿は神! 牛丼とは違った濃厚な豚の味を楽しめます。また、ソースカツ丼はまるで運動会の球取りによじ登っていく人のごとくトンカツが盛られています。都会の食事処なら1000円、観光地なら2000円してもおかしくないようなボリュームがここではワンコイン500円程度で食べられます。

・パン工房温泉パン

喜連川では誰でも知っている温泉パン。菓子パンのような甘さはありませんが、マイルドな甘さをもつパンで、見た目よりもお腹に溜まります。おやつに食べすぎるとご飯がはいらなくなりそう。

・たいやき鱒屋

鯛だけど鱒。売られているのは正しく甘いあんこがつまったたいやきです。焼き立てのカリカリ熱々を食べる幸せ感に浸りましょう。

・Gelateria KITS

季節限定・数量限定などで、貴重な味のジェラートを販売している店。濃厚な味わいで、甘党以外にはちょっとキツいかもしれません。でも、スイーツ党としては大歓迎。訪れた季節ごとに違った味が楽しめます。

・総菜工房 花のれん

お惣菜やお弁当のお店。地元の主婦たちが工夫を凝らしたメニューで作られているそうです。おふくろの味そのものがパッケージに入って売られている感じ。車中泊で外食続きの舌と胃袋にやさしく訴えるものがあります。

・季節限定バーベキュー

常設のバーベキュースペースにテーブルとイスがつき、仮設テントをはった野外施設が夏場限定でバーベキュー場としてオープンします。バーベキュー施設としてだけのレンタルで、ガスや鉄板を準備できれば利用料金は無料。ただ、自力でガスボンベとガスホースを持ち込める人はあまりいないと思うので、鉄板や細かい器具類がパッケージになった1セット4時間3000円~(8人程度まで)の利用がおすすめです。ここには食材は含まれず、必要に応じて、食材セット1500円(1人)~を予約しましょう。もちろん、食材の持ち込みOKです。

桔梗 花実は平日19:30、土日祝日20:30まで営業していますが、そのほかの店舗は18:00まで。夕食に利用したい場合には、計画的に早めに。

道の駅「きつれがわ」での遊び

季節ごとに道の駅内でイベントが開催されています。頻度としては大小のイベントを混ぜればほとんどの週末を含め、月の半分以上は何かしらのイベントがあります。なかには、喜連川エリアに伝わる昔ばなしを露天風呂脇に張り出す「喜連川むかしばなし」のようなシンプルなものもありますが、それもご愛敬。

・河川敷でのびのび

子連れや犬連れには嬉しいスペースが、道の駅に隣接する河川沿いの大きな公園。車の危険のない中でのびのびと遊べます。

・温泉

道の駅「きつれがわ」の一番のお楽しみは、日本三大美肌温泉にあります。全身の美肌を目指す以外に足湯があり、さらには靴と靴下を脱ぐのが面倒な人には手湯もあります。手を付けるだけでも体はポカポカ。横には温泉卵作り専用の湯箱も用意されています。卵を持ち込めば無料で作ることができます。どこも清潔に保たれていて気持ちよく使えます。

道の駅内にある「きつれがわ温泉」は、クアハウス一体型の温泉施設で、裸で入る浴場と水着着用エリアとがあります。ナトリウム塩化物泉は美肌に効果たっぷり。内湯に露天風呂、サウナ、水風呂などが裸エリア、歩行浴、ハーブバス、シルキーバス、電気風呂などが水着エリアにあります。どちらも捨てがたいですね。でも、ご心配なく。入湯は共通料金で、それもたったの500円。営業は10:00から、クアハウスは20:00まで、入浴ゾーンは23:00まで営業しています。

道の駅内の温泉源泉は比較的新しく、市内にはより古くから湧き出している温泉があります。泉質が多少異なるようなので、より温泉らしい情緒を味わいたいなら、喜連川早乙女温泉などに向かったほうがいいでしょう。市内には市営の温泉施設がほかにもあり、道の駅内の観光案内コーナーでも紹介されています。

道の駅「きつれがわ」に泊まる

車中泊という観点で見ると、非常に人気があります。週末には、トイレが近く大型車の駐車エリアがない車中泊にとって絶好なエリアはほぼ満車に近いような状態。ほかに2つのエリアがあり、片方は大型車駐車スペースがあるため普通車エリアには比較的空きがあり、もう一つはトイレなどから若干離れているため普通車のみのエリアですが若干人気がないようです。大型キャンピングカーなどの場合には、大型トラックと限られたスペースの取り合いになりそうなので、早めに場所取りを。

