道の駅「ゆとりパークたまがわ」で車中泊したよ! キャンピングカーで行ける周辺観光スポット情報

温泉とビーチとキャンプ場とRVパークがセットでついてくる道の駅、それが「ゆとりパークたまがわ」です。設備が整うにつれ、当然のごとく人気はうなぎのぼりで、海水浴シーズンは車中泊客やキャンプ客でいっぱい。特に家族連れで大賑わいとなります。

たとえ混雑していても行く価値は十分にある! と思える場所ですが、できれば少しだけ繁忙期からずらした日程で訪れて、温泉もビーチもひとり占め! 的な使い方をしたくなる道の駅でもあります。

道の駅「ゆとりパークたまがわ」での飲食

道の駅「ゆとりパークたまがわ」では、新鮮格安の海産物と近隣の農家が丹精込めて作った農作物販売があり、それらを購入してキャンプサイトで自炊するのがおすすめ。

非自炊派だって安心です。道の駅内には味処棟があり、手軽なところでは、「里の食堂」でうどんやそばにラーメン、オニギリなどの軽食が食べられます。ほかに、ステーキハウス、お好み焼き屋、和食亭などもあります。

さらに、道の駅周辺には小規模なレストランや食事処があります。ただし、海水浴シーズンの昼間は混雑すること、シーズンオフには不定期に休業すること、どの店も比較的夜が早いことなどに注意が必要でしょう。

車で30分圏内まで移動すると、日本海の幸を味わえる和食系のレストランや食堂があり、こちらもおすすめです。

道の駅「ゆとりパークたまがわ」での遊び

かなり頑張っている道の駅です。もともとの立地が良く、海水浴やハイキング、サイクリングなどが道の駅を基地として楽しめるほか、自炊のための新鮮な食材ゲットができ、その場で調理されたものを食べることもでき、温泉もあります。

・瀬越海水浴場

有名な海水浴場ではなく、もともとは地元の人しか知らなかった穴場のプライベートビーチ。日本海には珍しく白に近い砂浜で海水浴ができます。繁忙期を避ければ、貸し切り状態の日も!

遠浅ではありませんが、すぐに足がつかなくなるほど深いわけでもないので、家族連れでも大丈夫。波もそれほどありません。トイレやシャワー完備なのも嬉しいポイントです。

ただ、ここは海釣りポイントでもあるため、釣り人と海水浴客の場所取りが静かに行われています。

www.yutoripark-tamagawa.com/

旅人になりたい人向けの求人情報!

どんな物騒な世界になろうとも、旅人の目に映る景色はいつも平和で自由、そして愛そのものです ~ ♪

求人情報はコチラ👇
https://yuuma7.com/live-free/

大麻など覚醒植物の研究と意識世界の旅

覚醒経験(かくせい)は人生に大きな学びを与えてくれるでしょう。「意識世界の旅」に出かけてみませんか?

草・意識世界の研究・ブレンドハーブ通販はコチラ👇
https://yuuma7.com/kusa/

・田万川温泉「憩いの湯」

銭湯価格で入れる庭園風露天風呂付の温泉施設です。林を抜けて吹く風が気持ちの良い露天風呂が自慢。無料の休憩室があり、人目を気にせずひと眠りできる貸し切り和室(有料)もあります。これは、海水浴後の湯上り後に大いに活用したいですね。

・田万川河川公園

徒歩数分というすぐ隣にゆったりと田万川が流れていて、川沿いは遊歩道と自転車道が整備されています。散策やサイクリングはもちろん、バードウォッチング、釣りなどが楽しめます。

・森林公園「やすらぎの森宇生」

ちょっとしたハイキング気分で山や森を体感できる公園です。展望所まで行くと、日本海を見渡し、リアス式海岸を見下ろすことができます。このあたりの森には鳥たちの数が多いようで、バードウォッチングにも適しています。

www.yutoripark-tamagawa.com/

手作りキャンピングカーで生活中!家族三人+犬二匹の旅暮らしブログ

ハイエースキャンピングカー写真1

家族3人+犬二匹で、日本~世界を旅しながら暮らしています。「車のおうち」は全て僕の手作りです。世界中に故郷を増やし、帰る家はこの「車のおうち」だけ♪

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

この「車のおうち」のカタログは「こちら」からどうぞ♪

道の駅「ゆとりパークたまがわ」に泊まる

道の駅「ゆとりパークたまがわ」では車中泊を受け入れています。キャンピングカーも可。ただし、混雑時にはキャンピングカーの受け入れ台数が制限されたり、駐車できるスペースが決められたりするようです。

