道の駅「舟屋の里 伊根」で車中泊したよ!キャンピングカーで行ける周辺観光スポット情報

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

そこは、京都とはいっても、外国人も日本人も入り乱れて大混雑が続くあの古都ではなく、日本海に面した日本の裏通りにある京都。

伊根は、荒波に刻まれた荒々しい海岸線が続く日本海に生まれた天然の良港。そこに華やかさや賑わいはありませんが、しっとりとした趣や味わいはあります。「海の京都」と呼ばれることもある伊根に海の絶景を眺められる道の駅「舟屋の里 伊根」はあります。

道の駅「舟屋の里 伊根」での飲食

日本海に面した天然の良港…それだけで「海鮮!」の文字と映像が脳内を駆け巡ります。

・レストラン舟屋

道の駅「舟屋の里 伊根」内にはその日の朝、浜から上がった旬の魚を味わえるレストラン舟屋があり、さまざまな海鮮をいろいろと味わうことができます。1500円で5種以上の新鮮海鮮がびっちりとのった舟屋海鮮丼が食べられますし、岩ガキのお刺身の定食1800円もおすすめ。肉厚のカキを安心の新鮮さでいただくことができます。さらには魚のあら煮定食も捨てがたい。また、このレストランは伊根湾に面し道の駅の建物の2階部分なので、見晴らしもばっちり。

・お食事処油屋

レストラン舟屋の休業日や何回か訪れていて違う店に挑戦!という人には「お食事処 油屋」もおすすめ。同じく舟屋の里公園内にあり、ここも行列ができる人気店です。料金設定はほぼ同じ。付け出しや汁などに工夫がこらされ、営業努力が見えるところが好感ポイントです。もちろん、文句なくおいしいです。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

・なでしこ

道の駅の第2駐車場にある食事処。刺身などの海鮮よりも、地元の打ち立て蕎麦やイカ焼き、炊き込みご飯などが食べられる店です。また、店内でも持ち帰りでも食べられるそば饅頭が絶品!

・兵四楼

舟屋群エリアにある海鮮料理店。他店と同様に海鮮丼や刺身定食などがメインですが、ここで食べたいのは蕎麦とへしこ寿司。独特の旨味臭みが寿司との相性抜群です。

・伊根の舟屋 雅

舟屋をそのまま利用した和カフェ。店内でもテラス席でも地元の幻の豆を使ったあんこ和菓子とお薄をいただくことができます。実は1日1組限定で宿泊受け入れもしていて、こちらは非常に人気なので、なかなか予約が取れないそうです。

お土産館でも海鮮がおすすめ。お刺身はもちろん、へしこなどの珍しい地元加工品がいろいろと並んでいて、購入前に試食をして選ぶことができます。どれも美味しいし珍しいしで、目移り舌移りしてしまいます。

道の駅「舟屋の里 伊根」での遊び

日本各地に舟屋は存在し、今も使われている例があります。でも、230軒もの舟屋が現役で街並みを作っているのはここだけ。舟屋集落の散策だけでも「海の京都」を楽しめます。また、潮の満ち引きによって、舟屋の雰囲気が変わるので、干満チェックをして散歩にでましょう。

・海上タクシー

舟屋の1階部分は船の収納庫になっていて、そこから海へとお直接乗り出すことができます。舟屋の2階部分は休憩室または作業場のような居室ですが、そこで生活するわけではなく、狭い道を挟んだ向かい側に自宅があります。舟屋を持っていると、自分の家の離れの裏口から船で直接お出かけできる感覚なのです。それを手軽に体験できるのが海上タクシー。船頭さん、もとい海上タクシードライバーがガイドに早変わりする遊覧船もあります。

・伊根町の観光協会の体験プランに参加

伊根町はかなり頑張っています。舟屋や船、海鮮だけではなく、いろいろなアプローチで観光客を集めて楽しませようと努力邁進中。たとえば、海鮮を食べるだけでなく自分でお刺身にしてみようという「伊根のとれたて旬の地魚刺身作り体験」では、料理人の手ほどきを受けて魚を三枚におろしていきます。漁網を浮かせつつ目印としても使われるガラス製の浮き玉「ビン玉」を、漁網と同じ素材と網の修理にも使われる編針を使って編み上げる「ビン玉の縄編み体験」も人気。直径10センチほどの瓶の周りを硬い麻紐のような素材で荒く編んでいくだけですが、出来上がりはかわいいお土産になります。

舟屋群・舟屋内部、舟屋の生活などをガイド付きで巡るツアーやサイクリングツアーもあります。伊根町内は道が狭く駐車場もあまりありません。道の駅の車を停めて、そこから先は徒歩や自転車で巡るほうが効率的なので、ツアー参加も観光の選択肢としておすすめです。

