闇夜に輝く熱気球~台湾で素敵な夜を!熱気球フェスティバルに参加

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

377A0135-2

台湾の夏といえば、皆さんは何を思い浮かべるだろうか。

台北でカキ氷を頬張るのも良し、または北回帰線より南に下ってうだる様な暑さを楽しむのも良し、もしかしたらスコールに悩まされるかもしれない…。夏の台湾は、いかにも南国といった雰囲気を楽しませてくれるだろう。

そんな夏の台湾の新たな風物詩として近年話題となっているのが、台湾東南部の台東(タイトン)で開催される「台湾国際熱気球フェスティバル」(台灣國際熱氣球嘉年華)だ。

闇夜に輝く熱気球に酔いしれる

この熱気球フェスティバル、2011年から毎年夏に設定され、2015年は6/27~8/9の日程で開催された。開催地の台東は、台北(タイペイ)からだと特急電車で3時間半ほど。台北や高雄(カオション)と比べると規模こそ小さいが、歴史に満ちた魅力的な都市だ。

このイベントでは、台湾の国内外から数多くの熱気球が集まり、その美麗を披露し合う。また、有料だが熱気球のバルーンの中に入ってみたり、熱気球に乗り込んで空を飛べる企画もあるので、こちらも是非お試しいただきたい。

しかし、なんといってもこの期間の目玉は、週末を中心に開催される「NIGHT GLOWS」というイベントだ。

2015年は期間中に計7日が設定されたこのイベント。それぞれの日で、日の出や日没に合わせて熱気球を照らし上げ、多くの観光客を魅了した。

筆者は2015年7月18日に開催されたイベントを見学してきたので、その時の様子をご報告させていただく。

377A0104

台東の街中の遊歩道には、熱気球を模した灯りが飾り付けられていた。中にはロウソクが仕込まれており、夕暮れの街を優しく彩っていた。

今回の会場である台東県体育場は、台東の市街のほぼ中心に位置する。鉄道を使ってアクセスする場合、台東駅は街のはずれに位置しているので注意したい。台東駅から市街中心部までは、タクシーなら15分ほどである。

イベントは18時30分開演なので、20分前くらいに会場入りした。既にベストスポットは先客に押さえられてしまっていたが、それでも十二分にスペースはある。私も写真が撮りやすそうな位置で腰を下ろした。嬉しいことに、熱気球の見学は全て無料だ。

377A0110

萎んでいた熱気球への送風が始まった。巨大なバーナーで熱風を吹き込んでいく姿は、遠くから見てもなかなか迫力がある。

377A0119-2

やがて日が傾き、辺りが完全に暗くなると、司会のお姉さんの「5、4、3、2、1!」のカウントダウンで熱気球に一斉に点火!

バーナーの火加減を器用に調節することで、音楽に合わせて熱気球が点滅する。音と光が一体となった幻想的な光景は、訪れた人々みなを魅了していた。動画でお見せできないのが残念なほどだ。

377A0135-2

熱気球自体は地面に繋がれているので、空に飛んでいくことはない。空に浮かんでいると流石の熱気球もどうも小さく見えるが、地上から仰ぐように見上げると、改めてその巨大さに圧倒される。そして夜空に煌々と輝くその姿に、炎とはこれほどにも明るく眩しいものだったのかと感動した。

377A0153-2

音楽に合わせて熱気球が点滅するので、すべての熱気球が点灯している写真を撮るのはなかなか難しいが、写真を撮るのが好きな方には是非挑戦してみていただきたい。

377A0165-2

帰り道、公園や遊歩道の熱気球飾りも一層明るく輝いていた。熱気球を見終えた家族連れやカップルが、ロウソクの優しい光に包まれて思い思いの時間を過ごしていた。もちろん(筆者のようなに)一人で見学に来ている人も多いので、一人旅の方も御心配なく…。

もはや台東の夏には欠かせない存在となった熱気球、今年はどんな鮮やかな表情を見せてくれるのだろうか。

社会を捨て私たちと共に「旅人」になりませんか?

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人、旅人になりたい人を募集しています。

おすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

旅人の隠れ家

村人ブログ

求人

創造アート&日常&研究

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

ここ最近の旅とか遊び

  1. 写真:papaインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎインド旅の最終目的地…
  2. ニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエリア。ブロードウェイジャンクショ…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  4. 旅がないと何も始まらない、旅がないと何も進まない旅を止めている時は、何も成長しない、時が止ま…
  5. お世話になった町の人たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大きな声で”ありがとう…
  6. 「サハラ砂漠の星空企画」の前夜祭!那覇でちょっと遊んでから飛ぼうって事になり、アイススケート…
  7. 昨日の事が一年昔の事みたい。毎日、毎時、毎分、毎秒、俺の周りで、俺の心の中で、俺や、誰か…
  8. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  9. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  10. まさかの関空水没からの、色々な問題を乗り越え、ようやく、タイ・パトンビーチで全員集合できました!…

pickup 情報

  1. バックパッカーの旅では飛行機は必要不可欠ですよね。そんな飛行機移動をしていると、時々着陸する…
  2. フリーダム&エクスタシーパワーが充満する世界最強フェス「グラストンベリー・フェスティバル」(Glas…
  3. 南米には今人気急上昇中のウユニ塩湖や日本人の一番行きたい世界遺産のマチュピチュといった超人気…
PAGE TOP