併設する「RVパークたまがわ」は、道の駅から土手沿いに少し走ったところにあります。キャンプ場も隣接しています。RVパーク指定の駐車スペースは4台分。ここにはコイン式電源が設置されていて有料、1泊1000円。ただ、この駐車場も広く、電源なしでよければ、空きスペースに駐車できるようです。

道の駅が運営するキャンプ場はオートキャンプではなくテント泊。キャンプ場の炊事場はRVパーク利用者も使うことができます。

温泉施設の休憩所は無料エリア・有料エリアともに宿泊はできません。

www.yutoripark-tamagawa.com/

道の駅「ゆとりパークたまがわ」の安全性

海と川と森に囲まれたキャンプ場で、夜は虫の声や鳥の声、そして波の音が聞こえて、都会っ子には耳慣れないかもしれませんが、危険は感じません。

キャンプサイトを含めたすべてのエリアに管理人の24時間常駐はなく、時間入場制限などもありません。ただ、キャンプサイトはオートキャンプ場ではないので車の進入がないので、キャンパーにとってその点は安心ですね。

道の駅「ゆとりパークたまがわ」の立地とアクセス

駐車場やサイトはほぼ平坦。RVパークサイトはアスファルト(臨時のキャンピングカー駐車スペースは芝)、キャンプサイトは芝生です。

国道191号線を萩市方面から島根方面へ走って1時間。近隣に高速道路がないので、アクセスはあまり便利ではありませんが、だからこその穴場といえるでしょう。

周辺の道路事情はいまひとつ。道幅の狭いところが多いため、大型のキャンピングカーだと入り込めないエリアもあります。ぐいぐい行き過ぎてハマりこまないよう注意しましょう。

道の駅「ゆとりパークたまがわ」の周辺観光

日本海と森と萩の城下町に囲まれたエリア。泳ぐもよし、釣りするのもよし、ハイキングするのもいいし、バードウォッチングもできます。さらには車で少し移動すれば、萩の城下町や郊外で各種歴史的建造物を訪ねることもできます。世界遺産に登録されているだけあり保存状態がよい施設も多く、江戸から明治大正あたりまでの情緒を味わえます。

・西堂寺六角堂

木造本瓦葺きの六角堂。建物だけでなく内柱もすべて六角のものが使われているそうです。古くは海中に半分沈んだ祈願所だったそうですが、現在の建物は江戸時代のもので、陸地に立っています。日本海に面していて海風が強く当たるため、それに耐えられるようにと工夫した結果の六角だということです。

ここには、その昔、長者の娘と使用人が恋に落ちたものの許されず、海に身を投げた娘をまつった地蔵尊があります。

・萩城 城下町

毛利輝元の萩城を中心として。300年近く栄えた城下町が今も残っています。武家屋敷、土壁やなまこ壁など、世界遺産にも登録された街並みを歩いてみましょう。周囲には、高杉晋作や吉田松陰ゆかりの地もあり、歴史好きにはたまらないスポットです。

・萩明倫学舎

萩の藩校だった明倫館の跡地に建設された旧明倫小学校の校舎を改修した施設です。ミュージアムとしての展示だけでなく、ビジターセンター、レストランやお土産店などもあり、建造物としてだけでなく、中身のある観光施設になっています。

・木戸孝充、桂太郎旧宅

季節ごとに見栄えのする立派な庭のある旧宅が公開されています。ほぼ当時のままの状態で残されているため、歴史上の人物たちの生活の様子を想像できる貴重な場所です。

・萩反射炉

現存する近世反射炉の一つと言う貴重な遺跡。世界遺産です。萩藩の軍事力の要となった溶解炉ですが、現在残っているのはレンガ積みの煙突のみ。1855年当時、たった数枚のスケッチ画を元に試行錯誤の後建築されたそうです。

・恵美須ヶ鼻造船所跡

同じく軍事化にともなう大型船建造のために建設された西洋式の造船所跡で、海辺に残る石積みの美しさがフォトジェニックだとして撮影スポットになっています。建物は残っていませんが、現地のガイド詰め所でVR再現を見ることができます。

・大板山たたら製鉄遺跡

江戸時代に製鉄所の跡が整備されています。木炭を使い、砂鉄を原料に鉄を作っていた遺跡です。建物の敷石や石積みなど跡しかないのが残念ですが、ガイドが常駐していて、当時の様子を語ってくれます。

基本情報としての施設設備

www.yutoripark-tamagawa.com/

①営業期間と時間

道の駅は、第3月曜日が休館日として指定されていますが、施設によって、また季節によっても変動があります。物販施設は8:30~18:00、レストランは11:00~19:00営業。温泉施設は10:00~21:00まで。