手作りキャンピングカーで生活中!家族三人+犬二匹の旅暮らしブログ

ハイエースキャンピングカー写真1

家族3人+犬二匹で、日本~世界を旅しながら暮らしています。「車のおうち」は全て僕の手作りです。世界中に故郷を増やし、帰る家はこの「車のおうち」だけ♪

旅の様子は「こちら」からお楽しみください。ブログ更新中です♪

この「車のおうち」のカタログは「こちら」からどうぞ♪

道の駅「舟屋の里 伊根」に泊まる

宿泊用の施設はありませんが、駐車場のトイレは24時間開放されているので、車中泊が可能です。駐車場はメインの建物前のものと第二駐車場の2カ所。どちらも車中泊は可能ですが、トイレ設備の充実から考えるとメインに軍配、ひたすらプライバシーや静かさを求めるなら第二駐車場でしょう。広さ的に、かなり大型のキャンピングカーでも駐車に問題はありません。ただ、街中の移動は道幅が狭いことと駐車スペースが少ないことから、キャンピングカーは不利。観光移動は足か自転車でしょう。

もう一つの選択肢が舟屋に泊まること。舟屋は1階の船倉庫と2階の居室でできています。泊まるためのスペースは2階部分ですが、決して広くはないため、ほとんどの舟屋宿は1日1組~2組しか客をとりません。シンプルなB&Bスタイルもあれば、一棟貸しの貸別荘スタイル、1泊2~3食とガイド付きの至れり尽くせりスタイルまでいろいろと選べます。どの宿もビューは海が目の前なので保証付き。食事付きの場合は、海鮮の新鮮さもお墨付きです。

道の駅「舟屋の里 伊根」の安全性

海が目の前ですが、高台にあること、湾になっていることから高浪の心配はありません。季節にもよりますが通常は風もそれほど強くありません。道の駅は裏に山を背負っていて、遊歩道や展望台がありますが、特別な整備されておらず、ただひたすら青い日本海と舟屋を眺めるためだけにあります。

この裏山の鬱蒼と茂ったところが問題で、夏場に窓を開けて寝るのは暑さ面でも虫対策面でも厳しいでしょう。冬は冬で寒さが身にしみます。エアコン完備のキャンピングカーなら問題ありません。

車中泊駐車している車は多くありません。少し寂しい感じもしますが、セキュリティ的な不安は感じられません。

道の駅「舟屋の里 伊根」の立地とアクセス

伊根湾に面した小高い丘にあります。舟屋の里公園全体を見ると山の斜面を使っていますが、道の駅の駐車スペースは平坦なので、車中泊に影響はありません。

また、繰り返しになりますが、近辺は道幅が狭く駐車スペースも少ないので、大型キャンピングカーでの観光は避けるのが無難。道の駅に駐車して、徒歩や自転車などで移動しましょう。

アクセスは、京都縦貫自動車道宮津天橋立インターチェンジから1時間弱。国道178号と京都府道622号線を経由します。公共の交通手段での到達は非常に厳しいです。

道の駅「舟屋の里 伊根」の周辺観光

伊根湾と舟屋の観光以外にも、楽しい体験スポット、美しい景観スポットなどがあります。

・布引の滝

浦島太郎が釣りをした場所。裏にある雲龍山の谷間から高さ100mを細い白布のように流れ落ちる滝ですが、雨が降った後など上流の水量が増えないと視認できません。そのため、幻の滝としても有名。

・新井の棚田

海岸線ギリギリまで棚田が続きます。棚田と日本海のセットパノラマは雄大過ぎます。昭和半ばまで、この棚田はもっと広範囲に広がっていたそうですが、今は残った一部の棚田を有志がなんとか守っている状態。今でも十分雄大なこの景色が、古き良き時代にはどう見えていたのか、想像しながら見てみましょう。

・浦嶋神社(宇良神社)

日本各地に残る浦島太郎伝説の一つ。ここ浦嶋神社はその中でも起源が古いといわれ、伝説の玉手箱や絵巻などが今も受け継がれて大切に保管されています。これらは資料館で見ることができ、幸運なら宮司さんが質問を受け付けてくれたり、簡単な説明も受けられます。資料館は原則要予約です。神社は9世紀創建といわれ、もとは海だった場所が隆起し、その岩の上に北極星に向かって建てられたそうです。商売っけもなければ、人の気配も非常に少ない神社です。御朱印は運が良ければ、書き置きを購入できるかも。

・水の江里浦嶋公園

浦嶋神社の隣に作られた公園で、ドーナツ型をしています。玉手箱をイメージした浦嶋館があり、浦島太郎や乙姫のモニュメントも置かれています。比較的新しい施設なのですが、あまり流行っていないようで、浦嶋館は食事もできるのですが、開店休業もしくは本当に休業していることも多い様子。公園には無料駐車場もあり、見晴らしもいいので、立ち寄りスポットとしてチェックしておきましょう。

・新井崎神社

中国の万里の長城を整備し現在に近い形に構築した人物として知られる秦の始皇帝。始皇帝が一生をかけて求め続けたのが「不老不死の薬」。それを探しに旅にでたのが徐福です。徐福は日本にもやってきていたといわれ、たどり着いたのが伊根町の新井崎だったそうです。この地に中国の進んだ文化、医療・薬・天文・農工業などを伝えたため、土地の人たちから篤く慕われ、死後に産土神として新井崎神社に祀られたとされます。かなりの崖沿いにあります。徐福が上陸したとされる場所もあり、不思議な伝説話に現実味を感じてしまいます。

