道の駅「どんぐりの里 いなぶ」で車中泊したよ! キャンピングカーで行ける周辺観光スポット情報

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

車中泊歓迎の看板こそ出してはいませんが、他の多くの車中泊受け入れ可である道の駅と同様に、マナー良く使ってくれるなら「見ないふり~」をしていてくれる、ありがたい道の駅です。

道の駅には食事処や温泉もあり、ここだけで半日程度の観光目的滞在も可能ですが、何より、周辺に見どころがいろいろとあり、車中泊やキャンプの旅の1ストップとして活用するのに持ってこいの条件を備えています。

車中泊フリークであれば、確実におさえておきたい道の駅の一つでしょう。

www.inabu-kankou.com

道の駅「どんぐりの里 いなぶ」での飲食

屋台や出店、レストランなどで、さまざまな飲食が可能です。このあたりは米が美味しいことでも有名。五平餅はこの道の駅でトップを争う人気商品ですし、米粉を使ったパンやうどんなど、ちょっと変わった美味しいものも味見ができて楽しくなります。また、季節によっても扱う商品が変わり、アユの塩焼きやキノコ蕎麦、山菜おこわなどもおすすめ。車中泊の夜のお供に、地元のお酒とカラスミやヤマゴボウの漬物などはいかがでしょうか。

・どんぐり横丁

店舗と売店の総称で、お米と米粉を使った製品、漬物、生鮮野菜や果物などの販売が行われています。特に人気を集めているのが、1時間ごとに焼きあがる米粉パン。こんがりと焼き色のついたパンは見た目も香りも食欲をそそります。あんころ持ちや栗が丸ごと入った焼どら、古代米を合わせて炊き上げた山菜おこわはずっしりとお腹に溜まります。ここでは、新鮮な野菜や果物といった食材も手に入るので、ちょっと手を加えれば車中泊中の車内のお食事のサイドディッシュになりそうです。

・どんぐり食堂

一番人気は五平餅。ネギ味噌とくるみしょうゆの2種類のタレがあり、できればどちらも賞味したいところです。これだけでも結構お腹に溜まりますが、もう少ししっかりと食べたい人には、横丁でも売られる古代米入りの山菜おこわと米粉うどんのセットはいかがでしょうか? 素朴な味に癒されます。また、かわりだねとして、地場特産のブルーベリーを隠し味に使ったブルーベリーカレーなるものもあります。ほんのりと甘くてお子さんにもおすすめです。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

・手打ちそばこそこそ

山の湧き水を使って手打ちされた蕎麦の店。かけ・ざる以外には、とろろそばやおろしそばなど、あっさり系が多く、正直何杯でも食べられそう。

道の駅「どんぐりの里 いなぶ」周辺には、小さな食堂やレストランがたくさんあり、日中は食べ物に困ることはないでしょう。車で10分~20分程度の少し離れたところまで移動すると、清流を眺めながら自然薯料理を堪能できる「じねん亭」や、古民家を使った洋食系カフェ「春秋風亭」などもあります。

手作りキャンピングカーで生活中!家族三人+犬二匹の旅暮らしブログ

ハイエースキャンピングカー写真1

家族3人+犬二匹で、日本~世界を旅しながら暮らしています。「車のおうち」は全て僕の手作りです。世界中に故郷を増やし、帰る家はこの「車のおうち」だけ♪

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

この「車のおうち」のカタログは「こちら」からどうぞ♪

道の駅「どんぐりの里 いなぶ」に泊まる

大型車や障害者用スペースを含めて約120台分の駐車スペースを持つ道の駅です。RVパ-クも宿泊施設も併設していないため、車中泊はあくまで正式な許可があるわけではありませんが、駐車場やトイレは24時間開放されていて、車中泊仲間はそれなりの数が滞在しています。

昼間には満車になっても、夜までいっぱい…ということはまずありませんが、万一の場合には、周辺に旅館やロッジ、ペンションなど、比較的リーズナブルな宿泊施設もあります。