RVパークはチェックイン・アウトの時間設定がなく、当日から翌日24時間利用で1泊1000円、24時間を超えると2泊扱いとなります。受付は田万川温泉で。また、残念ながら予約ができず、早い者勝ちです。

キャンプ場の受付時間は8:00~18:00。4~5人定員で1テント1泊1000円。テントは約70設置可能です。

駐車場とトイレは年中24時間使用が可能です。

②駐車スペース

道の駅には200台程度が停められます。温泉施設と駐車場は共用となっています。

RVパークには電源付きサイトが4台あるほか、無料自由駐車スペースが若干あります。これはとってもありがたいですね。

キャンプ場では大型普通車合わせて33台の駐車が可能です。サイト内への乗り入れはできません。

③トイレ

道の駅、キャンプ場内のトイレは24時間利用可能。身障者用トイレもあります。

④炊事

道の駅側の駐車場での煮炊きは禁止。RVパークエリアも原則外での煮炊きは禁止です。ただし、RVパーク利用者は隣接するキャンプ場の炊事場を利用することができます。

⑤シャワー・風呂

道の駅併設の田万川温泉が利用できます。また、徒歩圏内にある海水浴場もシーズン中の日中はシャワーが使えます。

⑥電源

RVパークには4カ所のコイン電源が設置されています。1時間100円のコイン制で、もちろん不要なら使わなくてもOK。原則として宿泊している車のためのものですが、実際には譲り合いで自由駐車しているキャンピングカーが利用している例もあるようです。

⑦ゴミの扱い

道の駅での車中泊は、持ち帰りが原則。

RVパークは指定ゴミ袋1枚500円でごみ処理ができます。キャンプ場のゴミは原則持ち帰りですが、交渉次第では同じく有料処理ができるようです。

⑧売店など

物産販売所があり、地場産の海の幸山の幸、それらの加工品がいろいろと売られています。生鮮食材もあり、バーベキューや鍋などの材料も手に入ります。また、食堂では麺類などが、販売所内でもそのまま食べられる軽食が売られています。

また、RVパークやキャンプ場が併設されてはいますが、キャンプ用品などのレンタルや販売はありません。

⑨Wi-Fi

あります。

⑩そのほか

RVパークはペット可。ただし、ルールを守ることが求められます。道の駅での車中泊では、ペットを屋内施設へ連れて入ることができません。また、キャンプ場も原則ペット連れ禁止のようです。

www.yutoripark-tamagawa.com/

まとめ

日本海側の小さな入り江のようなビーチを独り占めできるのも嬉しいし、川沿いの道を海鳥たちと一緒にサイクリングするのも、紺碧の海を見下ろせる丘までのハイキングも、どれもとても気持ちがよく、道の駅ゆとりパークたまがわの魅力を高めてくれます。

地元の豊富な食材なども、安く提供されていて良心的。もちろん、新鮮さと美味しさはおすみつきです。

道の駅周辺も、世界遺産を含む萩市内など観光地も遊び心をくすぐる魅力にあふれているにも関わらず、全体的に観光地化しすぎず、スれていないところがさらに非常に魅力的。まるで秘密のお気に入りの場所を見つけてしまったような、得した気分になれそうな道の駅です。

道の駅「ゆとりパークたまがわ」
山口県萩市大字下田万2849-1
0838-72-1150

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。

手作りキャンピングカー日本一周

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 
旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 
live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  2. 畑仕事の後、ビーチ帰り~バケツの底穴から降り注ぐシャワーに打たれ、水に感謝、自然に感謝♪…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです!今夜は”眠らない街”バンコクの夜遊び事情、ゲイバ…
  4. 2025km、61日間の思い出写真…
  5. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…
  6. 悪夢のような事件が起きて次女と旅に出て二ヶ月。17年間一番大切にしていたものを失い、その時は…
  7. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  8. デザインがアートすぎる手作りキャンピングカー
    type2完成!~旅をして、さらに改良し使いやすく、おしゃれになりました!自作キャンピングカー旅…
  9. キャンドルアーティスト ゴンちゃん!星とキャンドルが調和しました! …
  10. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…

pickup 情報

  1. 日本にもいくつもの美しい花畑があり、デートやレジャー、観光など、花畑を目的にその地域を訪れる…
  2. 遊園地に行ったら絶叫マシンに乗る人って多いですよね。絶叫アトラクションって怖いと思う人も多い…
  3. アートで原始的な共同生活イベント「バーニングマン」(Burning Man)/アメリカネバダ州・…
PAGE TOP