・奥伊根温泉 「油屋本館」「油屋別館 和亭」

ツルツルしっとりの温泉が自慢の宿泊施設。食事予約をすることで日帰り利用できるプランがあります。浴室からは日本海を見渡せて、なんだか偉くなった気分。

・かまや海岸

かまや海岸もすごいけれど、まずはそこまでの道がすごい。これほど絶壁沿いの道を延々と走るのはほかではあまり経験できません。

かまや海岸は約3kmにわたって続くリアス式海岸で、まさに断崖絶壁の連続。道はその崖と海に挟まれたごくごく狭い空間を通っています。あまりの景色に見とれていると運転がおろそかになりそうです。途中、駐車スペース付きの展望スぺースがあるので、そこでじっくりゆっくりと眺めましょう。

基本情報としての施設設備

①営業期間と時間

年末年始を除く通年営業で、原則火曜が休館です。レストラン舟屋も火曜休みなので、食事目当ての場合は日程に注意しましょう。お食事処 油屋は水曜休業、ラウンジ舟屋は金曜休業です。ただ、定休日が祝日と被る場合には営業しています。

営業時間は9:00~17:00。レストランのラストオーダーは16:00と早いのが玉に瑕。

②駐車スペース

大型車用・身障者用を含めて140台分が確保されています。第一と第二があり、第二は少し離れた坂の上にありますが、その分静かでゆったりと過ごせます。

③トイレ

24時間利用可能。身障者用も含めて十分な数の設置があります。

④炊事

アスファルト張りの駐車場での煮炊きは禁止されています。キャンピングカー内での調理以外はできないと思っておきましょう。車中泊中に使用できる水道はトイレ内のみとなります。

⑤シャワー・風呂

道の駅内にシャワーや風呂はありません。少し離れた場所にある伊根温泉を利用するといいでしょう。ただ、原則として宿泊客か食事予約者専用であること、至る道が狭くてドキドキなことから、明るく時間に余裕のあるランチタイムなどの利用がおすすめです。

⑥電源

ありません。

⑦ゴミの扱い

ゴミ箱はありますが、持ち込んだゴミはできるだけ持ち帰りましょう。

⑧売店など

ふるさと味わいコーナーで、軽食の販売があります。また、ちょっと手を加えるだけで食べられる海の加工品も売られているので、おつまみやおやつには困らないでしょう。

日中はゆっくりと無料でくつろげるスペースもあります。

⑨Wi-Fi

公衆フリーWi-Fiサービスがあります。1回15分間までで1日4回と制限があるため、最低限のネット接続のみが可能だと考えておきましょう。

⑩そのほか

冬場は降雪があり、道や駐車場や車が凍結のおそれもあります。ただ、雪化粧した舟屋はとても幻想的です。

まとめ

ドラマの撮影で何度か使われたことから名が知れ、ロケ地巡りとして訪れる人も増えました。それでも、新興観光地で見られるような方向違いの頑張りはなく、やたらと観光地化するのではなく、舟屋という文化財を大切にして観光資源としていかしているモデル地域です。

地域としては小さなエリアなので仕方がありませんが、宿が少なく価格設定が高い中、特別な設備がないものの、24時間対応トイレ付の車中泊ができる道の駅施設はありがたいですね。また、比較的新しい施設であること、町の観光課と街の有力観光関連会社が経営していることから、舟屋風の建物内も駐車場や展望台も、いつもきれいに保たれているところも好感が持てます。

美味しい食事と素晴らしい景色、そして海の京都という観光資源、力とやる気のあるバックアップ。これだけ揃っていれば、近いうちにRVパークとしてキャンピングカー用電源のある宿泊エリアも併設されるかも…と期待をしています。

道の駅「舟屋の里 伊根」
京都府与謝郡伊根町字亀島459
0772-32-0680

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. 私たちの「動くおうちは」とても目立つらしく、毎日必ず数人には声をかけられます。出会いがなけれ…
  2. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  3. 日本国最西端 国境の島 与那国WEB合宿という事で、今回は、ただ海を眺めているだけではなく、…
  4. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  5. みなさんこんにちは。Shigeです。旅をしていると色々な所にいきますが、そこで切り離…
  6. キャンドルアーティスト ゴンちゃんと live free の共演!星とキャンドルが調…
  7. みなさんこんにちは!Shigeです!国々を巡り、多くの人々に出会い、多くの困難に出遭…
  8. ※写真:当サイトスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京都駅スタート…
  9. 簡単にクリアできない事、思い通りに行かない事も楽しい ♪live free (村のほ…
  10. 霧島に導かれた僕らは、この地の神秘に魅せられ、あれこれと学んでいるうちに、ひと月も過ぎてしまった。そ…

pickup 情報

  1. 日本を代表するアートの一つとして、誰もがそのうち行ってみたい、見てみたい、体験したいとそれとなく、い…
  2. はじめにヒッピーについて書かれた本はあります。映画、小説、演劇などの題材となったこともありま…
  3. はじめにバックパッカーの中には、「緑・黄色・赤」の3色を組み合わせた衣類や小物を好んで取り入…
PAGE TOP