道の駅「どんぐりの里 いなぶ」の安全性

車中泊する車は平日でも数台、週末には10台以上が宿泊することもあり、多すぎず少なすぎず、互いに適度な距離を取ることもできるので、快適に過ごせます。

夜間は、隣接する道を通行する車も少なく、大型車などの休憩利用も少ないため騒音もなし。静かすぎるくらいですが、安全性に問題はなさそうです。

道の駅「どんぐりの里 いなぶ」の立地とアクセス

120台分の駐車場があるものの、敷地内には複数の施設があることもあり、駐車場のスペースは意外と狭い感じです。ただ、全体的にフラットであり、特に駐車上の問題はありません。

国道153号を走り、名古屋鉄道豊田市駅付近から1時間ほどの位置です。

www.inabu-kankou.com

道の駅「どんぐりの里 いなぶ」の周辺観光

・稲武温泉どんぐりの湯

周辺までいかずとも、まずはほぼ同じ施設内に併設された温泉施設で癒されましょう。道の駅に付属する施設という雰囲気ではなく、かなり立派で広くて大きな日帰り温泉です。露天風呂はもちろん、岩盤浴、岩盤スチームサウナ、岩壺湯などなど、さまざまな趣向を凝らしたお風呂があり、ちょっとしたお風呂テーマパークのようです。

昼間は600円ですが、夕方17:00時以降は500円と割安に。受付時間が20:00までで21:00には閉館となるので、17:00~20:00の間に利用しましょう。また、岩盤浴は別料金ですが、たったの200円。これにはバスタオルと館内着の貸出が含まれるので、時間をかけて温泉を楽しめ、お得さも享受できますね。1階と2階でお風呂の内容が異なり、男女交互日替わり利用となっています。できれば全館内風呂グランドスラムに挑戦したいところです。休憩スペースとして、畳と地元の杉材を使ったフローリングが心地よい休憩所があります。

www.inabu-kankou.com

・瑞龍寺

春の枝垂れ桜が有名ですが、小さなお寺。桜の季節以外はほとんど参拝客がいませんが、道の駅から歩いてすぐのところにあるので、散歩がてら覗いてみるといいかも。

・大井平公園

地域の紅葉の名所。名倉川にかかる吊り橋とセットで写真撮影に訪れる人が大勢います。駐車場がありますが、紅葉時期の週末はかなり込み合うため、少し歩くつもりで道の駅に駐車していくといいでしょう。

・タカドヤ湿原

湿原地帯はそれほど広くないけれど、じっとりとした沼と水草、ミズゴケが生えた緑の濃いエリアはマイナスイオンがたっぷり。木道が遊歩道として設置されているので、歩きやすいのもおすすめポイントです。また、周囲の木々や植物の種類が多いことから、紅葉が素晴らしく、最近は秋になると臨時駐車場が作られ、出店も並ぶほど。ただ、小さなエリアなので人が多いと興ざめ。できれば平日の人の気配のない時にしっとりと見て回りたいスポットです。

・段戸湖

人造湖ではありますが、周囲の林と上手にマッチングしていて、季節ごとの姿を楽しめます。また、養殖魚たちがたくさん泳いでいて、釣り場としてもGOOD。周囲には原生ブナ林もありながら、手軽なハイキングコースとして家族連れでも十分楽しめるエリアが広がっています。

・伊世賀美隧道

少し趣向がかわりますが、知る人ぞ知る心霊スポット。狭く暗く細いトンネル内は雰囲気がゾゾっとすごく、近寄ると冷感の有無にかかわらず、ちょっとここは通りたくないなと思えてきます。歩いてトンネル内を通行する場合には、車の通りもあるので、別の意味でも怖さがあります。気をつけましょう。

・明知鉄道

田園地帯や森の中を走る生活列車ですが、時期によっては観光列車も運行しています。こんなのどかな線路や駅がまだ残っていたんだな~と感慨深くなるような路線。ガタンゴトンと走るその音とのんびりスピードがノスタルジック。廃線にならずに残っているのが不思議なくらいです。イベント時に走るSL列車、レストラン車両や、特別弁当などを目当てに訪れる「鉄」も多いそうです。

・関谷醸造

米と水があれば、当然「酒」があるはず。「蓬莱泉」は甘めの美味しい地酒。醸造所では試飲ができるほか、量り売りもしてくれます。ここで飲むのが一番美味しいという生酒もあります。お酒が飲めない人には酒饅頭もあります。もちろん、酒蔵内の見学や予約をすればお酒造りの一部体験もできます。

www.cbr.mlit.go.jp

基本情報としての施設設備

①営業期間と時間

4~11月は無休、それ以外は木曜定休、また年末年始は休業します。営業時間は店舗部分が9:00~17:00(土日祝は18:00)。紅葉祭りなどのイベント時には多少変更がある場合も。