道の駅「きつれがわ」の安全性

改装と大型化で発展してきた道の駅だからか、駐車スペースが3つのエリアに分かれています。大型車スペースが1つの駐車場に集められていて、ほかの駐車エリア内を大型車が走ることがないため、普通車サイズでの車中泊の場合には、ある種の安全性を確保できます。

駐車場がかなり広いので、停める場所は重要なポイントになります。車中泊スポットとして人気の高い道の駅では早めの場所取りが必要でしょう。

建物から遠く離れると外灯が少なく暗くなりますが、夜間になっても車の数が多いので、寂しさは感じないでしょう。どちらかというと、酔っ払い対策や盗難・痴漢などへの注意が必要。トイレからも遠く暗いエリアはキャンピングカー内のトイレを使い、夜間は車外へ出ないでいられる場合以外は、安全面からも避けたいですね。

道の駅「きつれがわ」の立地とアクセス

駐車場は平坦。

東北自動車道の矢板インターチェンジから国道293号を進んで30分弱。道の駅は国道から少し内側にはいった、日本の川の三角州のようなエリアにあります。

道の駅「きつれがわ」の周辺観光

・喜連川温泉

江戸時代から奥州への通り道として栄えたエリアで、今も武家屋敷や所縁ある寺院が残っていますが古くは温泉がなく、観光地としての人気はそれほどありませんでした。それが昭和後半になって温泉が掘り当てられ、三大美肌の湯として宣伝できる質の良さをウリとして町興しをしています。市街地内にある温泉は同じ源泉ですが、喜連川早乙女温泉は違うとの情報があります。こちらはかなり硫黄臭が強く高温で色付きの温泉。道の駅や市営のもとゆ温泉などはかすかな異臭はありますが、ほぼ無色透明。ハシゴ湯できるサービスもあるので、湯比べ巡りをしてみるのもいいでしょう。

・龍光寺

道の駅から歩ける距離にある歴史ある足利家の墓所。足利尊氏の創建と伝えられています。広大な敷地を持つ境内には、本堂・廟所のほか、霊牌堂や書院などがほぼ当時のまま残っています。平日は人がほとんどいない静かな雰囲気を味わえます。

・喜連川神社

小さく地味ですが、味のある神社。特に社前の灯篭の石積みがいい感じ。歴史は450年ほどさかのぼり、尾張の津島神社で祀られるスサノオノミコトを分霊し、クシナダヒメノミコトとともに二柱として創建されました。年に一度の例大祭で暴れる御神輿の渡御が有名です。残念ながら、普段は御朱印を扱っていないようで、正式に参拝していただくためには事前に連絡を取ってお願いしてみましょう。

・勝山城跡

堀や土塁がキレイに残っている城跡です。お城自体の痕跡はほとんどなく、妄想で楽しむ城見学になりますが、整備されていて散歩にもいい公園的な雰囲気で、城好きにも一般客にも人気があります。特に桜の季節は派手になります。

・さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館

勝山城跡のすぐ近くにあるミュージアムで、市内出身の日本画家である荒井寛方が仏さまを描いた作品をたくさん展示しています。また、同じくさくら市出身の鋸研究家のコレクション300点の展示があり、こちらではかなり珍しい鋸の歴史をたどることができます。

さらに、自然・歴史・文化の展示室では鬼怒川流域の河原や里の自然、里山などと喜連川城下の文化や歴史などを紹介しています。大規模ではありませんが、かえってシンプルにこじんまりまとまっていて見やすいです。外にある民家広場には、市内各地から移築されてきた長屋門や板倉が展示されていて、古い建造物好きには楽しめるコーナーになっています。

・喜連川丘陵の里 杉インテリア木工館

廃校になった小学校を再利用した木工工房です。杉と桧を使ったシンプルなで温かな家具や遊具、そして小物などが展示され、即売もしています。廃材を利用したごく簡単な木工体験も安心価格で専門家のアドバイスを得ながらできるので、ちょっとした自作小物をお土産に持って帰ることができます。

