道の駅「吉野ヶ里」で車中泊したよ!キャンピングカーで行ける周辺観光スポット情報

吉野ヶ里遺跡の近くにある道の駅。規模は大きくなく、いわゆる娯楽施設は付属していませんが、地元の美味しい湧き水を使って作られた農産物や加工食品、さらには、パンやスイーツなどの販売と、定番の食事処が揃い、車中泊もできるという道の駅としてはきっちりと条件を満たしています。

最近増えている「観光目的地=道の駅」には当てはまりませんが、近隣の観光のベースやドライブの寄り道休憩所としては十分楽しめて美味しく過ごせそうです。

道の駅「吉野ヶ里」での飲食

道の駅内併設の食事処「味菜さざんか」は、定食や麺類など、まさしくドライブイン食といった雰囲気のものが販売されています。ボリュームはあり、価格設定もまずまず。

「バイキングとっとっと」「そば たけひろ」「炭火焼き くしや」など、どれも小さな店ですが、道の駅全体でみると軽食からしっかりご飯まで扱っているので、食事には困りません。

「新SUN」はフルーツ三昧のスイーツ店。

2018年に新規オープンした店内は眺望のよいカフェコーナーが広がって居心地もよくなりました。みずみずしいフルーツをたっぷりと使ったタルトやジュレなど、見た目にも楽しめるスイーツメニューが並びます。フルーツタルトは食べる端からフルーツが山崩れを起こすほどの盛り具合で嬉しくなります。

また、ここでは地元名産の栄西茶を使ったシュークリームも人気。甘さの中にもお茶の渋い香りが効いていて、これまた美味です。

「新SUN」は17:00、他の店も18:00に閉まってしまうので、昼食利用がメイン。夕食に利用するなら早めに。また、購入した品々や持ち寄り食をつまみに夜景を楽しむことができる外席もあるので、気候のいい季節にはビアガーデン的な楽しみ方もできます。

物産コーナーでは、地元の豊富で美味しい湧水をいかした豆腐や刺身こんにゃくが人気です。調理せずそのまま食べられるので、車中泊中には重宝します。また、焼き立てのパンも朝ごはんに是非。

・吉野ヶ里歴史公園レストラン

観光施設にありがちな見た目のレストランですが、味は保証付き。「卑弥呼御膳」「佐賀牛コロッケ定食、ステーキ丼などのほか、神埼素麺(お替り自由)など、選択肢も多くて嬉しい店です。

・どん亭

吉野ヶ里遺跡のすぐ近くにあり、昼間はランチ定食を扱い、夜にはお酒とおつまみ目当ての居酒屋になります。かつ丼セットを頼む人が多いようで、どれもそのはず600円でかつ丼とゴボウうどんがどどんとやってきます。小食な女性にはつらいかも、と思うほどのボリュームです。

このサイトを運営している家族

貯金30万円、財産すべてをザックに詰め込み、7歳と9歳の娘たちを連れて地球放浪の旅に出たのが10年前。今になっても着地できず、旅は年々刺激と学びが増すばかり。

私たちの「超刺激的な旅ブログ」を読む👇
https://yuuma7.com/blog/

大麻など覚醒植物の研究と意識世界の旅

覚醒経験(かくせい)は人生に大きな学びを与えてくれるでしょう。「意識世界の旅」に出かけてみませんか?

草・意識世界の研究・ブレンドハーブ通販はコチラ👇
https://yuuma7.com/kusa/

旅人志願者向けの求人情報!

どんな物騒な世界になろうとも、旅人の目に映る景色はいつも平和で自由、そして愛そのものです ~ ♪

求人情報はコチラ👇
https://yuuma7.com/live-free/

・みつせ鶏本舗

みつせ鶏のアンテナショップ的レストラン。小さな店ですがこぎれいな造りで、新鮮な鶏を使ったお惣菜や弁当の販売があり、屋根付きのテーブルとベンチもあるので、敷地内でピクニック感覚で食べられます。

・うなぎ お食事処 丸安

地元の人たちでにぎわっているお食事処。名物はうなぎで、蒸しの過程を経ずに焼くかば焼きが美味。旬の魚を使った定食もおすすめです。

道の駅「吉野ヶ里」での遊び

見晴らしのいい位置にあるため、買い物やスイーツを食べながら、目の保養をするくらいが、この道の駅内でできる遊びでしょう。これといったアクティビティ施設やイベントなどはありません。

道の駅「吉野ヶ里」は、あくまで車中泊する場所、もしくはドライブインとしての役割を担っていて、それ以上でもそれ以下でもないと思っていいと思います。

最近、重装備というかかなり凝ったイベントを開催していたり、温泉や遊び施設などを併設していたりという道の駅が増えているので、物足りなく感じるかもしれませんが、買い物ができて、いつでもトイレに行けて、車で泊まれるという条件はきちんと満たしています。

