風の吹くままに~今を生きる

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

こんにちは。ひでです。

風の吹くままに

風が吹いた方へ身を任せるように、その時々で方向や方針を変えるなど気楽でいるさまを意味する語。「気の向くまま」と類似した表現である。
~WEBLIO辞書~

いい響きですね。
僕もバックパッカーとして海外を放浪している時なんてまさに「風の吹くままに」を体験しました。その時間がとても大切で、心地よくて。

でも、ちょっと想像つかないですよね。

自由にずっと「風の吹くまま」「気の向くまま」に生きている自分の姿を。

確かに、人生そのものが旅だと言っていろんなところを巡っている人はいます。
旅人でなくても、お金をもって自由を謳歌しようと好きな物を買い、行きたい場所に旅行をしている人もいます。

ただ、どちらのタイプの人も僕は知っていますが、どちらも本当の「自由」ではなく、僕の思う「風の吹くままに」とは違うんですよね。

精神的な自由、経済的な自由、時間的な自由

自由と一言で言ってもいろんな形がありますが「これら全てを自分でコントロール出来る自由」を手に入れてこそ、「風の吹くままに生きられる」のだと思います。

例えば、自分の住む場所や環境をいつでも変えることが出来て、そのために必要なお金をすぐに稼ぎだすことが出来る。
人間関係は好きな人間としか付き合わないし、それもすべてその時々の気分で気楽にサクッと決めてしまう。

まぁ、、ここのWEBの経営者でもあり石垣島ライブフリーのオーナーでもある僕の友達の話なんですけどね。
そう、僕が石垣島に来て最初にできた友人である彼は「まさしく風の吹くままに生きている自由人」だったんです。

30歳までに自分の叶えたい夢は全部叶えたと話す彼の口癖は

「今」が楽しいか、楽しくないか。

林先生のように「今やるの?やらないの?」も大切だけど、
彼は「今どう感じているか?」を常に大切にしています。

それは決して今がよけりゃそれでいい、という発想ではなく、
心の状態が悪ければ人生を創造するパフォーマンスが低下してしまう事を言っているのだと僕は解釈しています。

実業家としてがむしゃらに努力を重ね続けて辿り着いた1つの真理が

「今が楽しいかが全て」になったという事です。

「1年先の事なんて知らないよ。明日すら何処にいて何やってるかわからないからね。」

彼はそう言ったけど、おそらく何にも変わらないと思うよ。

ただ、今と同じように旅をしていると思うけどね。

求人情報

月収38万円~保障。学歴・性別・年齢・経験 問いません。旅が好きな人を募集しています。

おすすめおすすめ

旅の様子

子連れバックパッカーで世界一周

子連れ自転車日本一周

手作りキャンピングカー日本一周

世界の人々の写真

旅が仕事YUUMA

石垣島での活動

石垣島では数々の音楽&アートイベントを主催してきました。ノマド発信の拠点となります。
 

旅人の隠れ家

村人ブログ

アート&研究

私たちノマドが見えている世界観をアートや研究によって創造し発信しています。
 

live free art (芸術)

神崎竜馬

意識世界の研究

旅人の歌

ヴィーガンの村

アミ小さな宇宙人

バンライフインスタ

ここ最近の旅とか遊び

  1. ビジネス参加者7人で、ちょっと長めの旅に出ます。旅を仕事に・好きを仕事に「こちらのビジネス」…
  2. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  3. 車上生活のバッテリー問題と、今の地球のエネルギー問題と、ここ「南九州の素晴らしすぎる発電方法」につい…
  4. ※文章&動画制作:シゲくん「じゃぁ、どうする?」このクリエイティブな合言葉はいつでも…
  5. みなさん…こんにちは…。Shigeで…す。今回僕たちは、本日限定で開催されるロック・…
  6. 長く旅を続けていると「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常が旅そ…
  7. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  8. 世界三大遺跡といわれる、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥール、そしてミャンマー…
  9. こんにちわリョウです(^^♪さぁ皆さんお待ちかね!!タイに引き続きミャンマーの風俗事情も調査…
  10. 日本のバスは安全だ。あんなに左右確認、安全確認、安全停止をするバスは世界中どこを探したって見つか…

pickup 情報

  1. 世界に190を超える国があっても、外国人が訪れるのが難しい場所もあれば、人気がない場所もあり…
  2. アフリカ大陸と言っても、モロッコやチュニジア、エジプトといった地中海に面したアラブ世界の北ア…
  3. 全身で楽しんで美肌になれる泥祭り「ポリョン・マッド・フェスティバル」(Boryeong Mud …
PAGE TOP