社会を捨て、手作りの「車のお家」で無期限の旅へ ~ 家族3人+犬2匹の物語

ハイエースキャンピングカー写真1

「廃材」を使った手作りの「車のお家」で、石垣島の「自由の果ての旅人の村」から、スタートし、家族3人+犬二匹で「学び」の旅をしています。

霧島から始まった旅は、流されるまま、繋がり、チームとなってきたこの頃です。

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

基本情報としての施設設備

①営業期間と時間

第2・第4月曜日が定休になりますが、祝日にあたる場合にはその翌日に振り替えられます。また季節によって変更もあります。

直売所は9:00~18:00、食品・飲食テナントは9:00または10:30~の営業で、桔梗 花実や以外は18:00まで。桔梗 花実やは平日が19:30、土日祝日が20:30までの営業です。

温泉は10:00~23:00。ただし、クアハウスは20:00でしまります。足湯はもっと短くなり11:00~16:00まで。

②駐車スペース

駐車は24時間可能。大型車用17台、障碍者用を4台、普通車用242台とかなりの台数が確保されています。駐車スペースは3カ所に分かれていて、大型車が駐車できる場所は1カ所に固まっています。

キャンピングカーの駐車も問題ありません。

季節にもよりますが、日中も夜間も駐車台数は多く、トイレの近くや温泉の近くなど、人気のスペースを確保したければ、早い時間に待機する必要があります。

③トイレ

建物の中と外にありますが、24時間利用できるのは外トイレのみ。清潔に保たれています。

④炊事

アスファルト張りの駐車場での煮炊きは禁止されています。キャンピングカー内での調理以外はできないと思っておきましょう。

ご紹介したように、季節によってはバーベキューコーナーがオープンし、リーズナブルな価格でテーブルとイス、バーベキュー用具セットのレンタルが可能です。ただし、利用時間は日中のみ。

⑤シャワー・風呂

道の駅内に温泉施設があります。500円で入れるにしては、水着で入れるクアハウスもあり、恵まれていると思います。男女混合で入れるエリアがあることから、家族連れやカップルなども多く利用しています。ただ、温泉としては沸かしで加水で循環消毒式であることから、源泉を流しているという露天風呂以外は普通の銭湯感覚でしょう。本物の温泉を求めるならば、市内にある別の温泉施設をおすすめします。

⑥電源

EVカー用の充電設備のみあります。

⑦ゴミの扱い

ゴミ箱の設置がある珍しくもありがたい道の駅です。ただ、それほど大きなゴミ箱ではないので、大きな持ち込みゴミはマナーとして捨てずに持ち帰りましょう。

⑧売店など

直売所があり、広々とした明るい造りのマルシェのよう。生鮮食品は季節の野菜が中心なので、種類はそれほど多くありませんが、新鮮なものを安く購入できます。また、近隣の名物も置かれていて、バームクーヘンなどが美味しいと評判です。

また、バーベキュー用の食材は予約注文が可能。野菜など一部は当日現地で買い足しも可能です。

⑨Wi-Fi

未確認

まとめ

さくら市といわれても、近隣在住者か関係者以外はどこだろう? と思ってしまいそう。氏家町と喜連川町の大合併によってできた新しい市です。このさくらは桜。市内には桜の名所が多くあり、春には近隣の観光と合わせて多くの人が集まります。

また、昭和の後半というごく最近掘削に成功した温泉をいかし、地道な町興しを進めている最中です。

大きな目玉観光や目玉食品などはないものの、関東方面から東北への入り口にあたる位置の良さ、適度に美味しく安く、気持ちよく温泉にもつかれるというちょうど良さ、車中泊者が多く安心して利用できるという居心地の良さなどから、拡大発展傾向にある道の駅です。

周囲に何件かの道の駅があり、それぞれに特色を出してきているので、道の駅「きつれがわ」が今後、目立つポイントが温泉だけでやっていけるのか、ほかの目玉を打ち出してくるのか、これまで奮闘して発展してきた歴史があるので、楽しみにしています。

道の駅「きつれがわ」
栃木県さくら市喜連川4145-10
028-686-8180

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. みんなありがとう!そして、さよなら BAR LIVE FREE家族だけで、手作りで作…
  2. この記事はダイアルアップ接続時代からパソコン一つで稼ぎ続け、4つの法人を経営し、8つのビジネ…
  3. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  4. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…
  5. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  6. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  7. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…
  8. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  9. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  10. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…

pickup 情報

  1. 見るより、今年は参加したい! 「リオのカーニバル」/ブラジル・リオデジャネイロ「元祖」ではな…
  2. バックパッカーもそうでない人も、世の中でバックパッカーと呼ばれている旅人たちの現実をチラリと…
  3. バックパッカーの旅では飛行機は必要不可欠ですよね。そんな飛行機移動をしていると、時々着陸する…
PAGE TOP