あとは、この道の駅をベースとして、吉野ヶ里遺跡など近隣の観光を楽しめるほか、周囲は標高は低いものの山に囲まれたエリアなので、心地よいドライブを楽しんだりしましょう。

道の駅「吉野ヶ里」に泊まる

24時間開放の駐車スペースがあり、車中泊は可能です。実際に一定数の車中泊車を常に見かける場所です。

ただし、駐車スペース全体が傾いているため、場所選びは重要です。一部ナナメ度が少ないエリアがあるので、寝心地を求めるなら早めに確保しましょう。

夜間になると道を走る車も減り一応は静かですが、夜景スポットでもあるため、若者たちやカップルの車の出入りはあります。また、季節によっては暴走を好む車も現れるので、騒音対策もあるといいかも。

道の駅「吉野ヶ里」の安全性

駐車場がナナメっているため、確保できた駐車スペースによっては寝心地が今一つですっきりしないかもしれないという点。夜間に暴走暴音系の車たちが現れることもあるという点。水汲み目当ての地元民たちがかなり早朝からやってきて賑やかであるという点。

これらから、安眠を妨害される可能性はあります。ただ、その日によって出没率が異なるので、車中泊に不向きと一概には言えませんし、安全性に問題があるほどではないでしょう。

防音対策をしておくこと、飲酒を控えて、いざとなったら車ごと移動できるようにしておくことなどをおすすめします。

手作りキャンピングカーで生活中!家族三人+犬二匹の旅暮らしブログ

ハイエースキャンピングカー写真1

家族3人+犬二匹で、日本~世界を旅しながら暮らしています。「車のおうち」は全て僕の手作りです。世界中に故郷を増やし、帰る家はこの「車のおうち」だけ♪

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

この「車のおうち」のカタログは「こちら」からどうぞ♪

道の駅「吉野ヶ里」の立地とアクセス

平坦ではありますが、全体的に少しナナメな駐車場。眠れないほどではありませんが、ちょっと気になるかも。ただ、少し不便にはなりますが、端のスペースであれば、かなりフラット。車幅間隔は十分あります。

福岡方面からも佐賀方面からも、東背振山トンネルを抜けるとすぐ。道の駅のテラスはそれほど高さがありませんが山の中腹に位置しているため、かなり遠くの背振山系の連山、雲仙普賢岳まで見渡せます。

道の駅「吉野ヶ里」の周辺観光

・吉野ヶ里遺跡

吉野ヶ里歴史公園として整備されています。弥生時代の日本最大級の集落遺跡であり、邪馬台国・卑弥呼との関連もささやかれています。

主祭殿や物見やぐら、竪穴式住居などが復元され、弥生時代の生活の様子を想像しやすい公園になっています。小さな集落ではなく国だったことは、敵の攻撃を防ぐためのさまざまな工夫や、階級ごとの住み分けなどから見えてきます。

園内が広く、巡回バスは走っていますが、歩き回るとかなり疲れます。特に暑い時期は熱中症に注意が必要でしょう。また、トイレが少なくすぐ近くにあるとは限らないので、これも早めに行動したほうがよさそう。

修学旅行生の団体のほか、子ども向けの遊具が置かれていることもあり、家族連れが多く訪れます。無料駐車場があり、レストランや休憩所もあるので、1日かけてゆっくり過ごせるのもいいですね。

・吉野ヶ里町里山ふれあい広場

こちらは遺跡とは関係なく、里山らしい体験施設です。味噌作りや竹細工などの体験コーナーのほか、周辺の野山で駆除された天然物のイノシシ肉の加工が行われていて、ここで食用肉として販売されているのを購入できます。道の駅でも販売しています。

・トム・ソーヤの森

開放的な森の中に子ども向けの遊具が点在しているほか、小川では沢がに取り、林では昆虫採集やバードウォッチングなど、自然の中でのびのびと遊べる施設です。キャンプ場も併設しているので、バーベキューや宿泊も可能。

・旧長崎街道

江戸時代に小倉から長崎までを結んでいた街道で25の宿場がありました。吉野ヶ里町内にも立手宿・目達原宿などがあり、今も当時を思わせる建物がわずかではありますが残っています。立手神社も小さいながらに立派な社殿があり、一見の価値はあります。

・東妙寺

小さな寺ですが、平安時代から鎌倉時代作の仏像があり、寺社仏閣仏像ファンなら楽しめるはず。鎌倉時代の元寇の時天皇勅願で建てられた由緒正しいお寺です。

・雲仙寺跡

栄西禅師が中国からお茶のタネを持ち帰り、日本で最初に蒔いた場所といわれています。現在は江戸時代のお堂や石塔などの遺構がばかりで無人となっています。まずは発見するのが難しいこと、そこまでの道ががけ崩れなどに頻繁にあうことから、不気味な噂が立っているようですが、きちんと道の駅などで調べてからいけば大丈夫。案内人がいればベストでしょう。