駐車場とトイレは年中24時間使用が可能です。

②駐車スペース

大型車両専用が12台、普通車が約100台。台数的には多いのですが、スペースの間隔はちょっとキツい感じ。また、日中はかなり込み合います。

バイク用の駐車スペースも30台分ほどありますが、これもかなり埋まっています。

キャンピングカー専用エリアはありませんが、中型までは普通車エリアに、それ以上は大型エリアへの駐車となります。

③トイレ

24時間利用可能。数も一定数あり、掃除も行き届いています。

④炊事

普通の道の駅なので、炊事は一切できません。キャンピングカーなどの車内でのみ可能となります。また、水道もトイレ内のものしかないため、歯磨き洗顔はともかく、食後の洗い物などでは使わないように。

⑤シャワー・風呂

道の駅隣接の温泉施設を利用しましょう。「どんぐりの湯」は、1億円の村おこし基金を使って掘り出された温泉。道の駅よりも歴史は古いのですが、近年リニューアルされて、さらにパワーアップしました。

泉質はあっさりしていますが、いろいろな種類お風呂や岩盤浴などがあり、お風呂三昧を楽しめます。道の駅などにある温泉施設の中では比較的遅い21:00まで営業しているのもありがたいですね。ただし、木曜日は定休となるので、注意しましょう。

⑥電源

EV急速充電施設があります。これ以外に、車中泊中に電源を取れる場所はありません。

⑦ゴミの扱い

ゴミ箱の設置があります。ただし、持ち込みゴミや大型ゴミなどは捨てられません。

⑧売店など

店舗が営業している間は、野菜を中心とした食材が手に入ります。また調理済みの軽食も購入できます。ただ、店が17:00または18:00には閉まってしまうため、それ以降は、近隣の食堂などで食事をとるか、少し離れた場所にあるスーパーで買い物をしてくる必要があります。

⑨Wi-Fi

フリーWi-Fiがあります。

⑩そのほか

なし

まとめ

道の駅「どんぐりの里 いなぶ」というネーミングですが、周辺に紅葉の名所はあるものの、なぜにどんぐり? と思う人も多いはず。実は、このあたりを開発するために掘削をしていたところ、甕に入ったどんぐりが出土したのだとか。昔の人たちが食料として埋めていたのではないかという話で、ここからどんぐりが愛称として使われるようになったそうです。

現在の道の駅は、名古屋や豊田、時には長野県から周辺エリアへと観光に訪れる人たちの休憩所としての役割を立派に担っています。この道の駅を最終目的地としている人は少なく、ここで車中泊する人も、立地条件的な便利さから選んでいるようです。それでも、ここの温泉だけでも十分半日は楽しめ、さらに川と森の散策をプラスすれば一日まるまる観光できます。ただ、通りがかりの休憩所としてだけでなく、食べて浸かって遊んでじっくりと過ごすこともできる道の駅としてリストアップしておきたい場所です。

道の駅「どんぐりの里 いなぶ」
愛知県豊田市武節町針原4-1
0565-83-3200

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 楽しかった~♪…
  2. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  3. テントを張る必要がないキャンプ。寝袋がいらないキャンプ。食事の心配のないキャンプ。それってキャンプな…
  4. ここ最近の僕たちの様子~僕が最も好きなビーチ、プライベートビーチで村人たちと飲んだく…
  5. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    パパ式自作キャンピングカー旅人仕様。製作期間3ヵ月、廃材などを使い制作費約20万円♪新車内…
  6. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  7. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  8. ※拡大オリジナル写真は「こちら」からダウンロードできます。Artist AKI 12歳♪…
  9. スタートから61日目スタートからの距離2025km…
  10. ここに書いてある事を実践すれば、アトピーは必ず治ります。これは「経験」です。薬や石鹸、日本の水道水を…

pickup 情報

  1. はじめに「旅」は誰もがその規模や考え方は違っても体験しますが、「バックパッカー」、「世界一周…
  2. はじめにありきたりな旅はもう十分! という贅沢な悩みを解消してくれそうなホテルを世界各地から…
  3. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…
PAGE TOP