基本情報としての施設設備

①営業期間と時間

毎月第3水曜日と年末年始のみ休業、あとは通年営業です。店舗や売店部分の営業は9:00~18:00。レストランも同じで、夜が早いので注意しましょう。果実工房「新SUN」は10:00~17:00です。

物産情報館内の休憩コーナーと第一駐車場は24時間開放されています。また、さざんか千坊館前の給水所も24時間利用できるので、美味しい水をいつでも確保できます。ただ、早朝には近隣寿民が水汲みの列を作って混雑します。

②駐車スペース

駐車は24時間可能。大型8台、身障者用4台、普通車53台と小さめ。ハイシーズンには日中だけでなく夜間もたくさんの車中泊がいます。

夜になると、道の駅近くのスペースの一部は閉鎖されるようですが、それでもまだ多くの駐車場が開放されています。こちら、夜景を眺めに来るカップルや若者たちも現れるので、夜間の静けさが時々賑やかになります。

③トイレ

24時間利用可能。きれいですが、男性用も女性用も少なく7器程度。それも夜間になると半数程度しか使えなくなります。車中泊車が多い朝はちょっと混みあいます。

④炊事

できません。ただ、湧き水を汲み放題なので、水には困りません。湧き水は常時垂れ流し状態です。

⑤シャワー・風呂

道の駅内に入浴施設はありません。

車で10分ほどの場所にある「ひがしせふり温泉 山茶花の湯」という日帰り入浴施設を利用するといいでしょう。広々とした展望露天風呂があり、天然湧水かけながしの湯を景色とともに味わえます。

⑥電源

ありません。

⑦ゴミの扱い

野外にゴミ箱設置があります。それほど大きなものではないので、できるだけ持ち込みゴミは持ち帰りましょう。

⑧売店など

地産地消の物産販売には、生鮮食品、加工食品、草花など、地元生産農家や製造業者が手塩にかけた製品の数々が並びます。価格は安くも高くもない程度ですが、一般的には見慣れないものもあり、ショッピングは楽しめます。

⑨Wi-Fi

なし。近くの吉野ヶ里歴史公園はwifiのつながるところがあります。

まとめ

道の駅での楽しみの段では詳しく触れていませんが、道の駅「吉野ヶ里」は夜景がとてもきれいなので、車中泊中には周囲の安全を確認した上で、車を降りて山の向こうに見える街の灯りを眺めてみてください。人のいない時間帯を選べば、貸し切りの夜景展望を楽しめます。

また、普段はコッテリ派でも、ここのおぼろ豆腐と刺身こんにゃくは是非食べてみましょう。新しい味覚にびっくりするはず。濃厚な大豆の味とあっさりチュルンのこんにゃくは絶品です。また珍味を求めるならイノシシ肉も。車内調理だと限界はありますが、鍋にするとニオイも気にならずおいしく食べられます。

周囲の観光は吉野ヶ里遺跡に1日費やしたいところ。楽しく学べる施設になっているものの、とにかく広いので、無料のシャトルバスを有効に使って計画的に回れるように行動するといいでしょう。

道の駅「吉野ヶ里」(さざんか千坊館)
佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈1710-11
0952-55-6175

旅の様子

画像をクリックするとコンテンツが閲覧できます。
 

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. 屋外・風通し良し・ジャングルのド真ん中・石垣島のずっと北の方です。風の音・鳥の音・虫たちの音…
  3. みなさんこんにちは!Shigeです!人生一寸先は闇と言いますが、まさかいきなり命の危険を…
  4. このコンテンツは、2010年2月に名古屋国際センターで開催された講演内容を編集した文書です。コロナが…
  5. 私たちの旅写真をコラージュしてみました♪家族と、大切な旅仲間との思い出写真2012年…
  6. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を実現して、今アジア一美しい車窓…
  7. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…
  8. ※写真:当サイトスタートから14日目から15日目青森県つがる市周辺スタートか…
  9. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  10. まさかの キッチン全焼。ケガ人が出なかったから笑い事。でも今後二度と火事を起…

pickup 情報

  1. 都会に住んでいる人が田舎に行くと、夜に星がたくさん出ているのを見てテンションが上がりますよね…
  2. ランタン飛ばして幸せになろう! 「コムローイ祭り」(Khom Loi)/タイ・チェンマイほか…
  3. アートで原始的な共同生活イベント「バーニングマン」(Burning Man)/アメリカネバダ州・…
PAGE TOP